2010年03月31日

「恩師」


元気かな?


高校はデザイン科だったので、特別個性的な先生がいました。
その先生の影響はほとんどの生徒が受けたんじゃないかなァ〜。

長い人生の中でいろいろな人に、いろいろな影響を受けるのでしょうが、この時期に出会った人には一生を通じての考え方の基本となるくらいのものを受けるような気がします。

中学校までは、疑問に感じながらも、親や先生に従うしかないと思っているはず。
それが、高校生になると自我が芽生えて、疑問に感じる事に真剣に向き合うようになります。
それに、真剣に付き合ってくれる人。目の前のモヤモヤを消してくれる人には影響を受けます。

高校時代のA先生。
独自の価値観を持って、一人だけ日教組にも入らず、周りの先生方とはあまりウマく行ってなかったはずです。
いわゆる、一般常識的にはそこから外れたような方です。

でも、授業以外の時間は黙々と作品を描いる姿を見ましたし、毎朝のジョギングや筋トレも欠かさずやっていると言う話をしてました。
信念と実行があるから妙に説得させられるんですね。

この人の影響は、多分に自分の中にあると思います。

今、どういう暮らしをされてるんだろうか?




onsi.jpg

posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年03月30日

「めっきり減った」


ビールを飲みながら・・ってのは昔の話。


数年前からプロ野球中継がめっきり少なくなってしまいましたが、オープニングのこの季節は週に何回かはやってくれそうです。

マンガ「巨人の星」の大ファンだったんで、ご多分に漏れず巨人ファンでした。
小学生の頃、地元で開かれた巨人戦にナマの長嶋や王を見に行った事も。

現在はそんなに毎回熱心に見る訳ではありませんし、その昔松井選手がジャイアンツにいた頃あたりまででしょうか、ファンって言えるのは。

でも、去年あたりから、このチームが気になってきました。

以前大砲ばかりを集めていた頃に比べると、試合の内容が面白くなったような気がします。(素人がよく言うわ・・。)

しかし、スポーツのルールを考える人達って本当にうまく考えると思いませんか?
時間をかけて年々そのルールも変わって来るのでしょうが、ストライクが3つまでとか、ファーボールが4つまでとか、ゲームの回数も10回じゃなくて9回じゃなきゃならない理由がきっとあるんでしょう。
それに合わせて打順の役目も1番から9番までしっかりある。

いろいろな役目を持った人達が集まって一つの仕事を完成させる。
それぞれのスペシャリストがベストの仕事を持ち寄って・・。
そんな仕事は面白い。

野球放送も減ったけど、そんな仕事もめっきり減ってしまいました。



mekkiri.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年03月29日

「バランス」


未だにコートを着るとは・・。


いつものこの時期だと、夜出かける事になっても冬用の厚手のコートはちょっと恥ずかしいと思う季節なのですが、昨日は日中なのにこれで丁度いい。
今日も昨日に増して寒くなりそうな様子です。

温暖化なのに何でって思うのですが、何処かが暑くなると、地球全体としてはバランスを取ろうとするから極地的には寒くなる?
そんな事なんでしょうか?

政治の世界も期待し過ぎて、大勢を占めてしまった政党に、国民は今年の参議院選挙でバランスを取る事になるんでしょうか?

最近の政党内のゴタゴタを見てると、その閣僚を指名したバランス感覚も無かったっんだって感じます。

今年の夏は猛暑になるのか?
冷夏になるのか?



baran.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年03月28日

「次からつぎと・・。」


ホームページを持つのも遅かった。


インターネットが一般化してから、社会が変わり、人の生活も変わりました。
もう基本的にこれを抜きにしてビジネスも社会の仕組みも成り立たないようになっちゃいましたね。

これを利用していろいろな新しい価値が生まれて、それ事態は良い事なんでしょうが、これを上手く使える人間とそうではない人間の差も生まれて来るんでしょう。

あるいは、この現実社会から背をむけて、正反対の生活を望む人も出てくるでしょう。

中途半端が一番よくないのは分かっているのですが、どうもこの世の中の早い流れに着いていくのが面倒に感じます。

2年前にようやく自分のホームページを持つようになって、やっとブログを書くようになって・・。

ところが今度はツイッター。

これも興味がないわけじゃないけど、まだまだ積極的にはなれません。
だって、やってる間はず〜っとパソコンや携帯と向き合ってないといけないわけでしょう?

そんな時間があるのかな?って思うのですが、何を優先させるのか?って事で時間を使い分けなきゃいけなくなるんでしょうね。

まだやった事がないんで、何とも言えませんが、知らない人達とそんなにも話が弾むものなんですね・・?
情報の宝庫だという事は分かるんですが。

「新しい事を真っ先に」ってのがなかなか出来ない性格なのかも知れない。



tsugi.jpg

posted by JUNICHI ICHIMURA at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年03月27日

「一つの技法」


金沢の朝は0℃でした。


凍ってました。「寒い、寒い。」

それで熟睡できないわけではないのでしょうが、また夢を見てしまいました。
しかも、また絵に関する夢。

今度は高校の先輩が主人公。(現在も東京でアーティストやってると思います。)
美大生が描いた100号〜200号の大きな油絵を自分も含めて、数人の絵描きさんで直していくって設定。

実際はそんな他人の絵を触るなんてナンセンスな事なんですけどね。
だから、自分には絶対そんな事はできないと思ってたら、その先輩が大胆にも、バケツいっぱいのブラックの絵具を気の向くままに一つの絵にぶちまけたり、垂らしたり。そして、その上から絵具で描きだした。

「うわ〜。すげ〜!」

と思ったところで目が覚めたんですけどね。

先日の夢も今回も抽象画ばかりなんです。
何だか分かりませんが頭の中身がクリエイティブバージョンになってる事と、アート活動に飢えてる事は確かなようです。

この一度描いた絵の上から、もう一度崩して描くって技法は油絵で抽象画を描くと必然的にこうなってしまいますね。



hitotu_gi.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年03月26日

「歳をとっても」


気分的には変わらない。


古い同級生とかに会うと、未だにチャン付けで呼ばれたりするのですが、周りで聞いてる赤の他人、特に若い人は異様に感じたりするんでしょうね。

お互い歳をとった事をその瞬間は忘れるのかも知れません。

10代の頃は30歳なんて、オジさんやオバさんにしか見えなかったけど、なってみると20代と一つも変わらないし、それを20年も過ぎるとオジさんどころか、若くて羨ましくも感じます。

逆に自分達よりもず〜っと年配の70、80歳位の人達を見ると一見ずいぶん違うように見えるのですが、じゃあ自分がその年齢になった時の事を想像すると今と何も変わらないような気もするんです。

本来年齢って言う数字そのものはあまり気にしません。
だから、頭の中は30歳そこそこの感覚のままなんですけどね。

人間一人だけで生きていたら、もっと年齢なんて関係なくなるんでしょうが、周りの環境が老けさせたり、それを意識させたりするんでしょうね。

だから何を言いたいかって言うと、お年寄りを相手にする時も人間同士として話をする事が大切なんじゃないかな?って思ったって事です。
外見が老けて不自由になると、頭の中まで不自由なんじゃないか?ってついつい錯覚してしまいます。

身体は不自由になっても頭の中は健康って人もいるんですから。

いや、自分が歳を重ねた時にそうして欲しいと思ってるんです。




tosiwo.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年03月25日

「引き継ぎ」


まだまだ、自分の事だけで精一杯なので・・。


先日、ウチで今年度最後の町会を開きました。

町会と言っても、集まったのはウチを入れて6件。
会計の決算報告とその書類のコピーをお渡しした後は、ほとんどが雑談。

それでもPM7:30に始めて、無理矢理のように終わったのが、PM9:00。
ふだん集まって話す機会がないから皆さん楽しそうに話してました。
決まって話題になるのが世帯数の話。

どう考えても、新しい世帯が入って来る要素がないんですから。
密集地で、お寺が隣接してて、裏は崖。
川はあって景色は良いけど、水害の危険もあるし、狭い。

町会長の仕事も、ようやくお役御免で解放されるのですが、のんびり出来るのも2年間だけ。

自分が町会では一番若いわけですから、そのうち永遠に町会長をする事になるんだろうなァ〜・・・。

その頃にはいったい何件の町会になっているんだろうか?




hikitu.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年03月24日

「夢の話」


今回はいい内容でした。


前にも書きましたが、夢って見てもほとんど覚えてません。
見ないと言う言い方があればそうなります。
ところが、昨日見た夢はハッキリ覚えているんですけど、こんな夢はめったに見ない。

その内容は・・。

この家を設計してくれた、建築家の方が個展を開いてるって事なので、見に行くんですが、それが絵画の個展なんです。
「へ〜ぇ。こんな才能もあったんだ。」と思い見てるんですが、その絵がイイ。

何十点もの作品が所狭しと並んでいるんですけど、個性的で見た事ないような作品ばかり。

そんな夢なんです。

意識が覚めてきても若干覚えてるんですけど、できる事ならそれらの作品を全てスケッチしておきたい。
あの有名な「イエスタデイ」もポール・マッカートニーが夢の中で作曲したって話。

でも、だめですね。時間が経つにしたがって、どんどん忘れていくんです。
結局頭に残ってるのは、形を変えながらの一点だけ。
その辺が天才と凡人の違いでしょうか。

今回の夢の内容はどうあれ、自分の中にまだたくさんの潜在能力があったってのはなんだか嬉しい気分です。

ようはそれをどう絞り出すか?って事です。




yumeno.jpg

posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年03月23日

「褒められたい」


褒められないと伸びないタイプです。


いろいろ仕事をやってますが、生活の為にってのはもちろんだけど、一番の原動力は「ありがとう!」って言葉。

仕事をやって、感謝される事。
これが何よりの次へのエネルギーになります。

反対にお金は請求できるけど、何となく満足されてないなァ・・って仕事は凹みます。

自分の力のなさを痛感します。
でも、基本的に根が単純なんですぐに忘れるんですけどね。
そうじゃないとこの仕事はやってられない。

褒められるクライアントさんの仕事は不思議と良い結果が続くんです。信頼されてるって感じるから思いっきり力が出せるのでしょうか?

一方、そうじゃない仕事は何をやってもパッとしない事があります。
これ、相性ってのもあるんでしょうかね。

そんな事を考えると、芸術家ってのは大変ですね。
才能を認められるのは、ごくわずかな人達。
人から与えられるパワーよりも、自分の中から溢れるパワーがないとできませんね。

できる事ならズ〜っと褒められていたい。




homera.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年03月22日

「セキレイ君、再び」


何が気に入ったのか?


最近またセキレイ君が窓を叩きます。

冬鳥と思っていたのですが、調べてみると種類によって「留鳥」または「漂鳥」となってます。
ウチに来るのは「キセキレイ」と言う種類。

「留鳥」ってのは一年を通して同じ場所で暮らすそうですが、「漂鳥」ってのは、暑さ、寒さを避けるため、夏は山地、冬は平地、と言うように繁殖地と越冬地を区別している鳥。と言う事。

一時期、春らしくなった時には姿を見せなくなったんで、てっきり冬鳥かと思っていたのですが、どうも夏以外は同じ場所にいるみたいですね。

コンコンとクチバシでガラス窓を突くのは可愛いのですが、あまり続くと、そのうちガラスが割れないかと心配も。

鳥と言えば、向かいの、もの作りが好きなオジサンに頂いた鳥の巣箱。
一向に小鳥達が入る様子はありません。スズメさえも。

そんな事を考えると、毎日訪れてくれるセキレイ君は歓迎すべきなのか?




seki_02.jpg

posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年03月21日

「異常」


寝苦しかった。


朝、めざめて窓の外を見ました。

黄色い。
空が黄色い。

昨晩からの風もスゴかった。台風みたいな風。

何かが違ってますね。
子供の頃に感じてた季節の変わり目とは。
丸かったものが角張って鋭くなってゆくような・・。

これから毎年、春一番のように、こんな風が吹くようになるんでしょうか?




ijyo_02.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年03月20日

「何で今まで無かったんだろう?」


現在AM.9:50。
外気温20℃


どうもスッキリ晴れません。ここ金沢は。
気温は予報どおりだけど、晴れの予報ははずれのようで・・。

昨日も青空が広がったのは午前中の数時間と夕方くらい。
冬の間のグレーの空は諦めているのですが、春になってまでこの状況は勘弁してほしいのです。

そんなお天気の話とは関係ないのですが、「なんで今まで無かったんだろう?」って思う事ってたまにあると思います。

昨日それを思っちゃったんですけどね。

「柿の種」っておかきは有名なんで皆さん好きな方も多いと思いますが、この商品もいろいろ種類を変えて新商品を出してますよね。
ウチのお菓子棚にもたまに入ってるんで、あると食べるんです。

それで、昨日見つけたのが「カレー味の柿の種」

食べてみるとオイシい。
「なんで今まで無かったんだろう?」って思ったわけです。

真っ先に考えそうな商品だと思うんだけど、今まで無かったですよね。
自分が知らないだけですか?

とにかく、これはしばらく癖になりそうです。



nande.jpg

posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年03月19日

「初心」


いい天気。


この時期、車を運転してるとピカピカの「若葉マーク」の車をよく見かけます。
自分もそんな時期があったんです。でも人の事となるとそんな事も忘れてイライラしたりもするのですが、ある意味見習うべき事もあるんだと・・。

技術的な事で未熟なのはしょうがないとして、その運転の慎重さは見習った方がいいのかも知れません。
長年運転してるとつい忘れてしまう。

以前に、車一台が通るのがやっとというくらいの裏道を走ってて、細い路地から急に子供の自転車がぶつかって来た事がありました。

細い路地がいくつもある道なのですが、運転席から見ると何処が路地で何処が家の玄関かわからないような所。

運転してると、そんなモノが飛び出して来るのが異常だと考えてしまうのですが、本来は飛び出して来る事を前提に運転しなくてはいけないんですね。

そんな状況でも車の方が悪くなるんですから。

ついつい混雑を避けて裏道を使いたがるのですが、その分リスクも高くなるって事も考えないとね。
この事は前にも話題にしましたっけ?

初心者マークの皆さんお気をつけて。



syosin.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年03月18日

「試験」


資格のいらない仕事です。


今日は公立高校の合格発表日。

余裕を持って試験に臨んだ子供も、余裕が無かった子供も、ドキドキ感は変わらないでしょう。

自分にとっては遠い昔の事なんで、そのドキドキ感は忘れてしまいました。

そう言えば最近そんなドキドキする事ってないです。
悪い意味でのドキドキはいろいろあるのですが、良い意味でのドキドキとかワクワクって随分味わっていないような気がします。

人生で試験を経験する事ってどれだけあるのでしょうか?
自分の場合は入社試験も受けた事がないし、資格試験も自動車免許とアマチュア無線くらい。
そのアマチュア無線なんて取ったはいいけど、一回も使った事がない。

職業によっては試験の連続で、それがないと上に行けないものもありますね。

自分がやってる仕事は一切資格がいらない仕事です。
自称でもなんでも、やろうと思えば誰でもできる。
その変わり他人に認めてもらうのが大変な仕事。

ある意味資格があった方が楽に思えたりするのですが、「とんでもない。こっちはこっちで大変なんだから・・。」って怒られそうですね。



siken.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年03月17日

「何も知らされないまま」


河川工事が終わりません。


予定では確か3月14日までって看板に書いてあったはず。
「あれっ!?おかしいな?」

今その看板を見て来ました。
いつの間にか日にちの所が上から張り直されてる。

「5月31日まで」となってます。
花見シーズンは醜い風景のままって事です。

未だにこの工事が何の為に、どういう作業をやってるのかがさっぱり分かりません。
工事の説明もないまま、その延長の説明もなく。

しかし、いくら何でも2ヶ月以上も工期が遅れるのは異常ですよね。
今度県に聞いてみようかな?

もう一方の天神橋の補強工事は無事完了したようです。



nanimo_04.jpg

posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年03月16日

「コピー機」


モノクロコピー機って使いますか?


フリーのイラストレーターとなってから、コピー機のリースをしてたのですが、ここ数年そのコピーカウンターの料金が月に100円〜200円代。

その昔、トレススコープってのがありました。
コピー機の性能が今ほど良くなかった頃の話。
通称トレスコ。
注文した写植や写真をを引き伸したり、もちろんモノクロですけどね。

暗室でレンズを調節して光を当てたあと現像液の入った機械に通して30秒位時間が経った後、紙をめくって水で流す。

そんなジャマ臭い事をやってたんですね。

僕の場合はイラストを描く為のトレス用に使う事が多かったんです。
だから、コピー機もその使い方はトレス用。

ところが最近は仕事で描くイラストほとんどがパソコンで。
その他自分の作品はトレスする必要がない作風。

もう必要ないんです。

月に200円の為に毎月何千円もするレンタル料を払うのはもったいない。
その事もあって先日インクジェットの複合機を買ったんですけどね。

6年間のファイナルがあと5ヶ月ほどでやってきます。



copy.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年03月15日

「霜降り状態」


筋肉もしぼむ。


この冬はず〜っと運動不足だったんで、どうも身体がスッキリしません。

今日なにげなく自分の太ももを見てたら、だらしない姿。
肉をひねって見るとセルライトが目立ちます。
つまり、霜降り状態です。
前はこんな事はなかったと思うんですよ。

忙しい事を言い訳に、ついつい身体を動かす事を忘れてます。

今日は気温が20℃の予報だけど、どんよりした曇り空。
本当に気温が上がるのか?

思いっきり汗かきたい!



simof.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年03月14日

「輪廻転生」


今日は祖母の50回忌。


自分が3歳の頃に亡くなったのですが、この50回忌で最後らしいですね。
ほとんど記憶がなく、写真で見た顔の印象しかないですし、どんな方だったのかは知りません。

しかし、50年間もの間お経を唱えてお参りする意味ってのは、様々な方向からの考え方や想いがありますね。

・故人があちらの世界に行っても安心できるよう。
・いつまでも故人を忘れないよう。
・故人に感謝の気持ちを伝えるため。

50年間お参りしたからもういいと言う事ではないのでしょうが、これでまた生まれ変われる事ができるのでしょうか?

仏教に詳しくはありませんし、これがその教えかどうかは分かりませんが、人は前世でやり残してきた事をやる為に生まれ変わると言います。
それで、何度も生まれ変わって修行を重ねると魂の位が上がってゆくって。

だから、たまに出て来る天才的な人だとか人を引きつける力のある人は相当の生まれ変わりをしてるんじゃないでしょうか?

「輪廻転生」はあると思ってます。



rinne.jpg

posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年03月13日

「2回目のパンパカパ〜ン」


本日2周年記念日。


と言っても、一年目に比べると何の感想もないんです。
不思議なくらい。

一年目ってやっぱり力が入ってたんでしょうね。
もう生活の一部になってしまったんでしょうか?
これが努力とも思わないし、無理をしてるとも思えなくなっちゃったんですね。

毎日の事なんで、何を書こうかいろいろ悩みます。
人間「喜怒哀楽」があるから面白いんだと思うけど、毎日の事を書くのに波があるのもどうかな?って思ったりもするんですね。
少なくともあまり「怒と哀」の部分はあまり書かない方がいいんじゃないかなんて思い始めてます。

毎日淡々と、受け取る側が自由に考える、詩のような文章が書ければいいんでしょうが、そんな才能はありません。

一年目の感想にも書いたかも知れませんが、とにかく書く事で、ちっちゃな事をじっくり考える事ができる。
それはこのブログを続ける事の利点でしょうか。

明日からは3周年目指して出発。

最初からお付き合い頂いている奇特な方々。本当にありがとうございます。
途中から訪れて下さってる方もありがとうございます。
これからも末永くよろしくお願いしますね。

3年目こそは、少し休んだりもしてみようかな?



nika_pa.jpg

posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年03月12日

「春?かな?」


これでようやく春ですか?


今日は朝から日差しが眩しいくらいのお天気です。
気温も予想では16℃まで上がるそうで、なんだか二度目の春が来たような感じ。
ここの所の寒さは堪えました。

春になるといろいろ環境が変わる人達がいます。
学生や新社会人や職替え、引っ越し。

特に学生の頃は自分の意思で環境を変えるのではなく、向こうから変わって下さいとやって来る。

そんな頃が懐かしいのですが、新社会人になる人はこれからが大変ですね。
変わってゆくべき自分を自分で探して、自分の意思でその時期を考え決断しなければならないんですから。

昔と違って人生設計をしにくい時代。
「暮らし方」より「生き方」を考える事が大切な時代。



haru_ka.jpg





posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記