2010年07月31日

「終わり良ければ・・」



31日です。



今日で7月も終わりですか。

夏も最終コーナーを回ったってところですかね。
そんな7月に限らなくても、月の最後の日ってのは名残惜しいようなもったいないようなそんな気持ちになります。

来年も7月はやって来るけど、2010年の7月は二度とやってはこない。

「終わり良ければ全てよし」って言いますが、7月最後の日に特別やろうとする事もなく・・・。

いや、今日から始めましょうか。
やろうとしてる事。
久々に作品づくり。

明日から8月。

「終わり良ければ全てよし」と「始まりよければ終わりよし」は繋がっているらしい。





owariyoke.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年07月30日

「ガタンゴトン」






こどもの頃、眠りにつく時間。

シーンとした暗い部屋で耳をすませると、遠くの方から聞こえる音。
「ガタゴトン、ガタゴトン」という電車の音。

この住まいから駅まではそんなに近くはありません。
でもそんな遠くから聞こえる電車の音が何だか夢の世界へのプロローグのように感じたものでした。

目に見えない電車に乗って夢の世界へ旅立ちます。
何の不安も、悩み事もなく、何も考えない時間。
そんなひと時が好きでした。

今でもその音は聞こえているんだろうか?
聞こうとしないだけなんだろうか?

聞こえる時がくるんだろうか?





gatan_go.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年07月29日

「プロの仕事」



厳しく。



毎朝歯磨きのあと、デンタルフロスで歯間の掃除もするんですが、最近ワックスで糸をコーティングしたものしか売ってないらしく、ノーマルなものがなかなか見つからないってカミさんが言ってました。

これ嫌いなんです。
ワックスが塗ってあると、滑って持ちにくい。

これ作った人達は自分で使ってみたことがあるんだろうか?

話は変わりますが、入った事のない食べ物屋さんで食事をする事もたまにあります。

これ自分達で食べたことあるんだろうか?
って思うような味のお店もあります。

当然作った本人達はいいと思って商品にしてるんでしょうけどね。

作った本人が第三者の立場に立って自分自身を評価するってのは難しいもんです。
自分の仕事もそういう自己評価ができないと良いものはできません。
自分の事ってのはついつい甘くなってしまいますからね。

でもそれができてこそプロって呼ばれるわけで・・.

自分に甘くてもいいから、作品には厳しくないとね。
って自分へのメッセージ。




purono.jpg




posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年07月28日

「優しいままで」




忘れてました。



朝食のあと、ボ〜っとしてたら外から何人もの子供の声。
橋の下にいるようで、声が響いて聞こえます。

中学生がボランティアで川のゴミ拾いをしてるらしいのです。

カミさんから「今日は浅の川が氾濫した日」って言われて初めて気がつきました。
そう、2年前の今日です。

あの時は今日と違って朝から曇り空。
たしかあの夏もなかなか雨が降らなかったような気がします。

先日の水戸のゲリラ豪雨やその他の地域の雨の降り方を見ても、またいつあんな状況になっても不思議ではないですよね。

その前にこの川が氾濫したのは50数年前。
だから当分は大丈夫なんて思えません。

2年前も地元の中学生がボランティアで被災した家々の手伝いをやってたなぁ。

今日の中学生達の声を聞いていると、楽しそうに水の中に入ってゴミを拾っている様子が想像できます。
昔のようにあまり川遊びをしなくなっちゃいましたからね。

今日の浅の川は穏やかで子供達を優しく受け入れているように見えます。




yasashii.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年07月27日

「甘くなったかな?」




同じように育てているつもりですが・・。




自分には3人の子供がいますが、一番上と一番下ではしつけ方も違ってくるようで・・。

いや、自分では変わらないつもりでいるんですが、長男に言わせると、ずいぶん甘くなったってブーイングされます。

歳がずいぶん離れているせいもあって、社会状況も変わります。

例えば携帯電話。

上の二人は高校2年の冬休みまで持たせませんでした。
人間経験が大切です。
話しにくい相手と話す事も大切。
家の電話にかければ親とも話さなくてはいけません。年上のヒトとの話し方を覚えたり、礼儀を覚えたり。

先日テレビでも言ってましたが、携帯を持って約束を守らないようになったって弊害もあるようで、待ち合わせ場所に時間通りに着かなくても携帯で「遅れるから・・。」の一言で済ます事ができます。


とにかく子供のうちはできるだけ遠回りをして、不便な思いをする事も大切と思ってるんです。

ところが、一番下は高校入学と同時に携帯を持たすことに。

時代の流れというか、しょうがない部分が多いんですよね。
もう普通にこの年齢層のコミニュケーションツールになってしまってるから、これを持ってないと友達もできない。

自分も長男ですから長男の気持ちは良く分かるんです。
でも、親って最初の子供は力が入り過ぎてしまうんですよね。

一応今でも子供のあいだではウチは厳しいウチって事になってるそうなんですけどね。

そんな一番下の子は今日から友達と旅行へ。

また長男から「甘くなったなァ〜」って言われそうですが・・。




amakuna.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年07月26日

「真面目に」




暇つぶしにちょっと見てたら・・。



結局昨日は降りませんでした。

なんだか怪しい雲が空を覆ってきたので、てっきり一雨くるのかと思ったらここ金沢は一滴も降りませんでした。

こんなに天気がいいのに、この夏はどこへも行けそうにないのは悲しい話なんですが、同じ苦しみでも仕事がなくて苦しむ事を思えば、あって苦しむ方がよほどいいのです。

どこへも行けないから見たわけでもないのですが、iPhoneのグーグルマップでこの近所を何気なく見てたら、食べ物屋さんやらちょっとした個人商店まで内容を見る事ができて、そのお店の評価まで「食ナビ」を通じてやってるんですね。

その中でウチの近所にある、某お店の評価を見てみると、かなりの辛口批評。

「味が落ちて、値段だけがバカ高くなった。」とか
「完全に観光客相手の店に落ちぶれてしまった。」とか。

自分も一度だけそのお店は行ったことがあるのですが、あまり良い印象はありませんでした。

いや、なにもこのお店の悪口を言いたくてこんな事を書いたんじゃなくてね。
怖いなァって思ったんです。

ネット時代になって、こういう情報ってアッと言う間に広まるでしょう。
改めてそんな時代なんだなぁって。

食べ物やさんって職人と同じだから、自分の仕事に誇りとコダワリがないといけません。ものづくりって一生かけてやるものですから・・.

真面目にコツコツと。
理想を追い求めて。

自分への戒めでもあります。




majimeni.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年07月25日

「雨かな?」



今日は少し曇り空



これだけ暑い日が続いても、雨の日よりも晴れの日がいいと思ってしまうのは、北陸の冬があまりにも暗くて長いせいでしょうか?

考えてみると、これだけ雨が降らなくてもいいと思えるのはとても贅沢をしてるとも言えるんですね。

一応クーラーはできるだけつけないようにしてるのですが、家の中にいれば扇風機でいくぶんはしのげるし、ノドが渇けば冷たいお茶やビールを飲める。

生死に関わる状況ではないからそんなのんきな事を言ってられるのかも知れません。

国によってはそれこそ「恵みの雨」となるわけですから。

「ざぶん賞」http://www.zabun.jp/index.htmlで会長をやってくださっている東大の月尾嘉雄さんもおっしゃってますが、地球の70%は水だけれども、ほとんどの生物が必要とする真水はほんのわずか。
その貴重な水を人間は気ままに使ってきたために不足しはじめ、すでに水を奪い合う争いが世界各地で発生しているという現実。

毎年この「ざぶん賞」で子供達の文章に絵を描かせてもらう度に環境の事を考えるのですが、また日が経てば意識が薄れます。

地球全体で考えても最近の極端な気候は温暖化の影響なんでしょうね。


もうそろそろ、一雨きてもいい頃かな?




amekana.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年07月24日

「おまじない」



つけるだけで・・.



先日のある休みの日、自分は仕事をしてたんでカミさんは一人散歩へ。

「お土産買って来たよ。」っていって渡されたのが、パワーストーンのブレスレット。
安い雑貨屋さんで買ってきたらしい。

自分の誕生石はアメジストらしいのですが、その手の事はあまり興味がなかったので初耳です。

これ本当の石なのかガラスなのかプラスチックなのか分かりませんが、色がパープル。
これ、好きな色の一つです。
「だからこの色が好きなのか?」と妙に納得して毎日つけてます。

昔こども達が転んだ時に「痛いの痛いの飛んでけ〜。」っておまじないをやったのを思い出します。

それだけで、みんな笑顔になったものでした。

このブレスレット、「身体も心も元気になあれぇ〜」って・・。
おまじないです。





omajinai.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年07月23日

「続けること」



とにかく一歩。



間 寛平さんのアースマラソンを見てると、背中に「前進」とプリントしたTシャツを着ています。

この「前進」の二文字で、今回の挑戦の意味や伝えたい事が分かる気がします。

しんどくても、止まっていたら何も変わらないし、一歩一歩は小さくても、それが確実に目標へは近づいていることになる。
たとえ目標とは違っても、どこかには必ず行けるから。

本当に辛かったらリタイヤしてもいいんです。
でも、続けてきた事をやめてしまったら、今までやってきた事がゼロになってしまう。

大抵の事は3日坊主で終わるものだけど、その中でもヒトそれぞれ続けられた事ってあると思います。
それって意地でも続けた方がいいんだと思う。
せっかくやれてこれたんだから。

こんな事を勝手に考えている第三者のことには関係なく、寛平さんは意外と楽しむ為に走っているのかも知れませんけどね。




tsuzuke.jpg


posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年07月22日

「心燃やして」




甲子園大会の地方予選、やってますね。



この炎天下で試合をやる方も応援する方も大変です。

長男が昔、中学高校と野球をやってたんで、その応援に行った事もあるんです。
高校野球は1年でやめてしまったんですけどね。

甲子園大会を見てていつも思うんですが、選手達は相当身体に負担がかかるんだろうなァって。なにもわざわざこんな暑い季節を選んで、タイトなスケジュールで試合をさせなくてもいいのに。って・・。
準々決勝くらいからはピッチャーは地獄のようなもんでしょう?連投で。
身体にいいわけがないんです。

なにかいい方法がないか考えてみても、季節的にはこの夏の前後を考えると、気候が不安定だし、秋になると台風もやって来る。
じゃあ、せめて早朝とナイターだけでやったら?と考えても、前の日ナイターでやったチームが次の試合早朝だと睡眠不足になるし。
なかなかいい考えが浮かびません。

でも考えてみると人生の中で、高校球児のように身体も心も燃焼しつくす事ってなかなかないですよね。

死にものぐるいで何かに挑戦する。
結果がどうあれ。

長い人生を考えると、どこかの時点でそんなポイントが有るのかもしれません。
今から考えると、「あぁ、あの時もう少し頑張っていたら・・。」って思うことないですか?

いや、いや。全てのヒトにとって、それが今かもしれないですよ。

そんな事を思いながら、またマイペースで一日を過ごす自分がいます。





kokor_moya.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年07月21日

「ご苦労様です」



お暑うございます。
暑中お見舞い申しあげます。



ちからイッパイ夏ですね。
これでもか!ってくらい夏ですね。

外で汗を流して働くみなさんご苦労さまです。

中で青い空がうらめしいと思いながら働くみなさんご苦労さまです。

寝苦しい夜、夜中に眠れなくて朝まで仕事をしてしまった人
ご苦労さまです。

散々日照不足とか言われた太陽さんご苦労様です。


「ご苦労様」の夏。




gokuro.jpg

posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年07月20日

「形が変わる?」



スニーカーにしとけば・・。



昨日は結局ジョギングはやめて散歩に変更。
何でかって言うと、筋肉痛が残っているのと、あまりの暑さで。

犀川付近まで行ってきました。

ところが、それだけ歩いただけで、足の裏に水ぶくれ。
普段履き慣れてると思ってる靴でもそんな事になります。

そう言えば、たまに東京へ行くと、とにかく歩かなくてはいけないんで、靴擦れになることが多いんです。
スニーカーが履ければいいんですが、仕事の話をするのにちょっと失礼かな?とも思うんで。

去年の夏も。

それまで何度となく東京へ履いて行って、靴擦れになんかならなかった慣れた靴でしたが、これまでにないほどのひどい靴擦れになりました。カカトも足の裏も。
今までそんな事がなかったのに不思議です。

足の形も日々変化してるんでしょうね。
サイズも若い頃に比べたら縮んでいるようだし。

二足の草鞋を履く(にそくのわらじをはく)ってことわざがあります。

自分はイラストの仕事をしたり、デザインの仕事をやったり。
その他商品開発を頼まれたり。

これらも自分のサイズにあった仕事をやらないと、あとで大ケガする事もあります。




katchi.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年07月19日

「本日休業」


久々にゆっくりと。


今日は仕事を一切しません。

貴重な休みです。
と言っても、もう半日終わっちゃったんですね。

昼飯食って、昼寝して、夕方にジョギングしたらもうおしまい。

あとは少しの読書とビール。

とびっきり平凡な、でもとびっきり満足な一日です。





honjitu_k.JPG
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年07月18日

「なくて七癖」



久々に走ったら今朝は全身筋肉痛。



改めて走るってのは全身の筋肉を使うのだと思い知らされます。
足全部の筋肉や足の裏はもちろん、腹筋や背筋、胸筋も少し。

ランニングマシーンでもよく走りましたが、これは実際にはそんなに筋肉は使いません。
ベルトコンベアが動いてくれるので、その上を飛び跳ねてるだけ。
有酸素運動にはなりますが、それだけの話。

実際の道を走るってのは全然違います。
自分で前に進まなくてはいけないわけですから。

昨日は気温の高さや久々ってこともあって少し短い距離で5km程度にしました。
でもキツかったなぁ。

走るフォームにも人それぞれ癖があります。
自分はどうも左足に体重をかけるのが癖なようで、走ったあとは左足の付け根や膝が痛くなります。

カバンやショルダーバッグを持つ時は必ず右手。
だから背骨が左に少し曲がってしまってるんでしょうか?
それに、昔バスケットをやってたんで、左足で踏み切ったり、それを軸足にするのが習慣になってしまったようです。

スポーツ選手ってのは、できるだけこの癖を消したほうがいいようです。
実際この左足が痛くなければ、もっと距離を稼げるわけですし、野球のピッチャーにしてもその癖で球種がバレタりしますからね。

人間個性は大切だけど、悪い癖は直したほうがいいようで・・.




nakute_na.jpg

posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

2010年07月17日

「固い」




久しぶりに。



朝から青空。これで梅雨も明けてくれるのでしょうか。

今までの天気の悪さと仕事の忙しさが重なって、走れてません。
もう3週間以上走ってないんじゃないでしょうか?

冬でもこれだけ間が空く事はなかったように思います。

せめてストレッチだけでもやれば良かったのですが、これがなかなかできない。
自分にとってストレッチは走るための準備運動だからしかたなくやってるだけですから。

どちらかと言うと嫌いなんですよ。身体が固いから。
ストレッチってのはクールダウンの為のものなのに、ある意味ジョギングそのものよりもキツイのです。

以前週に3回はフィットネスクラブに通っていた時も必ず最初と最後にはこれをやったんだけど、ぜんぜん柔らかくはならない。
毎日やったら変わるんだろうか?

これも習慣にしないとだめですね。
習慣にしようと思ったら朝がやり易いかな?

でもね、朝って一番身体が固いんですよね。
思っただけでも足の筋が痛くなる。


今日は天気も良さそうで、時間もちょっとばかし余裕を持てそうです。
久しぶりに走ろうかな。




katai_03.jpg

posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年07月16日

「個性と技術」



真似から始まります。



ものまね番組って好きでした。

今はそうでもないのですが、若い頃はその手の番組があるとよく見たものです。
いや、たまたま今朝テレビにコロッケさんが出てたんでね。

この種類の芸人さんって2種類に分かれるんですよね。
「実力派」と「パフォーマンス派」

自分は職人気質なんで、その技術に関心して「実力派」が好きだったんですけどね。

ヒトの真似をするってのはサルと人間だけですよね。
犬とかその他曲芸をする動物ってのは人間が調教して、無理矢理やらせてるだけですから。
自分の意思で真似ようとするのはサルと人間だけ。

「ものづくり」ってのも真似から始まります。
それで、真似ができるようになるって事は技術が身に付くって事で、それがある程度思うようになると、物足りなくなって、今度は個性が欲しくなる。

まれにこの順番が逆になるかたもいるようです。
個性から入って、描いていくウチに技術が身に付いてくるって人も。

これはなかなか難しい。
小学校から図工の時間で絵を習いますが、必ず点数がつけられたり、先生から指示されたり、否定されたり。
まず肯定してあげないと、個性は延びていかないから。

かえって人から絵を習わない方が天才的な画家が生まれそうな気もします。


ところで、コロッケさんって実力派でもあるし、それを超えたパフォーマーでもありますよね。今じゃ「真似」じゃなくて完全な個性派です。



kose_gi.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年07月15日

「7月のお盆」



8月は帰省した息子達が参ります。



金沢のお盆は7月です。

だから本来はお盆休みは7月にあってほしいのですが、全国的には8月がお盆休み。
暇な時はいいのですが、忙しい時はこれが不便になります。

今日中に仕上げないと〜・・。
っていう今日もお墓参りには行かなくてはいけません。

全国的に休みってことになると、世間もそれに合わせたスケジュールになるんですが、一地方の事なんてその他にに住んでるヒトは知りませんからね。

8月のお盆に行くことにしてもいいのかも知れませんが、やっぱり気が引けます。
ちゃんとご先祖さまにはご挨拶しないと。

それにしても何で7月と8月に分かれてしまったんでしょうか?
これ元々は7月が本当なんですか?
ちょと調べてみたけど分からない。
どなたかの気まぐれですか?

知ってるかたがいたら教えてください。

そんな訳で、ここら辺で仕事をしないと・・。




7_ga_bo.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年07月14日

「夏休み」



今は忙しいのですが・・。



まだまだ梅雨は明けないようですが、学生達はもうすぐ夏休みですね。
娘も友達といろいろ計画をたてているようで、楽しそうです。

「夏休み」

この文字の並びを見てるだけで、懐かしいような、ほっとするような気分になります。
社会人になってからは、それを意識することもありませんし、特にフリーになってからは、暇な時が休みってことになってしまいますから。

今じゃぁ、一年が子供の頃の夏休みくらいの長さに感じてしまいます。

これ夏だからいいんですよね。
長い冬休みってのがあっても、活動的になれません。

昔を振り返っても、特に何をしたって事はないんだけど、何も考えてないからいいんだろうなぁ。
特に小学校の頃は自然の中で汗をダラダラかいて、野生児のように遊んでたから。

それが今は長い休みがあると不安になります。
なんか仕事ないの?って。

フリーの宿命です。




natuyasumi.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年07月13日

「手品?」



どうゆう理屈?



ご覧のセロテープ。
タネもしかけもありません。

ごく普通のセロテープです。
お店で買って来てテープカッターにセットします。

そして2ヶ月間放置して下さい。
するとあ〜ら不思議、こんな姿になってしまいました。

tejina.JPG








分かりにくいですか?

右に滑らかな曲線を描いてズレていってるんです。
セロテープは長年使ってますが、この状況は初めてです。
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年07月12日

「雨」



昨日の夜中はひどい雨と風でした。



夜になってからの方が気温が上がって、夜中の外気温の表示は31℃。
雨風の音で熟睡できなかったし、このスゴイ音を聞くと、2年前のあの洪水の事を思い出します。
夜中に起きて、ブラインドの隙間から川の様子を見る。
だからよけいに眠れない。

先日七尾でも洪水被害がありましたからね。

被害を逃れたこの家でもそれだけナーバスになるんだから、被害を受けた人達はもっと眠れないかもしれないですね。

目の前に川があって、その反対側には山があって。
「とっても良い環境ですね。」ってよく言われます。
確かにそう。街にも近いし。

でも、雨が大声で叫ぶ日は「緊張」と「不安」ってやつらと一緒に時間を過ごさなければいけません。




ame.jpg











<今日のちょっと寄り道>

携帯電話に付いてるワンセグTV。
契約を解除してもテレビくらいは使えるんだろう?と思ってたら使えなくなっちゃうんですね。

iPhoneに変えました。
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記