2011年01月31日

「ちょっと待って・・」






ひゃ〜!!
昨日の夕方にもう一度雪すかしやったのに、昨日の朝よりすごいことになってる。

ブログ書く前に、取りあえず「雪すかし」やってきます。






そして・・・。

2時間かかりましたよ。
体中汗でビッショリ。
右腕も痛い。

気持ち悪いんでシャワーをして、昼飯食って、やっと事務所の机の前です。

いや〜、今年の雪は久々にスゴイわ。
これだけひどい目に会うと、雪国ってのはリスクしかないんじゃないの?
って思ってしまいます。
実際午前中はこれで潰れてしまうんですから。

本当に・・。
メリットを考えてみても、水が美味しいとか、日本海に面してるここ石川県は魚が美味しいとかあるけど、その他は何かあるんだろうか?
この疲れ果てて、太平洋側を恨めしく思う状況では何も浮かんできません。

誰か雪国で暮らすメリット教えて〜・・。




tyotto_ma.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年01月30日

「まめにしないと・・。」





雪捨て場のようですが・・。





冷えます。
積もりました。
今期一番じゃないでしょうか?

一晩で40cm以上積もったかな?
外に出してあったタオルはカチンカチンに凍っていました。
今朝事務所に入ると、冷蔵庫に入ったように冷えます。

まだ明日にかけて降るらしいですから、雪すかし(雪よけ)をしておかないと明日が怖い。

駐車場の雪よけはこまめにして置かないと車が出れなくなります。
お隣の車のスペースはこんな事になってしまいました。

どんな理由でここを空けたのかは知りませんが、その数日の間にこれだけ積もってしまっちゃぁ、もう雪が融けるまで車を入れることはできません。

雪が積もらない地域のかたは知らないと思いますが、雪よけ用のスコップって用途によっていろいろな種類があるんですよ。
これらを使い分けて、毎日せっせと汗を流してます。


そう言えばお隣さん、雪よけやってるの見たことがない。





※まだ途中です。

mameni_si_02.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年01月29日

「何処に行ってるんでしょう?」






ブリ食べてます?





今日の夜中にサッカーの決勝戦がありますね。
それで明日は早起きできないと思って体育館でのトレーニングは今日にしました。
だから少し更新が遅れてます。

ところで・・・。

ニュースなんかで「今年は大漁、価格も去年の半分くらい。」って漁業関係者の方がインタビューに答えているのをよく見かけます。
もちろんブリの話。

うちのカミさんに聞くと、いつも3カ所くらいのスーパーに行くけど石川県産とか氷見産のブリなんて全然ないってこと。
同じ会社の同僚に聞いても、同じ答えが帰ってくるらしいから本当にないんでしょう。

しかもたまにあったとしても、全然安くない。

これどうなってるんでしょうか?
地元の人間が地のものを食べることができない。

どこかで誰かが買い占めなんてやってるんじゃないでしょうね
全部他の県に取られてる?

これ本当に県内に出回ってないってことになると問題ですよね。

ブリ食べてます?




buri_tabe.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年01月28日

「面白くない話」






いつの間にかそんな歳。





痛風になってから、いろいろお酒のことや食べ物のことを調べているんですが、調べれば調べるほど何でこの病気になったのか解らなくなります。

まずお酒。
プリン体が多く含まれるものは、一番がビール。そして日本酒、ワインのような醸造酒。
少ないのは、ウイスキーや焼酎のような蒸留酒。

ウイスキーなんてビールの1/10くらいしかないんですから。

それで自分がいつも飲んでたのは第三のビール。
これも銘柄によって含有量が違うんだけど、常飲してたのはとっても低い。

次に飲んでたのは、ウイスキーや焼酎。
しかも、一週間のうち続けて4日間は飲んでないんですから。

じゃぁ食べ物は?って考えると、確かに注意が必要な食べ物は大好きなんです。
レバー、魚卵、揚げ物。
でもこんな物しょっちゅう食べる訳じゃない。
強いて言えば、うちのメニューに揚げ物は多かったかも知れませんけどね。
でも、家族でこんな病気になってるのは自分だけ。

外見も太ってはいないしなァ?
ただ、体重計に付いてる内蔵脂肪を計る数値だけは悪い。
これだけ。

・・・・・。

そう言えば同じような歳の知り合いが集まって話しても、病気の話が多くなってきたなぁ
自分がそんな歳なんだってことを忘れてた。



omosi_hana.jpg


<昨日のPhotoShopに関しての質問>

なんとなく画面を見てたら、「あっ、もしかしてこれ?」ってのがありました。
選択ツールを選ぶと出て来る上のメニューの列の中に「バウンディングボックスを表示」って書いてある所にチェックが入ってたんです。

そのチェックを外すと、無事消えました。
いろいろ作業をやってるうちに知らずに押してしまったんでしょうね。

どうもお騒がせしました。




posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年01月27日

「小指」






使わないのに汚れるものってな〜んだ?





パソコンのキーボードの話なんですけどね。

今使ってるのはボタンが白なんで、汚れるとすぐにわかります。
たまに洗剤を含ませたテッシュで拭き取ったりしてるんですが、不思議なことがあります。

普通に考えると、よく打つボタンが一番汚れると思うんだけど、ほとんど使わない一つのボタンが一番汚れが目立つんです。

どれかって言うと、(+、;、れ)の表示があるボタン。

ここって最初に指を置くと、右手の小指が乗っかる所。
そもそも小指にしてもそんなに使う指じゃないでしょ?
なのに何で汚れるんでしょうか?

でも待てよ、使わないから汚れがそのままでボタンに移るってことなんかな?
作業をするこの机の上はエンピツの芯の削りカスなんかがチラホラ落ちてますからね。

う〜ん・・?
解らない。




※ キーボード繋がりで。

どなたか教えて下さい。
PhotoShopを使ってて、たまにボタンの押し間違いで、やるつもりのない操作をやってしまうことがあります。
今それでちょっと困ってるんですが、「ビュー」のメニューをプルダウンすると「エクストラ」っていう項目がありますよね。
ここのチェックを外しても外しても、選択ツールを選ぶとオブジェクトの四隅に四角マークが出てきます。
そして「エクストラ」の項目にもチェックが入ってしまってる。
これを解除する方法を教えて下さいませんか?

直接作業に問題はないのですが、気になってしょうがないんです。
よろしくお願いします。




koyubi.jpg


posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年01月26日

「観葉植物の向こう側」






具体的には何も言えませんが・・。





どこの家にもあると思うのですが、観葉植物。

この事務所の窓際にもちっちゃな直径7cm位の鉢にコルジリネっていう植物を置いてます。
原産地がオーストラリア・東南アジアってなってるんで、決して寒い地域の植物ではありません。

いつも何気なく見てるんですが、今日の窓の外に見える雪景色とこのコルジリネ。
とっても不自然に見えます。

雪景色と熱帯植物。

このミスマッチを今更どうのこうの言うつもりはないのですが、以前読んだ本の事を思い出しました。

日本人の美意識は「点」から世界を見て、世界をもう一度「点」に戻す。
数寄屋づくりのように亭主の座から宇宙まで串刺しにする放射状の視線がある。
ってことを書いてました。

何だか難しい話になってしまいましたが簡単に言えば、縁側に例えるように、部屋の内部と外部空間とを繋ぐジョイントのような考え方があるって事です。

外国人のように内部空間と外部空間を対立的には見ていないってこと。

「その辺の空気を含んで、人であり物だと理解してる。」
とも書いてありました。

日本にはそんな独自の文化があります。
最近影が薄くなりつつあるこの国。
でも、世界を相手に日本って国が競って勝てることがまだいっぱいあると思う。







kanyo_mu.JPG
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年01月25日

「集中力ください」






すぐ他の事に気を取られて・・。





今日は雑用であちこち出かけるつもりでいたのにまた積雪。

雪すかし(雪よけ)をしないと車が出せません。
しかし、この雑用ってのがバカになりませんよね。

直接命に関わる事でもなく、仕事や趣味には関係ないけど、やらなきゃいけないこと=雑用。
そもそもこの雪すかしってのも雑用。

一生生きて行く中で、雑用に使う時間ってどれくらいあるんだろうか?

細かく考えると、出張とか、身近な打ち合わせでも、移動してる時間は雑用時間。
そう考えると、人間集中して物事ができる時間って、限られるんだなぁってつくづく思います。

集中力がある人が得をする。ってことになる。

神様、もっと集中力をください。






syutyu_ku.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年01月24日

「飽きないです。」






実物を見てるわけでもないのに・・。





iPhoneのアプリで、ニューヨークのMOMAの所蔵作品を見れるものがあるんです。
英語のソフトなんで、解説は分かりませんけどね。

これ、昨日、一昨日と時間がある毎に見てたんですが、飽きない。
一日中でも見てられます。
まだまだ数があって全部を見る事はできません。

こんな事を言うのも当たり前すぎるし、口幅ったいのですが、どれもこれも小ちゃな画面を通してでもこっちに迫って来る。

理屈じゃなくて良いものは良いんです。
何の説明もいらない。
そばに置きたいって思ってしまう。

ずいぶん昔、まだ30代の頃ニューヨークに行ったことがあります。
当然ここにも行きました。

でも、その頃と今とでは受ける印象も違うもんです。

ただ、とっても単純で、当たり前の事を改めて感じたのは、作品づくりってのは自分の想いを120%の気持ちを混めて作らなきゃいかんって事。

体裁なんてどうでも良いんです。
想いをどれだけ詰め込むことができるか。

仕事で絵を描いてると、体裁も考えないといけないんです。
自分の絵であって自分だけの物ではないから。
絵を描くことだけじゃなくて、社会人ってのはそんなもんです。

そんな社会とは別の次元で生きる人達。
とびっきりのアーティストってやっぱスゴイわ。






akinaidesu.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年01月23日

「本物になる為には・・。」





水を飲むと元に戻るのかな?




今日の午前中も「いしかわ総合スポーツセンター」でトレーニング。
ずいぶん更新が遅れました。

高校生の運動部の集団が来てたせいで、満員状態でしたが、けっこうスムーズに運動できましたよ。

毎回これをやると、すごく分かりやすい身体の変化があります。
すぐに変化が分かるんですが、何かって言うと、いつもはめてる結婚指輪がスカスカになる。

1時間半くらい運動してそのあと指輪をさわると、あら不思議、指の中をスムースに行ったり来たり。

汗で身体の水分がなくなるのか、むくみが取れるようです。

しんどい事をやっても効果があるのかないのか分からないってのは、前向きな気持ちに水をさすことになりますが、こうやって結果が分かると、積極的になれます。

でもね、すぐに結果が出ることって、たかが知れてるんですよね。
なかなか結果がでない、地味〜なことの方が大切。
これをどれだけ続けることができるか?

地味なことの方が血となり肉となる。 

本物ってのはこんなことなんかなぁ・・。






honmononi.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年01月22日

「人を幸せにする力」






続けること、やり遂げること。





寛平さん、無事達成しましたね。

昨日は生放送ずっと見てました。
リハーサルができない番組ってのは大変だなぁって思ったんですが、逆にヘタな演出はいらないのかも知れません。

「もう一周走れって言われたらどうしますか?」って質問に、

「そんなことやったら、地球に失礼や。」

そう答えたのを聞いて、こりゃやった人にしかできないコメントだと思いました。
そんなにあまいもんじゃないってことと、地球への愛。

こんな大きなことをやり遂げた人の心の中ってのはどうなんでしょうか?
もう走れないっていう寂しい気持ちが多いのか、もうこれで自由だって言う気持ちが多いのか?

どちらにしても、人間として大きく変わったことは確かでしょうね。

日本に到着してからは、沿道で「寛平ちゃんガンバッテ〜!」って叫ぶたくさんの人達に応援されて走りつづけたのを見ましたが、これは逆に寛平さんから元気や何かを授かろうとして集まってるように見えるんです。

修行僧からご利益をいただこうと集まる人達に見える。


何か大きな事をやり遂げた人には、人を元気にする力があるのかも知れません。






hitowo_ge.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年01月21日

「気持ちを上げて」





まだ1月。





先月の慌ただしさを考えると、もうとっくに終わってもいい1月なのに、まだ1月。

正月休み明けの仕事が幾つかあったのと、元旦早々痛風になったこともあって、正月に休んだ気分もなかった。
今週あたりからようやく一息つけたから、何だか今が正月休みのように思えて、ちょっと気が抜けてます。

かと言ってやらなきゃいけない事も幾つかあるんで、「ダラ〜」っとしてるわけにもいきません。

今年1年の運勢を見ると、とっても良い年なんです。
今までの苦労が実るとか、中には12年に一度の強運の年って書いてあるのもあって、ちょっと期待してるんですけどね。
良いことは信じましょう。

その中の忠告で、「早め早めの対処を・・。」っていう言葉があります。
仕事にスピードアップをってのがテーマらしいです。
時間があると思ってダラダラしてると、肝心な事が出来なくなってしまうってことでしょうか?

去年から仕事以外に自分に課した課題があります。
これ何とかやり遂げたいんです。
できるだけ早めに。

こんなことを書いてたら、「ダラ〜」っとしてた気分も少し起き上がった。






kimotiwo.jpg


posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年01月20日

「スキー遠足」






それが当たり前だったから・・。





昔、小学校の頃にスキー遠足ってのがありました。
今はもうやってないって聞いたことがあるんですが、どうなんでしょうか?
あったとしても、完全に形は変わっているんでしょうね。

学校からスキーをかついで歩いて、標高300m位の卯辰山に登ります。
リフトもないせいぜい200mくらいの坂を滑って練習するんですが、今から考えると小学生の体力でよくやったもんだって思います。

吹雪になろうが何だろうが、おかまいなし。
今のレジャーとしてのスキーとは、かけ離れたもんです。

ロッジがある訳でもなく、休憩も敷物をひいた雪の上。
今みたいに携帯カイロもないから、温かい物っていったら、水筒に入れたお茶くらい。

お昼ご飯に持って行ったおにぎりは寒さでカッチンカッチンに固まって、食べるのに苦労しました。
今の自分に同じ事をやれって言われたら、拷問みたいなもんですよ。

でもね、みんな楽しかったんだと思うんです。
嫌だった記憶がない。

それが当たり前だって思ってたから。
スキー場にリフトがあるなんて知らなかったから。

子供って、どんな状況でもそこに楽しみとか、幸せを見つけることができるからスゴイと思う。
大人になっても、これを忘れなければ苦労しないんですけどね。






skiensoku.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年01月19日

「趣味」






結局飲んじゃいました。





医者から「飲んでもいいんですよ。」って言われて、早速先週の金・土・日曜日にビールを少し飲んでみました。
結局禁酒生活も2週間しか続きませんでしたよ。

まあ、必要以上にストレスを溜める原因を作ってもしょうがないってことで、そんな言い訳にしておきましょう。
薬も一月分出されて、養生してますから。

足の痛みも全くなくなって、元気いっぱいです。
ただ、飲む量は随分減らしてますけどね。

でもこれがどんどん増えていってまた元の木阿弥にってことにはしたくない。
他にもう一つ夢中になることを作ればいいんだ。
ってことで、またギターでも始めようかと思ってます。

何がなんでも「絵」だけってのも無理がある。

ちょっとした気分転換にいつでも弾けるように事務所に置く事にしました。

しばらくは、ぎこちない音が鳴り響く。





syumi.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年01月18日

「数字で振り返る」






窓がわのコンピュータ。





もう送ってきました。
確定申告書。

毎年この時期は焦ります。
日頃ちゃんと帳簿をつけてればなんて事はないんですけどね。

半年ぶりくらいにWindowsのスイッチを入れます。
ほぼ帳簿のソフトを使うためだけに使ってるパソコン。
仕事ではMacしか使わないんで。

この時期になってようやく数字で一年を振り返ります。

数字を決まった枠の中にはめ込んでゆくといった単純作業。
普段計算問題なんてやらない脳にとっては少しの刺激にはなるでしょうか?
と言っても難しいことは全部コンピュータがやってくれるから計算問題ってよりも、指の運動にしかならないか・・?

まあ指を動かしてればなんとなく終わっていくんだから、コツコツやりましょう。

こんなに全ておまかせなのに、最後の最後で、負債と資本の数字が合わないこともあるんですよね。
理屈を分かってつけてるわけじゃないから、こんな時は困ります。
そんな時に初めて脳を使っての謎解きってことになる。

まあこんなケースも年々減ってきて、少しは帳簿の意味が分かってきたかな?

面倒な書類制作、今年も何事もなく無事終わりますように・・。





sujide.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年01月17日

「最初の一歩」






頭で考えるよりも・・。





こんな寒さが厳しい日が続くと、中でできる仕事で良かったって思うんです。
しかも、自宅で仕事ができるんですから、一歩も外に出ないって決めれば、出なくて済む。

若い時はいいんです。
寒くてもなんとか無理ができますから。

しかし歳を重ねるとどんどん温かい所が良くなって来る。
スキー場なんかよりも温泉の方が良くなって来ます。

でもね、昨日ちょっとした打ち合わせをすることになったんで、出かけることになりました。
しかも街中なんで、こんな雪の状況じゃぁ駐車場に入るのも時間がかかって大変だと思って、ゴム長履いて歩いて行く事にしました。
雪の中の散歩ですよ。

雨だと傘をささなきゃいけないけど、これだけ気温が低くて雪ならフードをかぶるだけで済みます。
歩道が雪で歩きづらいのを除けば、意外と気持ちの良いもんです。

最初の一歩なんですよね。何でも。

それがなかなかできないんだけど
その一歩が出れば意外と何でもなかったって事もある。


今日も歩こうかな?





saisyo_ipo.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年01月16日

「出かけるのやめた」






指先が、痛くて痛くて・・。






いや〜。 すごい雪です。


一晩でけっこう積もったんですが、それよりも横風がすごかったのと、気温の低さ。
現在午前10時30分ですが、気温は-1℃ 。

風が吹き込んだせいで、家の玄関先まで積雪してます。
ドアが開かないんじゃないかって思ったくらい。

外から家を見ると、まるでスキー場にあるロッジのように壁が雪で真っ白です。
でも風が強いから、木の枝には雪はほとんど積もってない。

例によって駐車場の雪すかし(雪よけ)をやったんだけど、軍手一枚じゃきついですね。
雪すかし用の手袋って売ってないんでしょうか?

水が凍みないで、防寒機能があるってやつ。
雪国限定でも作ったら売れそうな気がするんですですけどね。
もうあるのかな?

今日もトレーニングに行くつもりだったけど、これで体力使ったからや〜めた。

つかの間の晴れ間に写真を一枚。





deka_yame.JPG
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年01月15日

「立場が変わっても・・。」






もったいなから消してください。





子供の頃、使わない部屋の電気なんかを点けっぱなしにしてると、親から「もったいないから消しなさい!」って叱られたものです。

それが今は、逆に親が点けっぱなしにしている電気やテレビを消してまわる自分がいます。
立場が変わると行動も変わるものです。

個人の家単位だと無駄が気になって仕方が無いのに、国って器の中ではどうして鈍感になってしまうんでしょうか?

新しく国を動かす人達が決まりました。
何だか消費税増税にまっしぐらって感じですが、まだ全部やってないですよ。

公務員改革も、議員定数を減らすことも。

とにかく家で言う、部屋の電気を消すことから始めてください。





tatibaga.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年01月14日

「先生の言葉」






飲むべきか?飲まざるべきか?





痛風の薬がなくなったので、午前中は病院へ。

最初は骨折かと思って、診てもらったのが整形外科だったんで、再びそこで待ちます。
10時近くに着くと、老人でいっぱい。
どの科もお年寄りが多いのでしょうが、特にここは多い気がします。

でも内科や外科に比べると、さほど深刻な病気のか方はいないと思われ、たまに笑い声も聞こえます。

何年かぶりに自分が病院に来ることになって感じるのは、やっぱり健康の大切さ。

ウチの父親の様に月に何日も病院に来て、一日に幾つもの科をまわって、それだけで半日が終わってしまう。
実に時間がもったいない。

午前中のブログを書く時間が削られただけでそう思うのですから、時間が自由に使えるありがたさを感じなくてはいけません。

身体が資本。
健康あっての人生です。
いっそのこと健康オタクにでもなってやろうかと思っていたら、「お酒は飲んでもいいんですよ。」
と、お医者さんからの言葉。

逆に薬を飲んでる間は大丈夫。
って言われて、「そうかじゃあ今日ちょっと飲んでみるかな?」

そう言うこの先生も尿酸値が高いらしい。

「量を飲まなければいいんですよ。」
って言うけど、酒飲みにとっては全く飲まないことよりも難しい技です。

古典落語にもありますよね、息子と禁酒の誓いを立てて、息子がいない間に一杯だけのつもりが、もう一杯、もう一杯が続いて、ヘベレケになって。
そしたら、帰って来た息子もベロベロだったって言うオチ。

ここはカミさんにセーブしてもらうしかないかな?
でも、この落語もカミさんがダメ出しするんだけど、結局飲んでしまってるんだよなぁ〜・・・。





sansei_ko.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年01月13日

「夢の中のメニュー」






身体が肉を欲しがってる?





昨日、一杯やった夢を見ました。
いつ夢に出て来るのかな?って興味があったんですけどね。

ノンアルコールのワイン。

「まじめか!」
って自分につっこみたくなるのです。

夢の中くらい本当のワインを飲みゃあいいのに、なんでここまでノンアルコールなんだ?

どこかのレストランで、ステーキとノンアルコールのワインを注文してました。
でもここがさすが夢ですね。
ノンアルコールのはずなのに、美味しい赤ワインでした。

でもワインをノンアルコールにして、ステーキを食べたってことは、潜在的にアルコールよりも肉を食べたいってことですか?

そう言えばもう何年も焼き肉屋には行ってないなぁ。







yume_menu.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年01月12日

「写真展」

syasin_te.jpg






描くこと、撮ること。





昨日は芸術村へ「 SNAPS 高橋俊充 × 水野直樹 」 っていう写真展を見に行きました。

昔同じ事務所で働いていた 高橋俊充 氏から案内をもらったんで。

自分よりも5歳年下で、デザイナーとしても一目置かれている優秀な存在です。
その才能の豊かさは羨ましく思うのですが、そのデザイナーがカメラマンとして作品展をやってます。

昨年の2月にイタリアを旅して撮ったスナップ写真。
とっても気持ちのいい写真で、歴史と芸術とそこに生活する人がうまく融合していることを感じさせてくれました。

もうひとかたは 水野直樹さん。
この方とは面識はなかったのですが、アフリカへ家族で旅行されて撮って来た写真。

これは言うまでもなく、何よりもスケール感。

日本で暮らしている限り、絶対に味わえない世界です。
人間はアフリカで生まれたと言われます。
そんな命の源の大地を切り取って限られた四角のスペースにはめ込んで表現するのは難しいことですが、その四角の枠の外をも想像させるような写真が並びます。

そして、そこに住む動物達。

絵を描くって作業は足してゆく作業。
写真を撮るってのは余計なものを削ってゆく作業だと思う。

そんな写真展。
1月17日まで芸術村でやってます。

興味のある方はどうぞ。








shasinten01.jpg

posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記