2020年12月02日

「 朝の散歩 2020_1202 」







人生は 永遠に続く枝分かれ

どちらを選ぶ

右? 左?

右を行けば 左に悔いを残し

左を行けば 右に悔いを残す

見てもいない道を 想像し

不安を 感じるよりも

今見ている道の先に 希望を持ちたい





sa_20_1202.jpg
ー金沢市 常盤町(AM.7:09)晴れー

posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年12月01日

「 朝の散歩 2020_1201 」






空の神様 

青のキャンバスにうっかり 赤の絵の具を落とした

赤い点は みるみるその範囲を広げ

まるで生き物のように 青を侵食し始める

なんて 美しいんだろう

神様は しばらく その姿に見惚れていた

夜明けが遅いのは そのせいだろうか



4C0684EA-C820-45CB-B0AD-C44AFD397777.jpeg
ー金沢市 主計町(AM.7:05)小雨ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年11月30日

「 写真は正直 」





「老けて行く自分に興味がある」なんて思わない。




現在自分のホームページに載せている顔写真はいつ撮ったものだろう?
そう思ってデータの日付を見ると、もう13年も前の写真なんですね。
この月日の流れの速さに驚くのです。

明日から始まるグループ展のプロフィール用に久々に自撮りをしたのですが、とっても違和感があるのです。
普段鏡で見ている自分の顔と写真で見た自分の顔、左右反対になるとは言うものの、どこの爺さんが写っているんだ?と思ってしまいます。

人の目は自分にとって見たいものと、見たくないものを無意識のうちに判断しています。
見たくないものは視界の中にあっても消えてしまうのです。
だから写真の方が正直に表現されているのでしょうね。

精神的にはいつまでも若いつもりでいるのですが、他人から見ればただの爺さんなのかもしれません。

しかし、この一年で急に老けたように感じます。仕事の忙しさに加えて個展へのプレッシャー、精神的に安らぐ時間が少なかった一年だった。

いや、一年だったと過去形にはまだできないのです。
個展用の作品はまだまだ描かなくてはいけないし、案内用のDMも作らなくてはいけないのですが、少しは収まったものの仕事も余裕を持ってはできない状態。
益々老化は進みそうです。



shyasin_shyo.jpg

syuppan_cm02b.jpg

good_s_cm.jpg
https://www.artandselection.net/junichi-ichimura
tshuts_cm.jpg
https://www.ttrinity.jp/shop/j_ichi_shop/


posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年11月27日

「 朝の散歩 2020_1127 」








未来は一瞬にして 現在になり

今は一瞬にして 過去になる

古いも新しいもない

全ては 繋がっている






1C3B19F6-283F-41FF-97BE-F865DF55B64E.jpeg
ー金沢市 石川四校記念公園(AM.7:18)晴れー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年11月25日

「 朝の散歩 2020_1125 」








朝の空を 眺める

奇跡の星は ここに宿る全ての命に

愛を与えていると 感じる

神様が描く 奇跡のアートは

今日への希望を 描く







686DB24E-D9D5-49B2-9E47-6DBE5020047B.jpeg
ー金沢市 東山1丁目/浅野川(AM.6:54)晴れー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年11月24日

「 朝の散歩 2020_1124 」







休み明けの街は 寝ぼけ眼

やっと動き始めた街を 出迎えるのは

心地よい冷たさと 澄んだ空気

さあ また歩き始めよう

朝日がパワーを くれる





7A662522-30B8-47E3-B10D-A41BE3124DAB.jpeg
ー金沢市 高岡町/松ケ枝緑地(AM.7:00)晴れー



posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年11月23日

「 祝日なのに… 」





曜日には左右されてしまう。




子供の頃、いや大人になって働く様になってからも、日曜日の夜や月曜の朝は憂鬱で不安を感じていたものです。
「明日は学校」「明日はまた仕事」そんな思いが不安な感情を生み出していたのだと思います。

今日は「勤労感謝の日」休日なのに何かゆったりした気分にはなれない。
これも月曜日だからなのかも知れない。

自由業だから本来曜日は関係ないのですが、何故かこれに影響されてしまいます。
それに加えて、個展への作業があるし、仕事もある。
世間はgo toなどと騒いでいても、どこも行けないし外食なんて物もする気にもなれない。
まあ、コロナ対策としてはこれ以上ない状況なのかも知れません。

今年もあと38日。
毎年感じるのですが、アット言う間の一年です。

あっ!そうそう。
個展の前にグループ展への出展があります。
12月1日(火)〜7日(月)まで、東山の「シャマロン」と言うギャラりーカフェで「5人展」をやります。
ここへの展示は、以前からこのブログで書き溜めたイラストを4点展示するつもりです。

コロナの感染が増えて来たこの時期なのにとても恐縮ではありますが、お時間がありましたらマスクなど自衛をした上で是非ご来場下さい。
ランチの時間帯は混み合うらしいので、午後2時以降がよろしい様です。
ご来場頂いた方には恐縮ではありますが、何か一点のフードかドリンクをご注文いただくことになりますので、よろしくお願いします。

自分自身としては、毎日は顔を出せませんが、木曜日に在廊するつもりでいます。時間があれば土日もかな?

浅野川の「灯ろう飾り」の準備もあるし、本当に「何て一年だ!」

来年の個展が終わったら精一杯遊んでやる。


shyama_01.JPG


posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年11月20日

「 朝の散歩 2020_1120 」







銭湯は 人と人とを繋げる場所だった

子供達の 遊び場だった

そう言えば 子供の頃

プラモデルの潜水艦を持ち込んで 

大きな湯船で遊んだっけ

滅多に行くこともなくなった この場所

散歩の途中で聞こえる 桶の音

換気扇から漏れる 石鹸の香り

それらが 昔の記憶を蘇らせる







2708593D-2BC5-45A8-8F8A-0BAA260311CA.jpeg
ー金沢市 東山2丁目(AM.7:14)曇りー

posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年11月18日

「 朝の散歩 2020_1118 」






パンを焼く香りが 町中に漂う

ベッドの中の 空な眼も

早起きの お母さんも

お腹の虫が 騒ぎ出す

パン屋さんの香りと 鶏の「コケコッコ〜」

素敵な朝の ハーモニー







EB2FEB2F-9C56-4101-A7F7-6087E55EECAE.jpeg
ー金沢市 長町1丁目(AM.7:09)晴れー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年11月17日

「 朝の散歩 2020_1117 」







神様は 見てるぞ

願うだけでは 聞き入れてもらえない

精一杯の努力をしろ

どうしようもなくなった そのとき

何かが 降りて来る

上手くいかないことを

楽しめ






0CF493E5-9092-473F-B38B-8D1021FCF52E.jpeg
ー金沢市 尾山神社(AM.7:15)晴れー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記