2022年12月07日

「 朝の散歩 2022_1207 」







出会いは 偶然

何億もの偶然と必然が 絡まり合い

出会いは 生まれる

君と出会えたことに

ありがとう





sa_22_1207.jpg
*荒天のため、散歩は中止です。
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年12月06日

「 朝の散歩 2022/1206 」







根っこがしっかりしてれば

どんな強風だって 耐えられる

しっかり足を踏ん張って

自分を信じて 耐える

ふと気がつけば

雲の上には 陽の光があり

周りに小さな希望の光が灯ることに 気づく





sa_22_1206.jpg
ー金沢市 金沢城址公園(AM.6:51)雨ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年12月05日

「 新しい試み 」






絵本を読む様に。




絵の見方は人それぞれだと思います。
通常は、見て感じたことをもう一度見直して、絵との会話を楽しむのだと思うのです。

抽象画はそれに輪を掛けるように、見る人それぞれに感想も理解も違って来るし、それを楽しむことがベストなのかもしれません。

が、今回新しい試みをしようと思いました。

自分が描いたその作品にその想いを「詩」として表現し、一緒に並べてみようと思います。

まだ何も決まってませんが、次回の個展は、「文章」と「絵」のコラボ。
絵本を読む様に、展覧会を見てもらおうと思って、会場も含め、構想中です。

以前個展やグループ展をやったことがある、白山市河内村にある「ガレリア画廊」で、3点だけですが、小作品を展示販売しています。

額に合わせたミニアートなので、価格もとってもミニです。(12,000〜15,000円)
冬の季節、今からどんどん外出し難くなって行きますが、ドライブがてら、見に行っていただけたら幸いです。


mini_05.jpg
mini_01.jpg
mini_02.jpg
mini_03.jpg
mini_04.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年12月02日

「 朝の散歩 2022_1202 」







暗雲の先には 光があった

暗ければ 暗いほど

その後の 開けた空は尊い

日本が勝った 朝






sa_22_1202.jpg
ー金沢市 主計町(AM.6:50)雨ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年11月30日

「 朝の散歩 2022_1130 」






柿のつく町名に立つ 柿の木

胸を張って生きているような気がする

それぞれの 歴史

それぞれの 生い立ち

胸を張って生きればいい






sa_22_1130.jpg
ー金沢市 柿の木畠(AM.7:10)曇りー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年11月29日

「 朝の散歩 2022_1129 」







森は訪れるものを 拒まない

全てを共有し

全てが協調し合っているから

全ての命を 抱きしめ

大らかな息吹きで 包む





sa_22_1129.jpg
ー金沢市 石川県文化財保存修復工房/出羽町(AM.7:10)曇りー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年11月28日

「 ワールドカップで思うこと 」





勝っても負けても。




サッカーワールドカップでの日本vsドイツは、日本中を歓喜の渦に巻き込みました。
ところが、昨日のコスタリカ戦。
現実の世界に戻された内容に終わりました。

ドイツ戦が終わった後は、本当に日本の実力がついたのだと感じたのですが、現実はそう甘くはなかった。
まさに人生の縮図をそこに見たような気がしました。

長く生きていれば、いい事も悪い事もある。
奇跡を感じる事もある。
何で自分はこんなについていないんだろう?と、どん底に落ち込む事もある。
しかし、それが人生。

努力しても努力してもなかなか自分の描いた様には歩いて行けない。
だからこそ、人は小さな希望と努力を積み重ねて生きようとするんじゃないだろうか?

次のスペイン戦で全てが決まります。
自分の様な素人が見ると、大人と子供の試合だと感じるのです。
でも、だからこそ、相手に心の隙が生まれる。

先のドイツ戦と昨日のコスタリカ戦を見比べると、ドイツ戦はラッキーだったと言われても仕方がないと思うのです。
でも、それも人生。
偶然もそれは必然に繋がっているのだと感じます。

次の試合に勝っても負けてもその先にある必然に向かって、一日一日努力するしかない。
いや、それを楽しまなくてはいけない。



world_c.jpg

pos_cm.jpg
https://jiashop.thebase.in/items/60004419
https://jiashop.thebase.in/items/60002186
https://jiashop.thebase.in/items/60004456
https://jiashop.thebase.in/items/60004441

syuppan_cm02b.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年11月25日

「 朝の散歩 2022_1125 」






ほんの少しの 希望でいい

ほんの少しの 灯りでいい

そんなものがあれば

生きて行こう

そう思える





sa_22_1125.jpg
ー金沢市 金沢城址公園(AM.7:11)晴れー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年11月23日

「 朝の散歩 2022_1123 」







若い頃 

酒が心を 誤魔化してくれた

時が経ち

心を誤魔化そうと思う酒は

身体に重荷になってくる

いい酒 わるい酒

自然とわるい酒は 遠のく






sa_22_1123.jpg
ー金沢市 片町(AM.7:10)曇りー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年11月22日

「 朝の散歩 2022_1122 」







増さることを やめた命にも

黄色は 降り注ぐ

その生きた証を 讃えるように

黄色は 降り注ぐ

やがてそれは 黄金色へと化し

無常の意味を 授ける







sa_22_1122.jpg
ー金沢市 全性寺/東山1丁目(AM.7:04)曇りー




posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記