2022年10月05日

「 朝の散歩 2022_1005 」






一生 灯し続ける

たとえ それが小さな灯りとなっても

覚悟したこの仕事への 情熱の火は

決して 消さない

人生の修行は そんなに甘くはないさ





sa_22_1005.jpg
ー金沢市 東山3丁目(AM.6:57)曇りー

posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年10月04日

「 朝の散歩 2022_1004 」






希望の光は 細くて遠い

それでも人は 可能性を求めて歩き続ける

しかし 平等に降り注ぐはずの光は

無理やり捻じ曲げられ

腹黒い輩に 向けられる

この国の闇の歴史は まだ繰り返されるのか

救世主は いつ現れる






sa_22_1004.jpg
ー金沢市 香林坊(AM.6:57)曇りー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年10月03日

「 出来ていないこと 」






自分で限界を作りたくない。




歳を重ねるにつれ、感動することは減って行きます。

なぜかと言うと、経験を重ねるうちに大抵のことは想像がつくようになって行くし、そのカラクリや裏側を見るようになってしまうからだと思います。
純な心で物事を見れなくなってしまう。

ものを作る人間にとって、これは最大のマイナス要因だと思うのです。

子供の頃の様に心を開放して無邪気に感動する。
そんなことが最近とても難しく感じます。

感動はものづくりの最高の材料であり、原動力。
でも、最近これが足りていない。
だから作品を制作しようと言う気持ちも上がってこない。

コロナ禍になってからは、人混みを避ける様になって、だから美術館への足も遠のいてしまっています。
一流の作品を見て感動する。
最近出来ていないことの一つです。


22_10_a.jpg

pos_cm.jpg
https://jiashop.thebase.in/items/60004419
https://jiashop.thebase.in/items/60002186
https://jiashop.thebase.in/items/60004456
https://jiashop.thebase.in/items/60004441

syuppan_cm02b.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年09月30日

「 朝の散歩 2022 _0930 」







閉ざされた 心のシャッター

外から叩かれても

呼びかけられても

それが 開くことはない

開けるための 鍵は

ある日突然 目の前に現れる






sa_22_0930.jpg
ー金沢市 柿木畠(AM.7:02)晴れー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年09月28日

「 朝の散歩 2022_0928 」






老舗の秘訣

続けること

何がなんでも 続けること

難しいけど 続けること

普通の店も 100年経てば 

名店になる





sa_22_0928.jpg
ー金沢市 自由軒/東山1丁目(AM.6:57)曇りー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年09月27日

「 朝の散歩 2022_0927 」







虫の声と共に 秋はやってくる

厳しい夏に耐えた 歓喜なのか

短い命への 鼓舞なのか

子孫を残すための 勇気なのか

虫達は大声で歌い 存在を誇示する

秋の夜会は 命の大合唱で始まり

夜明けの静寂と共に 静まる








sa_22_0927.jpg
ー金沢市 浅野川(AM.6:52)曇りー

posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年09月26日

「 与えられた器の分だけ 」




何らかの「実」は実る



ウチの小さな裏庭には実の成る木が2本あります。
何代上の先祖が植えたのかはわかりません。

一つは白樫の木で、屋根の高さまで達するほど育っていて、ドングリが実をつけます。
もう一つは、クルミの木でこれは何年も前に枯れて切り倒したのですが、その横の地面に芽が出て成長し、今では実をつけます。

実をつけると言うのは、縁起がいいのでしょうか?
多分そう考えて植えたのだと思います。

人生を生き抜いて、人は何かしら得るものだと思います。
これが、実をつけるということに繋がると思うのですが、大きな実を付けるのか、小さな実で終わるかは生きて見ないと分からない。
しかも何をもって大きいのかもよく分からない。

でも、この木達は恐らく何代もの市村家を見て来たはずなのです。
今の自分は、その何代も上の人達と比べてどれだけの実を付けられているんだろうか?
そして、我が子はどれだけの実を付けることができるのだろうか?

ついついそんな事を考えてしまうのですが、比べる必要はないのです。
与えられた自分の器に入るだけの精一杯の実を実らせればいい。

比べることは、白樫の木に任せましょう。


ataerareta.jpg

pos_cm.jpg
https://jiashop.thebase.in/items/60004419
https://jiashop.thebase.in/items/60002186
https://jiashop.thebase.in/items/60004456
https://jiashop.thebase.in/items/60004441

syuppan_cm02b.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年09月21日

「 朝の散歩 2022_0921 」







人の想いが 交差する

それで街はできている

街の想いが 交差する

それで国はできている

国の想いが 交差する

それで世界はできている





sa_22_0921.jpg
ー金沢市 せせらぎ通り(AM.7:02)曇りー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年09月20日

「 散歩は中止 2022_0920 」





風の音に 怯え

眠れぬ夜に 悪夢の中を彷徨う

何事もなかったように

朝はやって来た

傷を負った街を 憂い

唯々 感謝






sa_22_0920.jpg
ー金沢市 自宅裏(AM.6:49)雨 台風のあとー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年09月16日

「 朝の散歩 2022_0916 」





ー 空 ー

天使は 空を切り取った

パッチワークをするように

切り取った空を並べて 遊ぶ

色々な青を並べていると

奥から黒い空が 現れた

これはどこの空?

しばらく眺めていると 

人々の涙や悲しみが 浮き出てきた

それは 戦火に怯える国の空だった

天使は 黒い雲の空のピースを取り出し

青く輝く空に入れ替えた

虹色のクレヨンで 落書きをして




sa_22_0916.jpg
ー金沢市 高岡町/金沢市文化ホール(AM.7:02)晴れー 
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記