2017年12月15日

「 宣伝です 」




本日2つ目の記事です。



三恵社から絵本を三冊出版することになりました。

・「森のゴブリン(第2弾)/ゴブリン探検隊」

・「おそうじだいすき みずたまぼうや」

・「イライラウサギ」
  
  この三冊です。

今まで、デジタル絵本としてご紹介して来ましたが、ハードカバーの絵本として正式に出版されることになりました。
クリスマスプレゼントや、小さなお子様がいらっしゃる方にご紹介などいただけましたら幸いです。
Amazonで、「絵本名」「スペース」「ペタ」で検索して頂くと、出て来ます。
「一時的に在庫切れ。入荷時期は未定です。」とのメッセージが表れますが、購入できます。

また、全国の書店で取り寄せもできますので、よろしくお願いします。


ehon02.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

「 朝の散歩 29_1215 」







太陽 寒風 鳥の声

朝一番の身体は スポンジのようにそれを 吸い込む

澄み切った空気が 視界を広げ

見えないはずの 一日に 光をあてる

この朝 そして今に 感謝







sa_29_1215.jpg
ー金沢 卯辰山/見晴らし台ー(AM.7:10)
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月13日

「 朝の散歩 29_1213 」







隠そうとしても 隠れない

良いことも 悪いことも

今まで重ねてきた 全てが自分の顔になる

誤魔化しのベールで 覆っても

その姿は 見える




sa_29_1213.jpg
ー金沢 丸の内ー(AM.7:10)
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月12日

「 朝の散歩 29_1212 」







明と暗の 階段を登る

明だけでもなく 暗だけでもなく

その狭間から 落ちないように

両方あっての 道しるべ





sa_29_1212.jpg
ー金沢 主計町ー(AM.7:20)
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月11日

「 Joy 」






あくまでも、「人」と「犬」として。





ジャックラッセルの 「Joy君」を飼ってから、変わったこと。

・早起きになった。
・2度寝がなくなった。
・ボ〜っとする時間が減った。

とにかく一日中、何かをやってなくてはならないんです。
仕事が混んでいる時は尚更のこと。
まだ5ヶ月で小さいせいか、トイレの回数が滅茶苦茶多いんです。
その度にお尻を吹いたり、トイレに流したり。
トイレシートも交換したり。

何だか両親の介護をやっていた頃に戻った感じなのですが、一つ違うのは、楽しいこと。
介護時代には、ストレスで5kgほど体重が減ったのですが、今回はダイエットになりそうにもありません。

この犬種は運動量が多いので、何度も遊んでやる必要があります。
なんでまたそんな犬種をわざわわ選んだのか?って聞かれそうですが、一つはヴィジュアル的要素が好きなこと。
それと、こんなワンパクな性格が一番「犬」らしいと思ったし、一緒に遊びたいと思ったから。

犬って過去も未来も無いし、その瞬間しか生きてない。
そして、何事も一生懸命でしょ?
そこが好きな所。
だから、人間の自分もそこは見習わなくてはいけない部分なんです。

「今を一生懸命生きる」

その延長が楽しく素晴らしい人生に繋がるんじゃないかって。

最近ではJoyを中心に、家族の輪ができています。


joy.jpg
joy_02.JPG
ーウチのJoy君です。よろしくねー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月08日

「 朝の散歩 29_1208 」







その一生を 終えても

なお輝き続ける 人達がいる

それは無理でも

笑顔の花の種を 一つ見つけることができれば

凡人の一生も それなりに輝く






sa_29_1208.jpg
ー金沢 尾張町/久保市神社ー(AM.7:15)
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月06日

「 朝の散歩 29_1206 」







溢れるくらいの 才能

溢れる為には 隠れた奥底に 

数えきれない駄作と 努力の塊が沈んでいる

溢れないのは それが足りないから






sa_29_1206.jpg
ー金沢 材木町ー(AM.6:50)
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月05日

「 朝の散歩 29_1205 」






東の空が 暗くても

西の空が 明るくなることを 信じる

終わり良ければ すべて良し

失敗は 成功の為の スパイス






sa_29_1205.jpg
ー金沢 浅野川ー(AM.7:20)
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月04日

「 ざぶん賞2017 」





ボランティアの力




今年も「ざぶん賞」の表彰式が行われた金沢エクセルホテル東急にプレゼンターとして、そして裏方として参加して来ました。

水や地球環境を考えるイベント「ざぶん賞」
会長は、東大の月尾嘉雄さん、審査委員長は小説家の安倍龍太郎さんです。

全国の小中学生から、それをテーマに作文や詩を公募し、審査に残った数十点のその文章に、プロの絵描きが挿し絵を手描きで描いて展示表彰。そしてプレゼントすると言う企画です。
今回も一万点弱の応募がありました。

今年の展覧会は、先週の土曜と日曜に石川四高記念館で。

今年で16年目を迎えましたが、自分は第一回目から参加させてもらってます。
当時は、画家の西のぼるさんと自分の二人だけが挿し絵を担当。
応募数も少なかったのですが、自分が6人分、西さんが5人分を担当しました。
と言っても、展示する額と本人に渡す額の二種類が必要なので、同じ絵を二枚描かなくてならず、
結構大変な思いをしました。

最近ではアート作家さんも増えて、一点のみで許して頂いています。

表舞台に立つのは、アート作家達ですが、その影には事務局も含め、その他多くのボランティアさん達の力があります。
同じボランティアでも表舞台に立つ人と、一方裏方で目立たず縁の下の力持ちの仕事をする人がいます。
裏方さんには、本当に頭の下がる思いです。

ほぼ一年に一度しか顔を合わさない同士達。
ですが、強い絆で結ばれている気がします。

いつまで続けることができるのかは、資金面も含め不安な部分もありますが、今後も自分の出来る事をできるだけやって行こうと思ってます。


◎写真提供は、地元イラストレーターの表 供実さん
zabun2017_02.jpg

zabun2017_01.jpg
ー今年担当した作品(金沢市在住の澤田怜美さん)への挿し絵ー

zabun2017_03.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月01日

「 朝の散歩 29_1201 」





人知れず 創作する人は 山ほどいる

人前に出ようが ひっそりとやろうが

名前があろうが なかろうが

その 作りたいと言う心意気は みな同じ

心意気に 上下はない






sa_29_1201.jpg
ー金沢 浅野川ー(AM.7:10)
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記