2011年11月28日

「縁(ふち)」







装飾品として?表現として?






テレビを見ていて、そのフレームが気になったことはありません。
というか、テレビに額縁的なものがあることさえ忘れてしまうのは常に画面が動いているし、一つの世界がそこにあるからでしょうか?

ところが絵を展示する場合は、この額縁がその絵を生かしたり、落としたりするんで気にしない訳にはいかないんです。

でも、もともと絵ってのは太古の時代は伝達手段。
その後宗教絵画に見られるような壁画になって、装飾品として捉えるようになってから、額縁ってものができたんだと思うんだけど、そうなると、額縁も含めて一つの表現ってことになってしまうわけです。

それと、もう一つの意味は現実空間と絵の世界の境界線のような役目なのかな?
「絵の世界はここまで。」っていう。

でも、岡本太郎さんの語録には「キャンバスからはみ出すように絵を描け!」ってのがあったりして。
(もちろん、絵の具をはみ出して描けっていう単純なことではないのです。)

そんなことを考えると、額縁ってものがない方が書き手の意図が伝わるような気もします。

来年2月にやるグループ展は、額縁なしの30mm×30mm 厚さ19.5mmの正方形のパネルで側面が白っていう共通条件の中での表現。
5点の連作を目標にしています。

装飾品としての絵ではなくて、空間も含めての表現として展示させてもらえる気がするのですが、未だ構想中。


fuchi.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年11月21日

「テーマをつくる」







今年は全国から6,500作品の応募がありました。






今年ももうこのイベントの時期です。

「ざぶん賞」

今週、11月25(金)〜 27日(日)まで、石川四高記念文化交流館ギャラリーでやってます。
会館時間は、10:00〜18:00 最終日は17:00までです。
http://www.zabun.jp/index.html

入場無料ですので、お時間のある方は、ご覧いただけたらありがたいです。

今年はこのイベントを始めて10年目。
何か特別なことがあるわけでもなく、10周年。

仕事ではなく、オリジナルで絵を描こうと思うと、テーマづくりが一番難しいのですが、このイベントでは、子供達からテーマを与えてもらえるんで、普段自分だけでは思いつかないようなものになったりして、そこが面白かったりもするんです。

そう、オリジナルで連作なんかを描こうとするとこのテーマが肝心。
今も5連のオリジナルを描こうと思っているのですが、昨日1週間かけて、ようやくそのテーマを決めることができました。
2月に東京日本橋でのグループ展のお誘いがあったんで、それまでに描き上げなくてはいけません。

最後に展覧会をやったのはいつだろう?
自分のホームページのプロフィールを見て驚いた。
2006年の地元でのグループ展を最後に何年もやってない。

楽しみ半分、不安も半分・・。



te-ma.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年11月14日

「電話だけで」







中には逆切れする人もいて・・・。






最近なにかと電話でのセールスが普通になってます。

でもね、これ苦手なんです。

だってそうでしょう?
相手の顔も見ずに、身分もなにもわからない状態で何を信用していいか分からない。
しかもこっちの事情も無視して、土足で上がってくる感じがして、違和感を覚えます。

とっても複雑な話でも電話だけでケリをつけようとするものもあって、「客の立場に立ってみろ!」と思うのです。
そんな時は「一度こちらに来て説明してください。」ってお願いします。

先日もそんなことがあって、ウチに来てもらってんですけどね。
細かく説明を聞いて、メリットとデメリットを考えた結果、断ったってことがありました。

自分が売りたい物の事を、深く分かっていないから電話だけで良いと思い込んでしまうのか?
会社がそんな人間をわざと使っているのか?

前にも書いたことがありますが、直接人と会うことって大事です。
その場の空気を身体で感じて、相手の気持ちを汲んで。
そうすれば出て来る言葉も違ってくると思うんですけどね。


特に人にお願いごとをする時は。



denwa_da.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年11月07日

「人生の時間」







白夜は経験したことがないけれど・・・。






「自分の歳を3で割ると、それが人生を24時間とした場合の時間だ。」
ってことを聞いたことがあります。

そうなると、自分の場合、
53 ÷ 3 = 17.66・・・

夕方の5時40分くらいってことですか?
もうすぐ陽が沈むって時間です。

でもこれ、冬時間と夏時間では夕日が沈む時間も違うわけで・・。
それは誰が決めるのか?
自分自身でしかないし、自分次第。

じゃあ、どうすれば夏時間になるのか?
物事に挑戦する気持ちと、好奇心。
あとは体力かな?

今のところ、夏時間のつもりです。
だから夕暮れまではあと2時間弱はあります。


夜は夜で、楽しみもあるか・・・?

貯えがあればの話。



jinseino.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記