2010年04月30日

「高校の遠足」


自由の幅が広かったように思います。


今日は遠足の学校が多いですね。
連休の谷間って事で、お天気もまずまずのようだし。
事務所の窓から見える天神橋の下やら上やらに、次から次へと中学生も高校生もやってきます。

普段静かな風景が、急に騒がしくなっては消えて、また騒がしくなっては消えて。
いつもと違った雰囲気を見せてくれます。

みんなジャージ姿の集団が多いようですが、自分が高校生だった頃は学生服でそのまま行ってました。
これジャージだったら、かなり悲惨な風景になったと思います。
なんでかと言うと、この学校の当時のジャージは、体育用のものなんだけど、白がベースで、下着が透けるほどペラペラな柔らかい生地で、カチッとしてないカッコわるいものだったから。

それが時代のせいと言えば、そんな時代だったのかも知れません。

でも、デザイン科って事もあって、その中身はかなりメチャクチャやってましたよ。
行き先も自分達で決める事ができたし、それを卯辰山の運動場にした時なんかは、弁当の時間に、コンロを持って来て、鍋だったかすき焼きだったかやってた連中もいたな〜ァ。

それを挟んで、午前中と午後でソフトボールのダブルヘッダーをやったんですけどね。

今じゃ考えられない。
いや、今も昔も自分達だけだったのかも知れません。
高校生がこんな事考えるのは。

先生方も他の科の先生方に比べたら、寛大だったし・・。

自分達で考えて、自分達がどうやったら楽しめるか?
そんな自由な発想も大切なのかもしれないです。



kou_ens.jpg

posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月29日

「名古屋」


今日はいきなり名古屋から。


って、携帯から更新したはずが帰って見たらされてない。

イマイチこの携帯からの更新の仕方が分かりません。
そんな事で、以下は名古屋でお昼頃に更新したつもりの文章です。


<突然ですが、今名古屋にいます。>

お昼ご飯を食べようと駅の上にあるビルの中をぶらぶらしてたら、昔作った旅館のキャラクターを発見。

その旅館の出店なんだけど、ナント左右反対にカラーコルトンに印刷してある。

これは、ショック!



nagoya_03.jpg

posted by JUNICHI ICHIMURA at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月28日

「この違い」


アートとイラストの決定的な違い。


これまでも何度かこの両者の違いについて思ってる事を書いてきましたが、これが全てかな?って思ったことがあります。

イラストの善し悪しを判断するのは第三者なんです。
なぜかって言うと、それには目的があって、依頼した人の好みがあって、それにハマらないものは違うと言うことになってしまうから。
他人(ヒト)から違うと言われる=仕事が無くなる。=イラストレーターをやめなくてはいけなくなる。

アートの場合、そもそもこれを生活の手段に考えてはいけないって事が前提です。
その上で、善し悪しをつけるのは自分自身。
だから、その判断は時間と共に変わり続ける。=満足する事がない。=一生つくり続ける事になる。=その人の生き方になる。

ってことですか?

どっちが良いって事ではないけど、どちらも大変だってことです。


でも、これを楽しみに感じるくらいじゃないと、どちらにもなれないか・・。




konoti.jpg

posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月27日

「難しい」



連休前にはなんとかイメージが欲しい。


以前やった仕事よりも、もっといい仕事をしたいと思うのは、ものを作っている人間なら当然思う事です。

でもその前回が良ければ良いほど、それを超えようと思うのは難しい。

特に時間がたっているものは、当時の自分と今の自分は違うから現在の自分が良いと思う価値観と過去の価値観が違ってきます。

作家さんなら現在のベストを描けばいいと思うのですが、仕事で絵を描くってのは、当時の価値観にタイムマシーンで過去に行くみたいな事も必要になってきます。

これはちょっと危険な部分があって、過去の自分のコピーにならないようにしなけりゃいけない。

その臭いはしても、あくまでも現在の自分が描いたものじゃなくちゃ。

そんな仕事で今頭を悩ませています。



muzuka.jpg

posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月26日

「飛び出す絵本」


初めての物は見てみたい。


昨日ガソリンを入れるついでに、大型電気店へ行って話題の3Dテレビを見てきました。全然買うつもりもないんですけどね。

休日の割には人も少なくて、自分の前に見てたのは一組だけ。
少しの間待って、いよいよ見る事に。

いろいろなソフトが入っている中で、丁度見る事になったのが、室内で白人女性が子犬と遊んだりしてるシーン。

このシーンに入る前にはお屋敷の門が開いて徐々に中に入って行くのですが・・。

あくまで自分の個人的な感想で、ケチをつけるつもりはないのですが、発展途上って感じがしました。
室内ではなく、屋外でもっと奥行きのある風景だったら違って見えるのかな〜ァ?

まず専用の眼鏡をかけるんだけど、これに暗めの色がついているもんだから、裸眼で見るよりも画面が暗くなります。

それと肝心の3Dだけど、飛び出す絵本を見てるような感じ。
確かに一つ一つは幾重にもなって見えるけど、それぞれが平面にしか見えない。

決して今買わなくてはならないような商品には感じませんでした。
その内、もっと良くなる。
それよりも、2Dでキレイな映像を見てた方が気持ちいいと思う。

それにしても、液晶デジタルテレビって安くなりましたね。
展示品で一台限定だったけど、46型で20万くらいでしたよ。

もっと安くなれ!




tobidasu.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月25日

「一貫性がない」


いい天気です。


「いや〜。これでやっと春。」

なんて騙されちゃいけないんです。
そう思ってどれだけ期待を裏切られた事か。
そんな気分になりますよね、今年の気候は。

一つの方向に向かって、序所に変わっていくとストレスって溜まらないですけどね。
「春だ〜!」と思ったら「冬か・・。」
あっちへ行ったりこっちへ行ったり。

一貫性がないってことがどれだけ人をイライラさせるのか。

この国のトップに立つ人もこの気候を肌で感じているはずなんですけどねェ。



ikkans.jpg

posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月24日

「気になってるのに・・。」


最近気になってるのについつい忘れてしまうこと。


・朝起きて、靴下を履くときに足の爪が延びてることに気がついて、後で事務所で爪を切ろうと思っているのに、そのまま仕事をやってしまい、何日間もそのままになってること。

・パソコンのキーボードが汚れてるからスイッチを入れる前に拭き取ろうと思っているのに、事務所に入るとすぐにスイッチを入れてしまい、また後悔すること。

・洗面所の排水の流れが悪いから、あとで薬を注いで通りをよくしようと思ってそのままなこと。

・車検を受けた当日が土曜日だったんで、「車検証のシールは火曜日にお届けします。」と言われて、一週間たつこと。


あとでやろうと思った事は忘れる。



kininatte.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月23日

「ながら」


意識しない行動は頭から消える。


「ながら族」って言葉はもう使わないのでしょうか?

でも、これだけ世の中時間の流れが速くなって、選択肢が増えると何かをしながらって事が普通になってるようにも思えます。

先日も秋葉原にカレー屋さんが多いって事のその理由をテレビで探してましたた。

その理由はオタクって言われる人達が集まるこの街は、食事を目的に来る訳ではないから、出来るだけ早くそれを済ませて、買い物なり自分の趣味に向かいたい。
だからカレーなんですけど、しかも片手で食べる事ができるから、もう一方の手でメールをしたり、漫画を読んだりもできる。

自分の場合は

・仕事をしながらラジオやPodcastを聞いたり。
・食事をしながらテレビを見たり。
・学生の頃は深夜放送を聞きながら勉強したり。(勉強にはならない)

って程度ですかね。

仕事でも、頭を使わなくていい仕事の場合は、手作業をしながら頭では別の仕事の案を考えるって人もいるようですが、これは自分にはできない。

目の前の仕事の事しか考えられません。


でも今日ショックだったのは、朝顔を洗っていた時、仕事の事を考えながらいたら、一度磨いた歯磨きを、後でまた磨こうとしてしまった事。

「ながら」ができなくなってきた。



nagara.jpg


posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月22日

「100円」


普通はいくら?


昨日100円ショップで耳かきを買ってきたんです。
2本で100円。

この辺のものはほとんどが日本製ではないと思うのです。
そんな事もあって最初は恐る恐る使うのですが、案の定そ〜っと使ったにも関わらず、そのあと耳の中が痛い。

当然細かい所まで処理はしてないだろうと予想はしてたんですけどね。
先っぽを触ると削りっぱなしで、薄っぺらいまま。

早速、紙ヤスリで丁寧に削りました。

そんな訳で皆さん、100円ショップで耳かきを買ったら、まず紙ヤスリで先を磨いた方がいいですよ。

でも、これ普通に薬局とかで買ったらいくら位なんですか?
果たして得をしたのか?損をしたのか?



100en.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月21日

「一つの事だけを考えて」


バカになる事も・・。


若い頃はガムシャラに絵を描きました。
自分を高めようと思った。

人間的にどうだとか言うことではなく、ただ良い絵を描けるようになりたかっただけ。
自分はもっともっと上に行けると可能性を信じて描いてた。
だから努力できたんでしょう。

ところが人間何十年も生きて来ると、世の中の事とか自分の事とかが分かり過ぎるくら分かってきて、自分で自分の限界とか壁を作ってしまうんですね。

でもここが境目。
壁をぶち破るにはここでもう一回バカになることなんだ。

世の中あまり知らない方が良い事もある。

って、自分への励ましです。




hitotuno.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月20日

「3D」



最近3Dが流行ですが、まだ未体験です。


現在主流になってるのは専用の眼鏡をかけて、高速でシャッターをきるように左右の画像を交互に見せるってやり方ですよね。

これで、脳を騙して錯覚を起こさせるってことです。

ちょっと違いますが、自動洗車機の中に車ごと入っていると、周りの機械が移動してるのに、自分が乗ってる車が前に動いているように感じたりします。

テーマパークによくある、映像を見ながら、乗り物に乗っているように感じさせるのも、脳を騙して楽しむシステムです。

でも、これらの物って、本当に気持ちが良いか?って言うと、何か居心地の悪い部分が残るんですよね。ちょっと気持ち悪いって言うか。

たぶん、脳の「騙されても良い」と思う部分と、「なにクソ騙されてなるものか」って思う部分の葛藤があるんだと思う。だから何となくスッキリしない。

催眠術なんかも、かかり易い人の脳は、「騙されても良い」って思う気持ちが強くて、騙される事を楽しもうと思ってるんだと思います。

自分の脳は多分、現実を見ようとする方が強いような気がします。
だから、この手の乗り物に乗っても酔ったようになる。

一度3Dの映画を見てみたいけど、最後まで気分良く見る事ができるんだろうか?




3d.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月19日

「石油」


まだまだ必要なようです。


今年は特になかなか気温が上がらないんで、必要です。灯油。

外の気温が上がったとしても、この半地下の事務所にいると足下が冷えて、温風ヒーターのお世話にならなければなりません。

それに加えて、アイスランドの火山の噴火でしょう。
成層圏まで行ってるらしいから、これがまた影響して冷夏って事にならないでしょうね。

ここのところ地味にちょっとづつ毎週のように石油が値上がりしてます。
大騒ぎした頃のように一気に上がらないから、あまり話題にもなってませんが、気がつくともう130円代の所もあるようですね。

ちょっと興味が湧いたんで、このサイトで調べてみました。
http://gogo.gs/

全国のガソリンスタンドの値段比較をやってるサイトです。

見るとビックリ!
石川県内で高い所は1L 138円 
一番安い所は   1L 122円

16円も違うとは・・。

自分が入れてるスタンドは一番安いお店とは7円違いましたが、毎週土日がカード会員へのサービスデイなんで、この日に入れるとトップの価格と変わらないくらいにはなります。

それで、先週の土曜日もガソリンじゃなくて、灯油の方を入れに行ってきたんですが、20Lのタンクを4本車の後ろに積んで降ろそうとすると一つのタンクの蓋の具合が悪くて漏れてる。

下にビニールシートをひいていたから良かったものの、その臭いが消えません。
もういい加減、灯油はいいですわ。

今日は暖かくなる予報ですが、いつまで続くのか・・。




sekiyu.jpg

posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月18日

「第二の財布」



国民から集めた税金をどう使うか?


それを考えるのが政治家の仕事だと思うのですが、集めた現金をそのまま返すようなことは、仕事をやってないのと同じように思えちゃいます。

子育て支援金。

子育てって、精神的にも経済的にも負担が掛かるし、一人の人間を一人前にするのは大変な事だと思います。

でも、その反面、楽しい事もある訳ですよ。
子供に教わる事もあるし、子供と一緒に自分も成長できる。

だから、そっちの楽しい方に目を向ける事ができるように、不安な部分を取り除く事にお金を使うのが本当の政治家の仕事だと思うのですが・・。

現金を渡すってのは、本来その使い道を考えるべき政治家がその仕事を放棄したって事だと思う。

税金が、国民それぞれの「第二の財布」って言えるまでには、まだまだ時間が掛かりそうだなぁ〜。




dainino.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月17日

「穴」


こんな車貸すなよ〜。


昨日愛車を車検に出して、代車を借りてるんですが、それが軽自動車を一回り大きくした程度の小型車。

ずっと車高の高い車に乗ってると、見通しが効くしそれが当たり前になってるもんだから、急に低い目線になるとちょっと戸惑います。

それだけなら良いんだけど、ディーラーから帰るその車に乗ったとたんに、「あっ、市村さん。」って呼び止められて、「ドアの鍵穴が壊れてますね。気がつきませんでした。すみません。」そんな事を言われたのですが、まあ赤外線?のロックもあるし、いいかって思ってそのまま帰りました。

その後一旦家に帰って再び出かける事に。
有料駐車場の出口で運転席側のウインドーを開けようとスイッチを押すと、「ガタン!ガタン!」何かが落ちる音。
ドアの内側に何かが落ちてパワーウインドーが完全におりません。

辛うじて駐車券を差し込む事ができたのですが、家に着いて車を降りて見ると、キーの差し込み口がない!

その部分だけがポッカリと丸い穴が空いてます。
キーの差し込み口ごと落ちたか・・。

それだけじゃない。運転中は助手席のドアの中からもなにやら奇妙な音がしてたっけ・・。

今日の夕方には整備が終わるのですが、果たして無事に過ごせるのか・・。



hasireba.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月16日

「使う用途は違うけど」



車検です。


これでこの車を買ってから3回目の車検。

家族でキャンプに行くのに便利と思って買ったワゴンタイプの車ですが、結局この車を買う前の方が頻繁に行ってたってことになっちゃいました。

子供の年齢的なことも関係するんです。
小学校の時期は大人の都合に合わせて休んだり、時間を使ったりできるんですが、中学校あたりから部活動に時間が取られたり、親の方もいろいろ用事が増えたりで、結局この車が一番活躍したのは、上の息子二人が県外の大学に行く事になって、その引っ越しの荷物運び。

とにかくたくさん積めるから大助かりでした。
その後は両親の病院の送り迎えに大活躍。

思惑とは違ってしまいましたが、たぶんこの時期にこの車は必要だったんです。




tukau.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月15日

「根性があれば」



人の体は不思議です。


北陸に住んでて、一番良かったと思う事の一つに魚が旨いってことがあります。

だから、お寿司も旨い。
回転寿司のお店でも十分楽しめます。

そんなお店の職人さんもこうなのかどうか分かりませんが、今朝見たテレビでの話。

お寿司を握る手は体温が低い方がいいって言いますよね。
人間の体って不思議だし、すごいと思ったんです。

熟練した職人さんの手の温度を時間別に観察してました。
サーモグラフを使って。

普段の手の温度は30℃くらい。
ところが、お店に入って仕込みをやり始めると徐々に温度が下がり始めて、いざ寿司を握るって時には16℃まで下がってました。
体の体温が下がるんじゃなくて、手の温度だけが下がるんです。

俳優さんの場合も、どれだけ暑くても顔だけは汗をかかないようにできるって話もよく聞きます。

そんな事を考えると、人間って精神次第でどうにでもなるし、逆にそこが壊れてしまうとどうしよもない生き物なんだって事も分かります。

昔の日本の教育で、「根性があれば何でもできる!」って言ってた時期があって、最近ではそんな考え方は合理的ではないし、ナンセンスだって言うことになってます。

でも、本当に根性があれば何でもできるんじゃないか?って思えてきた。




konjyo.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月14日

「肩こり?」


体が進化したのか?退化したのか?


40代の頃、肩こりがひどい頃がありました。
去年も「肩こり」ってテーマでブログを書いた事もあるはず。

ひどい時期は肩どころか、背中や太ももや足の裏まで、カミサンや子供達に踏んでもらったほどです。
背中なんかは指じゃ効かないから、上に乗ってもらって、足で踏んでもらってた。

今でもそりゃ「肩を揉みましょうか?」と言われれば、喜んで「はい!」と言います。
でも、その頃に比べたら我慢できないほどではありません。
最近は、あまり意識しなくなってきました。

何でなのか?理由は分かりませんが、一つ思い当たる事は、その頃フィットネスに通っていたんです。
延べで言えば、10年くらい。
そのせいかな?

普通は運動すると血行が良くなって肩こりの解消になるはずなのに逆のパターンもあるのでしょうか。
何事もやり過ぎるといけないと言う事?

それとも年齢と共に筋肉の凝りもなくなる?

昔ほど仕事をやってない?
いや、忙しくても暇でも変わりません。

とにかく、「ねぇ。肩もんで。」って言われなくなったカミサンが一番喜んでいると思います。



katako.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月13日

「交換」


ちょっとした事がジャマ臭い。


毎朝髭を剃ります。
電動ではなく、手動です。

手動でも永遠に使えるわけではないので、替え刃の交換をしなくてはいけないのですが、替えるタイミングが分かりません。

髭はそんなに濃い方ではないので、時間はかかりませんし、どれだけ使っても、切れなくなったと思った事はないんです。
ちょっとした事なんだけど、ジャマ臭いってのもあるし・・。

だから、交換する時期ってのは気が向いた時に替えるしかありません。

歯ブラシも。
その効果を考えなければ使おうと思えば、どれだけでも使えます。
毛の先が相当広がっても、ちょっとした事がジャマ臭いからなかなか交換しません。

交換するってのは、新しくなるって事で、気持ち良い事なんだから、せっせとやれば良いのに何でできないんでしょうか?

それにしても今年の春。
寒くなったり、暑くなったり。
気持ちも、服もがなかなか切り替えができませんね。
これに関しては、早く交換したいんですけどねぇ・・。



koukan.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月12日

「魂を込めて」


ついでに「お香」を買ってみました。


100円ショップでたまに買い物をします。
どこで買っても同じような物とか、デザインはどうでも良いと思った物。

けっこういろいろな物があって楽しめますよね。
何でこれが100円で買えるの?っていった物までさまざま。

これが100円なら今までの金額はなんだったんだ・・。って思う事もありますが、何かが違うんですよね。

たぶん、その商品に込める気持ちみたいな物が軽いんだと思います。
これの正反対にあるのが職人さんが手作りで作った物。

これは「物」ではなく「作品」に変化します。

よく魂を込めるって言いますが、受け取る側もその「魂」の部分は自然と感じるんですよね。

その作品に込める魂は確実に相手に伝わります。
自分が関わってる仕事も同じこと。

「魂」を込めて、今週も頑張ろう!

ちなみに、100円ショプで買った「お香」は香りがしませんでした。




tamasi.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月11日

「期待してもいいかな」


一人だけ仲間はずれになりそう・・。


今朝もNHKの「日曜美術館」を見てました。

円空の特集で、その仏像と生涯について見聞きしながら、また一つ新鮮な空気を吸い込んだ気分でした。

でも、今日はその後のお知らせのコーナーでの話題。
上野の「国際西洋美術館」で、iPhoneやiPod touchを使ったサービスが始まったって事を紹介してました。

NHKですから、さすがに商品名は無しでの紹介でしたが、これは便利です。

前もって無料のアプリケーションをダウンロードして常設展に行けば、一つ一つの作品の解説はもちろん、それに関連するムービーまで見れてしまいます。

常設展でなければここまで詳しい解説はできないのでしょうが、企画展でも例えば、会場でWi-Fiを使って情報のみをダウンロードさせる事ができれば、どこの美術館でも解説してもらう事ができる。
技術的な事は分からないけど、そんな事って無理なんでしょうか?

そんな可能性を考えると、ますますiPhoneが欲しくなるのです。

OS4も発表されて、この夏には新商品も出るらしいから、これは換え時かな?

こんな事に興味があるのは家族の中では自分だけなんで、一人仲間はずれになりそうな今年の夏です。



kitai-de.jpg


posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記