2009年08月31日

「自分を映す」



人の批判は簡単にしてしまうのですが・・。


何かに付けて、人の批判はしやすいものです。
気がつくと、ぶつぶつ文句を言っている自分がいます。

でも、言ってる内容なんかを考えると、日頃から自分が持ってるコンプレックスだったりする事が多いような気がします。
つまり、他人に自分を映して批判してる。
気にしてる事が目立つから腹が立つ。

今回の選挙で、「責任力」を訴えて来た政党は、相手にはそれがないといった、ネガティブキャンペーンをやってたみたいだけど、逆に自分達に「責任力」が欠けていた事も分かっていたんじゃないだろうか?

自分に厳しく、人に優しく。
難しいです。



ji_utsu.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年08月30日

「意思表示」


「無関心」ではいけません。


キャンプ場に行って、テントを立てる時はまずその場所をよく観察します。
その周りがどうなっているのか?

・すぐ横に危険な物はないか?

・景色はいいか?

・隣とのスペースはあるか?

・炊事場は近いか?

いろいろ考えます。

短い間ですが、そこが住まいになる訳ですから。
当然と言えば当然です。

キャンプ場では、その場所を選択できるのですが、本当の住まいや、増しては国籍なんかは、簡単には替える事ができません。

だから、現状の中で自分の置かれた環境に興味を持って、観察して、自分の意思表示をするしかありません。

4年に一回のチャンス。

今回の投票場はいつもと違って、活気に溢れてました。



ishihyouji.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年08月29日

「無惨な姿に」


こんなになってしまいました。


先日話題にした、アゲハチョウの幼虫。
数が増えすぎて、エサとなるはずの植物が茎だけになってしまいました。

葉っぱなんてありません。

この後どこへ行くのか、しばらく見てましたが、この辺りをウロウロするだけ。
1時間ほど出かけている間に皆さんお引っ越し。

あんなにたくさんいたのが2匹ほどになっちゃいました。
本当に不思議です。
いったい何処に消えていくんでしょう?

お母さん達も考えて卵を生めばいいのにね。
こんなちっちゃな草にいくつも卵を生んでどうすんだ。



muzan.jpg

posted by JUNICHI ICHIMURA at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年08月28日

「体育大会」


参加しない理由があります。


町会長をやってると、いろいろなお知らせがまずここに来ます。

先日も「社会体育大会」への参加を促すお知らせとポスターが。
でも、無理です。
ウチの町会は人数が少ない上に、高齢者だらけ。

80歳以上の方が5人もいらっしゃいます。
後は70代と60代、50代後半。
なにせ、51歳の自分が成人では一番若いほうなんですから。

これに参加したら、絶対ケガ人が出ますよ。

ウチの町会に比べて、若い人達が多い町会は積極的です。
盛り上がり方が違います。

高齢者が多いウチの町会は国の縮図を見るようです。
若い力が欲しい。

でも、マイペースな自分は、大勢で集まって決められた事をやるのは苦手。
参加しないための、いい言い訳にもなってるんですけどね。



taiiku_02.jpg



posted by JUNICHI ICHIMURA at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年08月27日

「ツクツクボウシ」


セミの鳴き声も秋が近い事を知らせます。


夏の終わりのセミの声。
「ミンミンゼミ」「ひぐらし」「ツクツクボウシ」

それぞれの鳴き方があります。
中でも特異なのは、「ツクツクボウシ」
なんで、あんなややこしい鳴き方なんでしょう?

最初はゆっくり「ツクツクボウシ」ってないてて、だんだんそれが早くなる。
最後にはどうしようもなくなって違った鳴き方でごまかしているように聞こえます。

他のセミは一本調子なのになんで?
こんなストーリーを考えてみました。

セミが鳴くのはメスを呼ぶための求愛行動らしいのです。
だから、他のセミと区別しないと意味がない。

いろいろ鳴き方を考えたけど、どれも他のセミと似てしまう。
「ジージー」「ミーンミンミン」「ケケケケ・・」
声を変えてもこれらと似てしまうし、先に使われてしまったし・・。

「よし、いろいろな言葉を入れて、テンポも変えれば誰も真似できないだろう!」
そんな訳で、こんなややこしい鳴き方になった。

ってのはどうでしょう。



tsuku-t.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年08月26日

「季節の変わり目」


オシリで季節を感じます。


季節の変わり目を感じます。
人それぞれ、いろんな事で感じると思うのですが、自分の場合はこれもその一つ。

便座に座った時の便座の温度。

冬の間は当然、便座にヒーターを入れて使います。
暖かくて気持ちがいい。
それが5月頃になってくると、逆にその温さが気持ち悪く思えて、ヒーターのスイッチを「切」に。

そうすると、次に座った時に「ヒンヤリ」する感じが心地いい。

それで、今の季節。
その心地よかった、「ヒンヤリ」が、「ヒヤッ」に変わる。
それが、季節の変わり目。
もうしばらくすると、「ヒヤッ」が今度は「ドキッ」に変わります。

そうなると、便座のスイッチを「入」に。

季節の変わり目です。



kisetu_02.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年08月25日

「すがすがしい」


季節が変わります。


朝晩、冷えるようになりましたね。
ついこの間まで、蒸し暑いと言ってたのがウソのように。

やっぱり今年は夏がなかったですね。
梅雨が長引いて、その後はすぐに秋。
それでも、季節は移ります。

長女はこの夏でブラスバンドを引退。
先日、最後の大会で金賞をとったものの、県の代表にはなれず、昨日は後輩への引き継ぎがあったらしいです。

いつもは、代表になれなかったって言って悔しがってたのに、今回はそれでも充実感に溢れていました。

中学生活で最高の演奏ができたって。

すがすがしいです。
羨ましいです。

こんな想いを長い間していない気がします。



suga.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年08月24日

「ライダー」



ライダー世代ではないのですが。


今朝たまたま、仮面ライダーの映画の話題をテレビで見たので・・。
自分はこれにハマっていた世代よりも、ちょっと上なんで、大して興味はないんです。

その前のウルトラマンかな?
それについても、そんなに熱心ではなかったと思います。

それよりも、当時はモノクロテレビだったけど、手塚治虫の「どろろ」とか、アメリカのテレビドラマだった、「スーパーマン」とかブルース・リーが出演してた「グリーンホーネット」とか「バットマン」だとかそっちは毎週熱心に見てた。

モノクロの世界って、色を自分で想像させるから勝手にイメージが広がっていくんですね。
だから今でも印象に強く残ってるのかもしれないです。

そんな事よりも、なんで仮面ライダーの話題になったかっていうと、ちょっと意地悪な事を考えたものですから。

今回の映画は何十人もの歴代のライダーが総出演だそうで。
そこで思った事があります。

ショッカーにとってライダーっていうモデルは、自分達が作ったのにもかかわらず、必ず裏切ってしまう不良品なわけです。

普通の会社なら、そんな商品は生産中止にします。
ところが、懲りずに同じ物を何十体も作ってしまうってのは、納得できないんですよね。

納得できる答えってあるんでしょうか?



rider.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年08月23日

「まだ、描かないの?」


夏休みの宿題はギリギリまでやらない派でした。


20日も過ぎて、宿題が残ってる子供達は焦っていることでしょう。
自分も子供の頃は前日までかかっていたように記憶してます。

この性格は今でも残ってて、仕事も追いつめられないと、なかなか出来ません。
と言うか、実作業にどれだけ時間がかかるか分かっているので、ついつい頭の中で、考える時間が増えてしまうんです。
結果、作業にかかる時間ギリギリまで、考える事に使ってしまう。

実際手を動かさないと、仕事にはならないけど、頭の中でいろいろ空想する事も大事ですから・・。
って事にしておきます。



mada-ka.jpg


posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年08月22日

「民話」


ある案件で、民話を読んでて・・。


伝説とか民話っていろいろあります。

当たり前の話、これってほとんどが作り話。
でも、最初に作ったヒトがいる訳で、それが伝わって行くうちに内容が変わって行ったって事も。

よく、「ウソも100年続けば伝説になる。」って言いますが、現代社会ではなかなか難しいのかも?って思います。

昔のように、伝達手段も、通信手段も何もない時代だからこそ、神秘性とか説得力とかがあったんで、今みたいに情報量が豊な時代だと、ウソはすぐにバレてしまうから。

民話の中には、妖怪のように怖いものや不気味な内容の物もたくさんありますが、これって、人にとって怖い存在を作ることによって、道徳や秩序を教えて来たんでしょうね。

人間思い上がらないように、怖い存在があった方がいいんです。

人間にとって怖いものがなくなった。
だから、環境問題も起きてるんだと思う。



minwa.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年08月21日

「本末転倒」



創る人間がいてこそ・・。です。


本来の目的よりも、その組織に意味を持たせる事が目的になっている。
結果、本末転倒で、本来の目的の足を引っ張る事になってしまっているのに気づかない。

こんな事を毎年考えさせられる事があります。

芸術や文化を紹介し、発展させるための組織が、それを創るクリエイターの足を引っ張る。
現場の意見を尊重しない。
数字しか見ていない。
結果、仕上がったものを見ようともせず、責任も取らない。

これは一言いいたいのです。

これって、誰に進言したらいいんでしょう?
市長さん?

今、選挙のまっただ中だから、それを利用して政治家さん?

お会いできる機会があったら、是非一度話を聞いてもらいたいものです。
あっ、「ざぶん賞」でたまに市長さんが顔を見せる事があるな。



honmatu.jpg

posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年08月20日

「にがて」


平気なヒトは平気なんでしょうが・・。


今朝、カミサンが会社の健康診断で胃カメラを飲むって、張り切って出かけて行きました。

意外と平気なんです。このかたは。
どちらかと言うとお医者さんが好きなんじゃないかと思うほど。

自分は胃カメラどころか、バリュームさえ飲んだ事はありません。
このブログを書きはじめた頃にも、健康診断を受けてないって言ってたら、それを読んだ友人から、した方がいいって注意されました。

でも、医者はなんだか苦手です。
歯医者はまだいいのですが、歯を抜くのも・・。

ただでさえ高い血圧が、医者の前で計るだけで緊張して、いつもより数字がグ〜ンとアップ。
医者もビックリって事もある。
でも、薬は出してくれないんですよね。
生活習慣の中で改善していきましょうって。

とにかく、なんかを突っ込まれたり血が出たりは、出来るだけ遠慮したいのです。

なんて事は、いつまでも言ってられないだろうなァ〜。




nigate.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年08月19日

「ことば」


くだらない事を考えてました。


「オバマ氏、訪朝のクリントン氏と会談」っていうニュースを見てて、その内容とは全然関係ないくだらない事を考えていました。

この場合、現大統領としての立場が上なのか、先輩としてのクリントン氏が上なのか?
日本人だから考えてしまうのが、言葉づかい。

日本の場合、敬語とか、丁寧語とか、謙譲語とかあるわけです。
でも、英語にはないから、全ての人が同じ話し方をする事になるんでしょう?(間違ってたらスミマセン。)

じゃぁ、どうやって相手の事を尊敬してるとか、大事に思ってるとかを表現するのかな

って考えてたら、思いついた。

アメリカ人はヒトを褒めるのがうまいですよね。(これも、個人的な感想でスミマセン。)スポーツ選手や芸能人がインタビューに答える映像をテレビで見てると、そう思うんですけどね。

だから、一言で済ませるんじゃなくて、プラスいかに相手の事を尊敬してるか、自分の気持ちを言葉で伝える習慣があるんじゃないかと。

その言葉づかいだけで、立場や気持ちがわかってしまうってのは、便利といえば便利なんですけどね。

でも、その言葉の裏側ってのもある訳で・・。


kotoba.jpg

posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年08月18日

「幼虫」


嫌いな人はごめんなさい。


家の向かいに駐車場を借りているのですが、そこの雑草にアゲハチョウが卵を生みます。

柑橘系の植物が好きらしいから、トゲの多いこの植物も柑橘系なんでしょう。

今、たくさんの3〜5mm少し大きいのは2cm程度の茶色い幼虫がワンサカいます。
これが3cmくらいになると、黄緑色に鮮やかに変身します。

小ちゃな時は鳥の糞に化けて、大きくなると、葉っぱに化ける。

これがなぜか、大きくなって、黄緑色に変身したあと、姿が見えなくなるんです。
どこに行くんでしょうか?

カミサンは野良猫に食べられるんじゃない?って言いますが、こんなトゲトゲの植物に顔を埋めるのは無理でしょう。

だとしたら、サナギになる場所をまた選んで、移動するんでしょうか?

家の前の犬の糞と、この幼虫の移動は見張れるものなら、24時間見張っていたいものです。



yotyu.JPG

posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年08月17日

「ゴミです。ゴミ。」


何度も書いてる事なんですが・・。


川側の玄関付近を掃除します。
いろいろ落ちてます。

紙くずや、犬をブラッシングしたあとの毛。
ひどい時は、中身がまだ入ったジュースの紙パック(ストロー付き)なんかが、ウチの出入り口の真ん前にあったりします。
もっとひどいのは、表の玄関の真ん前に犬の糞がそのままになってる。

これらを捨てる人って、この後の事をどう考えているんでしょうね。


1.ここに置いておけば、誰かが片付けてくれる。

2.ここに置いておけば、自然消滅する。

3.ここなら、ゴミだらけになってもいい。


どれをとっても、ちょっと普通じゃありません。
こんなマナーは小学校でみんな習うはずなのに、何で忘れてしまうんだろうか?

「ざぶん賞」に参加するようになって、環境問題を意識するようになって、思います。

環境問題と人を思いやる気持ちは、つながってると思う。

今回も同じ結論。



gomi.jpg


posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年08月16日

「明日からまた」


言い訳かな?


お盆休みのあいだ、空いた時間を何か意味のある使い方をしようと考えるのですが、あれもできる、いやこれをやった方がいいかな?なんて考えているうちに時間がなくなります。
たまには「ボ〜ッ」とするのもいいけど、何日も続くとね・・。

優柔不断な自分らしいところです。

そんな事を考えていると、物事の選択肢があまりなかった時代の事を思います。
天才と呼ばれる人も多かった。

好きに思える事もすぐに選べた。
それ以外に知らなかった。

だから、一つの事を集中して長く追求できた。

現代は誘惑が多すぎます。
自分にとって不必要な情報や物をいかに切り捨てるか?
そこが最大の課題。

なんて、時代のせいにしてる場合ではありません。

そんなお盆休みも今日で終わり。
明日からまた頑張ろう!



asukara.jpg

posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年08月15日

「何もしない」


お盆は何もしてません。


お盆の時期は電話もメールも入らない。
時間が止まっているように感じます。

子供達が帰って来てるんで、旨いものを食わしてやりたいとか、何かをしてやりたいとか思うのですが、結局大したイベントもなく、普通な日々を過ごす事になってます。

まぁ、それでいいんです。
普通に全員が揃って、食事をして、たわいもない会話をして。
それができる、何気ない時間が幸せです。

考えてみると、家族全員が揃うのは盆と正月だけ。
いつの間にかそんな生活になっているんだなァ・・。



nanimo_03.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年08月14日

「眺めるのがいい」


海を眺めるのは好きです。
そこに浸かるのはあまり好きではありません。


と言っても、海水浴くらいはいいのですが。

泳ぎがそんなに得意でもないと言うのもあるのでしょうが、得体が知れないってのが一番なんでしょうか?

逆に言えば、謎が多いから興味がわくって事も言えますが、自分がその中に入るのは遠慮したいのです。

息ができない。
何がいるか分からない。
体が自由にならない。

この条件だけを考えると、恐怖以外の何者でもないのです。

昔からよく想像するのが、太平洋のど真ん中で、一人プカプカ浮いている自分。
下から何がやって来るのか?
限りなく深く続く紺碧の水中の色を想像しただけで、なんだかゾーっとします。

でも、ダイビングをやってる人達はこれがいいんでしょ?

「・・・・・。」

やっぱり、眺めてる方がいいです。



nagameru.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年08月13日

「飲み会」


子供達が帰省すると、きまってミニ同窓会があるようです。


自分も若い頃は頻繁に同級生との飲み会をやってた。
いつの頃からか、急にその回数が減ってくるんですよね。

若い頃の会話は、くだらない話の中にも、夢とか将来とか、希望に満ちてるんだけど、歳をとって集まると、体の調子がどうのとか、あの頃はよかったとか、その辺の愚痴が中心になります。

いいんです。
それが一つのストレス解消にもなるんですから。

しかし、若い連中の飲み会ってのは、羨ましいねェ。
光輝いて・・。

自分達も、今の年齢からもう一歩進むと、また違った楽しみ方での、同級生との飲み会ができると思ってるんですけどね。



nomikai.jpg


posted by JUNICHI ICHIMURA at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年08月12日

「BBQ」


このお盆も・・。


バーベキューが大好きです。

炭をおこすのに手間がかかるし、あと片付けにも時間がかかるのに、大好きです。
火をおこすってのが最大の魅力なのかも知れません。

たき火や暖炉の火ってのにも癒されたりしますよね。
囲炉裏もいいなァ〜。
火を囲んで家族や友人と談笑する。

そんなひと時が最大の幸せに感じます。
何で人は炎に引き寄せられるんでしょうね。

太古の記憶が残っているんでしょうか?

よし、息子達も帰省してる事だし、このお盆中に一度やりますか。
我が家の狭いテラスで。



bbq.jpg


posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記