2009年09月30日

「金沢城歌舞伎」



行って来ました。


天気が不安だった「金沢城歌舞伎」なんとか無事に見る事ができました。

100円ショップで買った、カッパを持って会場へ。
お城をバックに演じられる歌舞伎は何よりの演出です。

耳を澄まして音を聞きます。
笛や太鼓の音、それに重なる薪のパチパチと鳴る音や虫の声。

当時「歌舞伎」は「能」に比べれば、大衆のものだったんでしょうが、現代の我々には高尚な雰囲気を味合わせてくれます。

林 英哲さん達の太鼓もよかったですよ。
打楽器だけで、あれだけの表現ができるんだから。
かけ声がいいですね。
「人間」がやってるって事が、生身の人の力なんだってところが。

今日行かれる方もいらしゃるでしょう。
楽しんで来てください。

それにしても、もし雨が降ったらどうするつもりだったんでしょう?
観客はカッパを着る事ができるけど、舞台は屋根がないし・・。

カッパを着た連獅子なんて見た事ないから。



kabuki.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年09月29日

「天気が心配」



初体験です。


今日は金沢城で歌舞伎があるんで、見て来ます。
ずいぶん前にカミサンが予約して、チケットを買ってくれたんで。

歌舞伎、しかも中村勘三郎親子の出演なんて金沢に住んでたら、めったに見られるもんではないでしょうからね。

なにしろ初体験ですから、何に期待していいのかも分かりません。

ただ、問題は天気です。
朝から雨。
予報では夕方から雲になってますが、どうなる事か・・。



tenki_sin.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2009年09月28日

「看板」



事務所入り口の看板を変えました。


別に無くてもいいんですけどね。
なんか飾りが欲しくて、ここに置いてます。

新築当初のデザインは例のパソコン騒動で、データを無くしてしまったんで、簡単に手持ちのイラストで、作り直しました。
ここは西陽が当たって、すぐに色あせするんで、その度にプリントします。

看板が必要ない仕事に憧れて、この世界に入ったのに不思議なもんです。

お店での物の売買が減って、みんなインターネットで買い物をするようになって、ますます看板は必要なくなります。

ヨーロッパの国々ようにそれらが無い方が街並みがキレイになって良いのかもしれない。

その代わり、インターネット上での看板は必要になってきますよね。
この看板の付けどころが難しい。
それで、みんな苦労してるのか・・。




jimu_01.jpg
jimu_02.jpg










posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年09月27日

「餅は餅屋」


ようやくデッキのペンキ塗りができました。


出来たと言う言い方は自分でもどうなの?って思ってしまうのですが。
つまり、やろうと思えばいつでも出来たはずなのに、今までほったらかしにしてただけなんですから。

冬が来る前にやる気になって良かったって事です。

正確には、「防虫・防腐塗料」なんですけどね。
毎年デッキのペンキ塗りをやった方がいいって事を聞いたのは、前のデッキが腐ってきた時。

もっと早くいってくれ!って感じでした。

6帖ほどの広さですが、全部張り替えて結構お金がかかりました。

今後はこのペンキ塗りが習慣になると本当に長持ちしてくれるんだろうか?

色を塗るのは慣れているはずなんですが、物が変わると、どうもうまくいかない。
ずいぶん混ぜながら塗ったつもりなんですが、所々ムラがあるようで・・。

やっぱり、その道で食ってる人は偉いって事です。



motiya.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年09月26日

「職業柄」



改めて考えてみた。


よく、「職業柄○○○なんです。」って言い方がありますが、イラストレータの場合なんなんでしょう。

普段やってる事のマイナス部分とプラス部分を考えればいいのかな?

マイナス部分を考えます。

「職業柄、肩こりがひどんです。」

「職業柄、閉じこもる事が多いんです。」

「職業柄、決められたものを作るのは、苦手なんです。」


プラス?部分を考えます。

「職業柄、物をよく観察します。」

「職業柄、色合いが気になります。」

「職業柄、夢を持てます。」



syoku_g.jpg

posted by JUNICHI ICHIMURA at 12:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2009年09月25日

「またできた。」


やっぱり、同じ作業。


去年の12月から今年の3月までやってた工事の事は先日書きました。
また、川のど真ん中に道ができました。
トラックが通る道。

どう考えても、二度手間なんだけどなァ。

川底を深く掘ると、ヘドロ的な物があるからとっても臭い。
最近天気がいいから窓を全開にするんだけど、食事時は閉めたくなる時がありました。

先日、この辺りの崖の調査工事があるので・・。って事で、わざわざ市役所の代理で、工事会社が挨拶に来た事を考えると、この作業にも説明があっていいと思うんですけどね。
その説明が何にもない。
どうも、計画性を感じられないんです。

前回の作業と今回の作業はどう違うのか?
今後の計画はどうなのか?
ちゃんと説明して欲しいのです。



kawa_04.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年09月24日

「スーパーマン」


今日は渡せるかな?


先日の「敬老の日」の記念品。
一件だけ渡せずにいます。

ウチの向かいのお寺の住職さん。

連休中に何度か伺いましたが、ず〜っとお留守です。
たぶん夫婦で何処か旅行でも行っているんでしょう。

でもすごいですよ。
年齢は89歳。
それで毎日のように、境内や庭や墓の掃除や草刈り、竹やぶの伐採やらを一人でやってるんだから。

作業服を着て、立ってる姿を見ると自分達とそんなに変わりません。
ただ、歩くとやはり年齢は感じますが、それでも70代くらいにしか見えない。

人間やっぱり、体を使わないといけないんです。
それが基本なんですよ。

平均年齢だけが上がっても、しょうがない。
健康じゃなくちゃね。
あんな風に歳をとれたらいいなァ。




super-m.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2009年09月23日

「職人さんの趣味」



昨日の続き。


この建具屋の職人さん。
趣味で、狩猟をやってた事もあるそうなんです。
もう10年くらい前にやめたって事ですが。

それで、行き先のマタギの人達と一緒に熊とかを獲って来るらしいんですけどね。
体重が100kgほどもある熊を撃つと、その場ですぐ解体して、一人10kgほどの割当で背負って山を降りるらしいんです。

道のない山の中を10kgの荷物を担いで歩くのは相当の体力が必要です。
その下地があるから、今でも元気でいられるんだろうか?
14年間は健康診断も行った事がないって言ってました。
これはあまり自慢にはならないと思います。
医者嫌いは自分とよく似てるところですが・・。

鉄砲を撃つのが趣味って、結構お金がかかります。
そんな事ができた、いい時代もあったんだ・・。



syo_syu.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年09月22日

「職人さん」


ちょっとした切っ掛けで、川向の建具屋さんに来てもらってます。


家の中の引き戸の開け閉めがしにくいので、今日はその建具屋さんに見てもらいました。
以前に、デッキの張り替えをやってもらった事もあります。
専門外なので、多少戸惑ってましたが・・。

戸車を取り替えてもらって一件落着のあと、ずいぶん長い間雑談してしまいました。
その方はもう73歳で、根っからの職人さんです。

話を聞くと、自分がよく散歩する東山の寺院郡の中のお寺。
文化財にも指定されてるのですが、そのお寺の山門も30代の頃に手がけたそうな。

話を聞いていると、いろいろ物知りで、とても面白い。

昔の職人さんの技術ってのは確かなものなんでしょうが、それを次の世代に引き継いでいくのは簡単ではありません。
伝えてゆく事が一度途絶えてしまうと、再生するのは大変です。

一部の大先生と呼ばれる方々だけが優遇されても、文化を継承する事にはなりません。

金沢って街を考えた場合、こういう職人さん達が生き残ってゆける方法を考える事が街の個性や文化度を高める事に繋がるんじゃないかな?
純和風の家に住んでない自分が言うのもなんですが・・。

今度作業場をのぞかせてもらおう!



syokuni.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 13:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2009年09月21日

「記念品」


「敬老の日」ですね。


ウチの町内には80歳を越える方が4人いらっしゃいます。

自分の父親もその内の一人なんですけどね。
町会長をしていると「敬老の日」の記念品を当事者に配らなければいけません。

つい最近まで、その中の一つにタオルがありました。
このタオルって、何かに付けて配られますよね。
なんで粗品と言えばタオルになったんでしょうか?

銀行が粗品に持って来るのもタオル。
銀行に限りませんが、お店の名前がデカデカと書いてあるタオルは使う気がしません。

なんでもそうなんでしょうが、人に贈る物って、心がないといけないと思うんです。
同じタオルでも、自分達の宣伝の為にデカク名前を入れるってのは心がありません。
結局自分の事しか考えていないと言う事です。

そこに、相手の事を気遣う心があったら、名前を書く事以上の信頼感が生まれると思うのですが・・。

と言う事で、数年前から「敬老の日」に贈る記念品は「海苔と赤飯」になりました。




kinen.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年09月20日

「日曜日」


何にもない日曜日。

シルバーウィークだろうが、なんだろうが、何にもない日曜日。

次々に雲が流れてゆく秋の空を眺めているだけの時間が過ぎて行きます。

雲の隙間から陽の光が差し込みます。

陽が雲に隠れます。

心の中を見透かされているような気がします。



nitiyo.jpg






posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年09月19日

「伸びる・枯れる」


他人のウチの葉っぱなんですが・・。


ウチのシラカシの木はまだ、葉っぱを落とさないようですが、少し川下にある大きな木は盛んに葉を落とします。
なんという木なのか名前は知りませんが、とっても大きな木です。

それで、川沿いを吹く風はなぜか川下からしか吹きません。
事務所の入り口がある川側の細い道はウチの前に階段があって天神橋に上がれるようになっているんですが、その階段が壁になって、ちょうどウチの前に大量の落ち葉が溜まるんです。

もう茶色になってしまった、枯れ葉。
それと正反対にウチの庭にあるアイビーの葉はまだまだ夏色の葉を成長させてます。
自分同様、伸び過ぎたツルはみっともないので散髪です。

夏と秋の二つの季節を集めているようです。




soroso.jpg












<今日のちょっと寄り道>

昨日美容院に行って、なんで散髪屋さんは前向きに頭を洗うのに、美容院は後ろなのか?って聞いてみました。

女性はお化粧をしてる人が多いから、前向きに洗うと水が顔に垂れて、面倒な事になるらしい。

長い間疑問に思ってた事が解決しました。


posted by JUNICHI ICHIMURA at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年09月18日

「自由にやってください」


16歳の頃から通ってました。


なじみの散髪屋さんの事です。
高校生の頃からず〜っと同じお店で、散髪をしてもらってます。
たまたま、学校のすぐ近くにあったものですから。

でも、今日は思い切って他の美容室に変えてみました。
気分転換です。
伸ばそうと思って伸ばした訳じゃなくって、散髪に行くのが面倒で、伸びてしまったこの頭ですが、せっかく伸びたんだから、この長さを生かして切ってもらおうかと・・。

どうも、昔から通っている散髪屋さんで切ってもらうと、いつも同じスタイルになってしまうような気がするんです。
お店が変われば、ちょっと違った事ができるかな?と・・・。

自分は物を作る仕事をしてるんで、共通する部分があるかな?と思って「全ておまかせしますから、あなたの感性でいいと思うスタイルにして下さい。」って頼みたいのですが、やっぱり雑誌を見せられました。
「どんな感じにしますか?」って。
でも、考えてみると、切る方は全く自由っていうと、勇気がいりますよね。
だから、お客に伺いを立てるのは仕方がないのでしょう。

でも、一回自由に切ってもらいたいんだけどなァ〜。
その人の感性が分かるし、その方が面白いと思うんですけど。
後で、「違う〜!」って絶対言わないから。


jiyuu.jpg





posted by JUNICHI ICHIMURA at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年09月17日

「工事が多い」


最近やたらと工事が多い気がするのですが・・。


例年なら、冬の時期から年度末にかけて多く目にする光景。
今年は夏頃からやたらと、道路工事が多い気がします。
車を運転してても、走りにくくてしょうがない。
これ本当に必要な工事なの?って思いたくなります。

自民党政権から民主党政権へ本格的に移る前に、予算を使い切ってしまおうと言う魂胆ではないでしょうね。

ウチの前の浅の川。
去年の洪水で氾濫して大きな被害を出したその後に、堆積した土砂を何ヶ月もかけて除去しました。
それが終わったのが、今年の3月です。

それがまた何やらショベルカーが入って大掛かりな事をやってます。

被害に遭わない為に必要な事をやってもらうのはありがたいのですが、この短期間に何度もってのは疑問です。
じゃァ、前の作業は何だったの?って思ってしまいます。

地方分権になってお金が自由に使えるようになると、その県の首長の実力が問われます。
地方によって差が出て来る。
今まで、国の言いなりになって何もしなかった知事さんは困りますよ、きっと。

果たして、ここの県はどうなるんでしょう?



khoji.JPG


posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年09月16日

「芯の部分」


先日ある方とお話してて、なるほど!と思った事。


最近では、必要な情報はインターネットで取り入れるのが当たり前になってます。
とっても便利だから、探す手間や時間が節約できる。
自分もよく、そんな風に使ってます。

でもよく考えると、ここに載ってる情報のほとんどは、校正されてないものです。
本当のところはわからない。
この自分のブログに関しても、もちろんの事。
100%確かな事を書いてる訳じゃない。

自分も以前から思ってたのは、写真一つをとっても当たり前のように納得して見てるけど、その画面はその写真を撮ったカメラマンの感性で捉えたもの。

一つの物を撮る時でも、人によっては違った感じ方や撮り方があるはずです。
それだけを取り上げると、自分の感性ではなく、それを撮ったカメラマンの感性に合わせる事になります。

本来、こだわりを持って一つの物を作ろうと思ったら、実際に自分で見たり、探し物があったら、正確な情報を探した上で考えるもの。

この話をして下さった方も、ある大学の教授から教えられて、目から鱗だと言ってたんですけどね。

でも、現代社会はこれをなかなかさせてくれないんですよね。
大抵のものは、ここの芯の所はどうでもよくなって来てる。
お金を掛けられなくなってる。

昔を懐かしんでもしょうがないけど、みんなが真剣に一つの物を作ってた時代があったんです。



sinno.jpg


posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年09月15日

「自分を貫く」


またまたイチローの話題で・・。


自分らしく生きる。

自分を見失わない。

自分らしいこだわりを持つ。

これらの事を守って生きてゆくのはとっても難しい。
ついつい人に媚びたり、世間を気にしたり、目の前のアメに食いついたり、そんな事をやってしまうのが人間。

生き方に自分のスタイルを持ってる人は、どんな時でも強いのかも知れません。
これは、全ての事に繋がります。

とにかく、自分を貫く。
人に迷惑かけちゃいけないけど、大切な事。

やっぱ凄いわ、イチローさんは・・。



ji_tura.jpg




posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年09月14日

「決断力」


どちらを取ろうか?


イソップ物語に「犬と肉」って話があります。

肉を加えた犬が橋を通りかかったところ、他に肉をくわえた犬に気づく。
その肉も欲しくなって、「ワン!」と吠えたら、くわえていた肉が川に落ちてしまった。って話。

もう一匹の犬は、川に写った自分だったてのは、皆さん知っての通りです。
欲張ると、元も子もなくなるってのが教訓らしいですが、欲を持たなくても、二つの事を選択しようとすると、悩むものです。
人生これの連続なんでしょうが、どちらも惜しくなる場合があります。

決断力。
政治家さん達には一番必要なものなんでしょうね。


ketudan.jpg



posted by JUNICHI ICHIMURA at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年09月13日

「アンテナ」


まだ、替える気はありません。


先日、外に出ると2件先の家でアンテナ工事をしてた。

よく見ると、同級生。
先代から引き継いで、近所で電気屋さんをしてるんです。

この辺はテレビ局のアンテナ方向に高層ビルがあって、ちょうど陰になります。
だから、町全体で共同アンテナを使ってます。

でも地デジに切り替えるのにはアンテナが必要です。
はたして、アンテナを立てて、電波が通るのかどうか?
長い間疑問に感じていました。

「この辺は、地デジの電波通るの?」
その答え。
「このあたりは何の問題もないわ。」
実際取り付けているんだから当然の答えなんですけどね。

今まで、この町で誰も地デジを見ようとしてなかったって事で、我が町内では初の導入って事です。

電波の通り具合を電気屋さんに調べてもらうと、5,000円かかるそうですからちょっと得をしたような気がします。

でも、最近意欲的にテレビを見たいと思わせる番組がないんだなァ〜。


antena.jpg












<今日のちょっと寄り道>

ずいぶんこのコーナーから離れてました。
自分でも忘れてたくらい。

・昨日の夜中はすごい雨でした。
 耳をふさがないと眠れないくらい。
 
 よく「バケツをひっくり返したような雨。」って言いますが、
 バケツの水の量は大したものではありません。
 他にいい例えってないのか?
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年09月12日

「最近の散歩コース」


美しい。


最近よく、卯辰山を散歩します。
家の目の前にある山です。

アスファルトの車道をず〜っと歩いて、頂上から浅の川まで降りて川沿いを帰って来る、前にも書いた事のある60分くらいのコースです。

今まで何度も通ったそのコースですが、道沿いに群生している雑草の美しさに気づいていませんでした。

生け花の展覧会にもたまに行きますが、それらの作品を見るよりも感動的です。
様々な種類の草花がとってもバランスよく見えます。
自分が大好きな「酒井抱一」の絵を見ているようです。
http://muse.main.jp/arts/houitsaka_020.jpg
と言うよりも、この方もこれに感動して、草花に教わったのでしょう。

人間が頭をひねるよりも、自分達でちゃんと共生して尚、それぞれの存在感もある。
その共生できるバランスがとっても美しく見えるのかも知れません。

野に生きる草花達にも教わりました。



saikin.jpg

posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年09月11日

「無音」


静かすぎて・・・。


仕事をする時は、たいてい何らかの音楽を聞いてます。

でも、何にも音が欲しくない時もあります。
それがどんな時なのか、自分でも説明できませんが、とにかく無音と言う音が欲しくなる時があります。

音楽にはリズムとか波長がありますから、その時の気分に合わないと逆に不快に感じたりもするのかも知れません。

コンピュータのファンが回る音や外のカラスの鳴き声や車の音。
何もしなくても、なんらかの音は聞こえて来るはず。

不思議なもので、人間はそんな音さえ消す事ができます。
聞きたくない音は脳が受け付けないようにする。

でも、そんな事さえ必要がないほど、今日は静かな日です。
窓を開けているのに、ほとんど外からの音は聞こえてきません。

車もほとんど通らない。
人の話し声も聞こえない。

今日が特別な日なのか?
嵐の前の静けさ・・?
muon.jpg




posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記