2020年05月27日

「 朝の散歩 2020_0527 」







眩し過ぎる光は 影をより暗くする

華やかさの 影に 味けななさが 残り

力強さの 影に ひ弱さが 残る

より強い光を 求めれば 求めるほど

人の愚かさが 浮き出して来る





sa_20_0527.jpg 
ー金沢市 主計町(AM.7:00)晴れー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年05月26日

「 朝の散歩 2020_0526 」





子供の頃

手のひらで作った 双眼鏡には

自分だけの世界が あった

現実世界を 切り取り

自分だけが そこに佇んでいる様に思えた

そこは 周りの音も 色さえも無くなる 不思議な世界

いつでもそこに 逃げ込める世界





sa_20_0526.jpg
ー金沢市 中川除町/犀川(AM.7:21)曇りー

posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年05月25日

「 唯々/なついろ吟醸 」







信頼されると、どんな仕事も楽しくなる。






英会話をオンラインで習い始めて、もう1年以上が経ちますが、相変わらずうまくはなれません。
やはり歳をとってからの語学は厳しいです。

そんな中、先日「Day job」って言葉を習いました。

直訳すると、「日中の仕事」となるのですが実はそうではなく、我々が良く使う「食う為の仕事」って意味なんです。

その解説にも、「ミュージシャンやアーティストが生活の為にそれを持っている」とありました。
自分のこととして考えると、若い頃はイラストレーターって仕事は、自分が希望してなった仕事ですから、決して「Day job」ではなかったのですが、現在はアートをする為の「Day job」になっています。

その解説の中にもありましたが、「楽しんでいるとは限らない、生活する為の仕事」ともありました。
イラストやデザインの仕事は、その「楽しい仕事」もあれば、「嫌な仕事」もあります。

今日ご紹介するのは、「楽しい」方の仕事なんですが、毎年季節毎にお酒の内容もラベルも作り替えている、滋賀県の竹内酒造の「唯々/思い出シリーズ」
毎回イラストのタッチと、ネコと子供達と言う条件以外は100%自由な仕事なので、楽しみながらできます。
お酒の売上金の一部を不幸な動物を減らす為に寄付しているのも皆さんに共感されている様です。

コピーライターは、白山市在住の大波加さん。
毎回コピーが上がって来るのが楽しみでもあるのです。

今回は、夏らしいすっきりした味わいの吟醸酒。
金沢では、「酒千庵水上」さんで販売しています。

とは言うものの、このシリーズも4年目、そろそろネタが尽きて来ました。
本来は3年間と言う予定だったのですが、販売店さんからのリクエストで続けることとなりました。
でも来年は全く違った切り口で他の酒をイラストする予定です。
専務さんも「市村さんのアートに合わせた "酒" を作ります。」
なんて言って下さるから、ますます楽しみなお仕事になりそうです。

そうなれば、「Day job」ではなくなるのです。


DSCF1343.jpg

DSCF1344.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年05月22日

「 朝の散歩 2020_0522 」






平和で 誰もが夢みれる

そんな時代には 見えないもの

本当の 使命感 

本当の 真心

人の為にと思う リーダーは

荒れ果てた 荒原にこそ 光を放つ





sa_20_0522.jpg
ー金沢市 金沢城址公園(AM.7:02)曇りー



posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年05月20日

「 朝の散歩 2020_0520 」






風と空の演出

陽の光は 形を変え

水はそれを受ける 役者となる

より柔らかく より美しく輝く

煌くスパンコールの衣装は 踊り

人々を魅了する





sa_20_0520.jpg
ー金沢市 広坂(AM.7:27)曇りのち晴れー


posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年05月19日

「 朝の散歩 2020_0519 」






神様は 遊びながら 

偶然の様に アートを始める

宇宙も 地球も 人間も

全て 遊びの中から 生まれたのかも知れない





sa_20_0519.jpg
ー金沢市 東山1丁目(AM.6:50)曇りー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年05月18日

「 外出で思うこと 」






美人に見える




このところは仕事が重なってしまって、コロナウィルスに関係なく何週間もStay Homeで家に籠もっている状況です。

必要に駆られないと外出はしないのです。例えばJoyの散歩や画材の買い足しや、銀行など。
そんな短い外出時間の間に感じたことがあります。

言うまでもなく、出会う人達は全員と言って良いほどマスク姿です。
すると、見かける女性全員が美人に見えるんです。

もちろんその方が醸し出す雰囲気と言うか、服のセンスやスタイルのバランスも影響して来るとは思うのですが、殆どの人が美人に見える。
これ逆を考えて見るのですが、目を隠して鼻から下だけを出しても、美人には見えないと思うのです。

と言うことは、美人かそうでないかは目から下の顎の形やバランスの問題なのかな?
昔は女性画ばかりを描いていた時期もあるので、ついついそんなことを考えてしまうのです。

「目は口程にものを言う」って言いますが、メイクでより魅力的な眼差しにすることができますよね。
「魚が腐った様な目をしている」なんてことも言います。
「真剣かどうかは目を見ればわかる」てなことを言う人もいます。
「人形は目が命」そんな事を聞いたこともあります。

目は大切なのです。

そんなことしか考えられない、多忙な日々をおくっております。



gaishyutude.jpg

syuppan_cm02b.jpg
good_s_cm.jpg
https://www.artandselection.net/junichi-ichimura
tshuts_cm.jpg
https://www.ttrinity.jp/shop/j_ichi_shop/
posted by JUNICHI ICHIMURA at 08:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年05月15日

「 朝の散歩 2020_0515 」







七転び八起き

石の上にも三年

堪忍は一生の宝

短気は損気

我慢することは 美徳と言うけれど

この国は 我慢させることしか 与えない





sa_20_0515.jpg
ー金沢市 新竪町(AM.7:16)曇りー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年05月13日

「 朝の散歩 2020_0513 」






野に咲く花よ 

なぜあなたはそんなに 可憐で力強いのか

人の心に寄り添い 生きるを励ますため

雨の日も 風の日も

精一杯の 花を咲かせ 微笑む

人が苦しい時

荒廃の地に 足元を見れば

小さな希望が 無数にあることを

あなたは 教えてくれる







sa_20_0513.jpg
ー金沢市 東山二丁目/全性寺(AM.7:08)曇りー

 
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年05月12日

「 朝の散歩 2020_0512 」






人生には 下り坂があると思っていた

違う 一生登り続けなくてはいけないのだ

ただ 体力があった若い頃とは違う

その 違った登り口を 見つけなくてはいけない

その緩やかな 登り口さえ見つければ

最後のその時まで 

穏やかな顔で 登り続けることができる





sa_20_0512.jpg
ー金沢市 東兼六町/百万石通り(AM.7:34)晴れー

posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記