2012年05月28日

「生まれ変わったら」








雑用が多いと考えてしまいます。







一部の大成功者を除いて、「芸術家=貧乏」が当たり前のイメージだと思うのです。

でもこれは、創作活動をやっているから貧乏なのか?貧乏だから芸術活動ができるのか?
なんてことを考えることがあります。

もちろんその日の生活にも困って、食べるものもない状況では創作なんてできませんけどね。

人間、足りないものが多いほど工夫をするようになる。

生活状況だけでなく、例えば絵一枚描き上げても100%の満足なんてあり得ないわけです。
満足できないからまた工夫をする。

「人生=芸術」の芸術家さんは作品と人生が直結している。

先日も人間の「欲」の話をしましたが、芸術家ってのは創作活動に対しては相当「欲」が深くないと成功しないようです。
今の自分、しかもこの年齢で芸術家を目指すなんて考えられない話ですが、あと2回ほど生まれ変わって修行ができたら、そんな人生もいいのかな?と思うこのごろ。

なんだか最近雑用が多くて、仕事や絵意外のことは放棄したいと思っているとこんなことを考えてしまうんです。



uma_kawa.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記