2020年01月24日

「 朝の散歩 2020_0124 」






雲の工場は どこにある

製造機に 夢と ワクワクと 虹の材料を ポンポンと入れる

大きな取手を回すと あらあら不思議

大きな蛇口から 綿菓子のように 空に向かって浮かび出す

空の神様は大忙し 浮かぶ雲で 作品作り

船を作ったり 怪獣を作ったり

いつの間にか 空で展覧会が 始まる





sa_20_0124.jpg
ー金沢市 玉川町(AM.7:23)晴ー

posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年01月22日

「 朝の散歩 2020_0122 」







特別な一日が 始まる

同じ日は 二度とない

同じ瞬間も 二度とない

今日も

そんな特別な一日が 始まる

準備は できているか






sa_20_0122.jpg
ー金沢市 賢坂辻(AM.7:11)曇りー

posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年01月21日

「 朝の散歩 2020_0121 」






重い雲が 冷たい朝を覆う

音さえ奪った 冷たい朝

お日様は何処へ行ってしまったのか

木々は 震え

人造の光に 手を伸ばす





sa_20_0121.jpg
ー金沢市 東山1丁目(AM.7:06)雨ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年01月20日

「 小学生と英語 」





教える人材がいなけりゃ・・。




昨年ニューヨークでのグループ展で渡米して、もっと直接会話が出来たらいいなと思い、帰ってから英会話を習い始めました。

しかし、まだまだ会話と言うまでには、時間が掛かりそうです。

先日JOYの散歩で、東茶屋街を通った時の話。
外国の観光客の男性が、下校して来た小学生の男の子達に「picture!picture!」と声を掛けていました。やはり日本の制服が珍しいのでしょうね。写真を撮らせて欲しいと言っているのです。

子供達もよく声を掛けられるのか慣れたもので、すんなり立ち止まってポーズをとっています。そしてその男性も撮り終えた後に「Nice picture. Ok thank you!」と子供達にも分かりやすい英語でお礼をを伝え、子供達も皆んなでバーイ!と手を振っていました。

自分達が小学生だった頃は、外国の人に対してここまでリラックスした対応は出来なかったと思います。

今年から本格的に小学校の英語教育が始まるようですが、とっても疑問なのです。
何十年も前から、日本では中高の6年間で英語を学んでいます。でも英会話ができる人はほとんどいないのです。

何故か?英語が話せない先生が、英語を教えているからじゃないでしょうか?話せない先生達が教え易すく、かつ点数をつけ易い授業内容になってしまっているからなんじゃないかな?
だから、同じ授業内容で小学生に前倒しで教えても現状が変わるとは思えないのです。

必要なのは、ネイティブな英語を話せる外国の先生だと思うのです。

日本語的な発音の英語を聞いても、本当の英語は聞き取れないですからね。

茶屋街でのワンシーンの様に、単語だけでも通じる事もあります。要は本物の英語に慣れ親しむ事の方が先なんじゃないかな?
文法の試験なんてのは極端な話、「英会話」じゃなくて、「英語」を本格的に勉強したいと思って大学に入った人間だけでいいと思う。

なんて、勉強嫌いの自分が言っても説得力はないのですが、要は言葉なんですから。
言葉は日常の中で習得するもの。
間違っても良いからまず使うことが大切だと思うのです。

学問にしてしまうから面倒になる。


shyog_eika.jpg

syuppan_cm02b.jpg

good_s_cm.jpg
https://www.artandselection.net/junichi-ichimura
tshuts_cm.jpg
https://www.ttrinity.jp/shop/j_ichi_shop/
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年01月17日

「 朝の散歩 2020_0117 」






ブタもおだてりゃ 気に登る

自転車もおだてりゃ 家に登る

けなすより おだてた方が 人も伸びる

自信の鎧を纏って 冒険できる

たとえそれが 見せ掛けの鎧で

すぐに割れてしまっても

褒められるごとに 強くなり

やがて本物の 鎧に変身する







sa_20_0117.jpg
ー金沢市 片町2丁目(AM.7:39)曇りー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年01月15日

「 朝の散歩 2020_0115 」






冷たい雨が 流す

お祝い気分も 怠け癖も 

鈍った身体を 叩き起こす

さあ 歩き出そう

一年間の 冒険へ



sa_20_0115.jpg
ー金沢市 東山/東茶屋街(AM.7:21)雨ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年01月14日

「 朝の散歩 2020_0114 」






大きく蠢く 雲を見る

なんと我が身の 小さいことか

その先の大宇宙から見れば

この星も 人間も 

顕微鏡で見る バクテリアのようなもの

限りある 同じ地球号の中で

あいつが悪い こいつが悪い

なんと 愚かなことか

限りある命 限りある生態系

限りない 人の欲




sa_20_0114.jpg
ー金沢市 金沢城址公園(AM.7:27)曇りー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年01月13日

「 成人式 」






41年前、頭の中には何もなかった。





成人の日

自分がこの日を迎えたのは、もう41年も前になります。
若い頃のことを振り返ると、穴に入りたくなるほどお粗末な人間だったと後悔もするのですが、流石に60年以上も人間をやっているとそれなりに成長はするものです。

今、この経験と知識を持ったまま20歳になれたらどんなに素晴らしい人生をおくれるだろうと考えるのですが、何も分からないからこそ希望が持てたり、その後の60年以上を生きようと力が湧いて来るのかも知れません。

いくら20歳の体力があっても、頭デッカチになってしまうと、自分の能力の限界を測ってしまったり、世の中の情勢に影響されたりで、変な意味でクールな人生になってしまうのかも知れません。
頭の中が空いているからこそ、色々なことに興味が持てたり、知識を吸収したりできる。自分の未来に意欲を持てる。

しかし、実際のところもう一度20歳から人生をやり直したいか?と聞かれても遠慮したい。

一度きりの人生だからこそ価値があるし、それを大切にしたい。
その中で知り合えた友人も家族も物も、とても愛おしく感じるのです。

やっと自分の世界へ羽ばたくことができるようになった成人達。
それぞれの素敵な物語を作り上げて行って欲しいと思うのです。


seijin_si.jpg

syuppan_cm02b.jpg

good_s_cm.jpg
https://www.artandselection.net/junichi-ichimura
tshuts_cm.jpg
https://www.ttrinity.jp/shop/j_ichi_shop/
posted by JUNICHI ICHIMURA at 07:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年01月10日

「 朝の散歩 2020_0110 」







白は 色を誘惑する

白は 想像を誘惑する

白は まだ見ぬ官能の世界の 入り口

人は その無限の海に溺れたくて

白の誘惑に 足を踏み入れる






sa_20_0110.jpg
ー金沢市 広坂/21世紀美術館(AM.7:38)曇りー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年01月08日

「 朝の散歩 2020_0108 」







寒空に 実をつける

硬く守られた その実は

寒風に耐えているのか

凍るそれを 楽しんでいるのか

いや 強い自分を 楽しんでいるのだ

縮こまる人間を 高みから見物して




sa_20_0108.jpg
ー金沢市 彦三町(AM.7:27)雨ー

posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記