2020年04月03日

「 朝の散歩 2020_0403 」





ゴジラの木は 雄叫びを上げる

あまりに悲しい 世の中だから

せめて 大きな声をあげ

その矛先を 大空へ向ける

安らぎのその時が 来るまで





sa_20_0403.jpg
ー金沢市 本多町/本多公園(AM.7:19)晴れー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年04月01日

「 朝の散歩 2020_0401 」






暗雲漂う心の中に 花はさくのか

その雲は世界中に広がり

人の心の中から 色を摘み取ってゆく

花は咲くのか

真のリーダーは 存在するのか






sa_20_0401.jpg
ー金沢市 浅野川/主計町(AM.7:22)曇りー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年03月31日

「 朝の散歩 2020_0331 」







マンネリと思っても

ついつい 見てしまう

無言の美しさが そこにある

細く 長くでも

太く 短くでも

精一杯の姿は 美しい




sa_20_0331.jpg
ー金沢市 金沢城址公園(AM.7:00)晴れー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年03月30日

「 いつも通りに 」





これ以上の幸せはない。




去年の今頃は何をしていたか?
Facebookで定期的にそんな画面が出て来ます。

その内容を見ても大した事はやっていない。
いつも通りに朝の散歩をして、写真を撮ったものが出て来ます。

「いつも通り」

そんな言葉がとてもありがたく感じるのです。
先の見えないこの世界の状況で、この言葉が当たり前に世界中で使えるのはいつの日になるのか。

こんな緊急時にこそ、政治家の本質が見えるものです。
様々な疑惑をスルーして来たこの方々。
国民はどんな印象を持つでしょう?

この緊急事の際に後手後手に回った対応も、国民の方を見ているとはとても思えないのです。

狼少年の話がありますよね。
普段から嘘ばかりついていると、本当に助けて欲しい時にも信用されずに、狼に喰われてしまう。
本人が喰われる分には良いのですが、国民も犠牲になってしまいます。

例え法律に抵触していなくても、政治家が信頼されなくなったらその方が発する言葉は、「無」になってしまうと思うのです。

来年の今日、「いつも通り」と言えることを願うばかりです。


itsumo.jpg

syuppan_cm02b.jpg

good_s_cm.jpg
https://www.artandselection.net/junichi-ichimura
tshuts_cm.jpg
https://www.ttrinity.jp/shop/j_ichi_shop/
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年03月27日

「 朝の散歩 2020_0327 」






健気な花は ただ咲くことで 人を癒す

唯々 己の仕事を 熟す

唯々 目の前の仕事に 集中する

それが 誰かのためになる

ただの自分に できること





*ユキヤナギの花言葉/「愛らしさ」「気まま」「殊勝」
sa_20_0327.jpg
ー金沢市 香林坊/せせらぎ通り(AM.7:14)曇りー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年03月25日

「 朝の散歩 2020_0325 」







みんな一緒に 手を繋いで ゴール

そんな価値観を押し付けた 時代があった

2番じゃダメなんですか?

そんなことを言った人もいた

人よりも伸びたい 頭一つ先に行きたい

特別な存在でありたい

とっても大切で とっても悲しい DNA




sa_20_0325.jpg
ー金沢市 桜町/浅野川(AM.7:00)晴ー

posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年03月24日

「 朝の散歩 2020_0324 」






花は 空を飛んだ

白く美しい その羽を広げて

青い空を 飛んだ

満開に咲き誇る その気持ちを抑えきれず

ついに 地上を飛び出した

自然への愛を 抑えきれず

命の仲間達の もとへと



*木蓮の花言葉/自然への愛」「崇高」「持続性」





sa_20_0324.jpg
ー金沢市 東山1丁目(AM.6:42)晴ー



posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年03月23日

「 閉じるのか入れるのか? 」





「矛盾」



昔々、矛と盾を売るものがいました。売り物の盾を褒めて「この盾はとても堅いので、貫くことができるものはありません。」と言いました。そしてまた、売り物の矛も褒めて「この矛は鋭くて、貫けないものはありません。」と言いました。それを聞いたある人が言いました。「では、その矛でその盾をついたら、どうなるのですか?」矛と盾を売っていた人は答えられませんでした。

この話は誰もが知っている通りです。

今、東京オリンピック開催を巡っての日本政府の対応をこの逸話に差し替えても良いような状況にあると思うのです。

昨日、ようやくIOCが延期を含めてた会議を始めたようですが、医療知識も政治家でもない一般市民が当たり前に考えても分かるようなことに時間をかけて先延ばしをして来たのだと思います。

日本政府は片方で外国からの入国を規制し、片方ではオリンピックを完全な形で行うと言います。完全な形で行うと言うことは、外国からの観客も無制限に入れると言うことです。
例え国内の感染の状況が下火になったとしても、全世界に広まっている感染者を無制限に入れることになります。
国内感染者のサンプリング調査もしないままでは現状を知ることもできないはず。なのに7月までにこの病が収束するなどと考えること自体がナンセンスだと思うのです。

「矛盾」→「閉入」
昔々ある国で、様々な国から観客と選手を招いて武道会が行われることになりました。しかし正にその大会がお行われようとしたその年に疫病が世界中に流行り、その国の長はその他の国からの民を入れないよう役人に命令しました。
一方で、武道大会は国民の願いと言う意見を聞いて、人々に言いました。
「この武道大会は絶対に成功させます。」
するとその話を聞いた一人の老人が訪ねました。他の国から武道家も民も入国させずに、どうやってこの武道大会を成功させるのですか?
その国の長は何も答えられませんでした。

「矛盾」→「閉入」とならないように、しっかりして欲しい。



toji_hira.jpg

syuppan_cm02b.jpg

good_s_cm.jpg
https://www.artandselection.net/junichi-ichimura
tshuts_cm.jpg
https://www.ttrinity.jp/shop/j_ichi_shop/
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年03月20日

「 散歩のない朝 2020_0320 」





嵐には 立ち向かわない

通り過ぎるのを じっと待つ

目を閉じて

頭の中を 散歩する

イメージの世界は

何処へでも 飛んで行ける




sa_20_0320.jpg
ー金沢市 自宅にて(AM.8:42)雨ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年03月18日

「 朝の散歩 2020_0318 」





頭の中には常に「?」マークがある

当たり前と思っていては 何も生まれない

「?」を探す

それを テーマにする

表現者の 当たり前





sa_20_0318.jpg
ー金沢市 丸の内/しいのき迎賓館(AM.7:27)曇りー

posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記