2019年05月24日

「 朝の散歩 2019_0524 」







はみだし者は 叩かれ

出る杭は 打たれる

はみ出す 勇気

突き出る 力は あるか

生まれたときは 皆 雑草







sa_19_0524.jpg
ー金沢市  田井町(AM.7:39)ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年05月22日

「 朝の散歩 2019_0522 」






作られた「綺麗」だけじゃ 飽きる

人がいて 暮らしがあって 歴史がある

感情に寄り添ってくれる 自然がある

そんな街に 人は集まる





sa_19_0522.jpg
ー金沢市 香林坊(AM.7:18)ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年05月21日

「 朝の散歩 2019_0521 」






花ひらくときを 待つ

お日様が 導いてくれるその時まで

冷たい雨は めぐみとなり

辛い 風は 力になる






sa_19_0521.jpg
ー金沢市 東山1丁目(AM.7:12)ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年05月20日

「 WINEと太陽と食事と 」






青空の下、食事は美味い。





昨日は、地元の中心部にある四高記念公園で行なわれた、wineフェスタに行って来ました。
普段は超リーズナブルなワインしか飲んでいない身分。
眩しい日差しの中、屋外で頂くそれは、とても美味しいのです。

上を見ればキリがないワインの世界ですが、ボトルで7,000円程の物でも、自分達にとっては高級ワイン。
それをグラス一杯700円。値段も種類もいろいろですが、どれを飲んでも美味かった。
フードコーナーでも魅力あるメニューがいっぱい。でも人もいっぱい。
慣れてる方々は、椅子や敷物持参で芝生の上でピクニック気分。
来年からはこれも良いなぁ。

明るい日差しと、少しのお酒、美味しい食事があれば、大抵のことは「まぁいいか・・・。」になるのです。

仕事の次男と留守番のJOYには申し訳ないけど、
カミさんと娘と3人で、とっても良い時間を過ごすことができました。


wine_to.jpg

syuppan_cm02b.jpg

good_s_cm.jpg
https://www.artandselection.net/junichi-ichimura
tshuts_cm.jpg
https://www.ttrinity.jp/shop/j_ichi_shop/
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年05月17日

「 朝の散歩 2019_0517 」





明るい朝

道ゆく人の足は 軽く

弾む様に 見える

一週間分の 憂鬱やダルさを 捨てる

一週間分の 笑顔を 包む

金曜日の朝




sa_19_0517.jpg
ー金沢市 本町(AM.7:27)ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年05月15日

「 朝の散歩 2019_0515 」







歩きたくない

そう 思う

最初の一歩を 踏み出す

次の一歩が それを追い越す

次第にそれは 流れ始め

いつの間にか リズムに乗る

いつの間にか 坂を登る

最初の一歩が出れば

あとは 何とかなる





sa_19_0515.jpg
ー金沢市 扇町/馬坂(AM.7:11)ー





posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年05月14日

「 朝の散歩 2019_0514 」







未来に 自分を残す

ほとんどの人は できないこと

だから 今を大切に

いや

今を大切にした 人が

未来に名を 残す





sa_19_0514.jpg
ー金沢市 丸の内/商工会議所 内(AM.7:10)ー
*朝のこの時間でも中に入れました。
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年05月13日

「 既製品の枠にハメたくないもの 」




これでいいんだろうか?



JOYと毎日浅野川を散歩します。
そこで毎日のように見かけるのが、結婚式を控えた2人がその衣装を着て、式場のスタッフと遊歩道や梅の橋で前撮り撮影をしている姿。

本当に、雨の日以外は必ずと言っていいほどその風景に出くわします。
式を控えた2人にとっては幸せいっぱいでしょうし、その空気もこちらに伝わって来ます。
でもね、毎日の様に同じシュチュエーションで撮影されているってことは、既製品を大量に作ってるってことです。観光地にある顔だけはめて撮る記念写真に似た物を感じます。

一生で一度であろうそのイベントが、ベルトコンベヤーに乗った既製品のように作られている事に何か違和感を覚えます。

以前にもそんな結婚式に出席した事はあるのですが、式を挙げる2人のためと言うよりも、何だかそのイベント会社の為に、二人とその親族が枠にはめられた式を挙げさせられている様にも感じました。

忙しい中、自分達だけでそれを考えるのは難しいでしょうが、質素でシンプルでも良いから、自分達に合った式を挙げたらどうなんだろう?と感じてしまいます。

もし、自分の子供達が結婚する縁に恵まれたら、是非そうして欲しいと思うのです。


kisai_kara.jpg

syuppan_cm02b.jpg

good_s_cm.jpg
https://www.artandselection.net/junichi-ichimura
tshuts_cm.jpg
https://www.ttrinity.jp/shop/j_ichi_shop/
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年05月10日

「 朝の散歩 2019_0510 」






物語が浮かぶ町は いい

何でもない 普通の暮らし

何でもない 普通の人々

その歴史が 頭に浮かぶ

そんな 町




sa_19_0510.jpg
ー金沢市 東山1丁目(AM.7:01)ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年05月08日

「 朝の散歩 2019_0508 」







関門から 逃げる

そこには また関門が現れる

逃げてるだけじゃあ 景色は変わらない

その先の 見たことのない 景色

そんな景色を いくつ見逃して来ただろう





sa_19_0508.jpg
ー金沢市 金沢城公園/橋爪門(AM.7:14)ー

posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記