2012年06月25日

「覚悟」







あきらめ切れない人達が日本を引っ張る。






 かく-ご【覚悟】
 ・さとること。・心構えすること。・あきらめること。

 辞書をひくと、そんなふうに書いてあります。


「さとること」はなかなかできないでしょうが、「あきらめること」はできそうな気がします。
禁煙をしてもう28年くらい経ちますが、その時もそうでした。
「この世の中にタバコなんてものはもう無いんだ。」って自分に言い聞かせた。
世の中に無いんだからあきらめるしかありません。


東日本大震災。3.11のあと、この日本を引っ張っていく人達は覚悟が必要だったんじゃないでしょうか?
いや、覚悟するチャンスでもあったはずなんです。
凡人じゃないお偉い方々だったら、「あきらめる」発想よりも「さとる」ことができたはずって思うんですけどね。
そもそも、活断層だらけのこの狭い島国に、原発をつくり続けるってことが間違ってる。

原発だけじゃない。
政治も財政もその昔の時代に戻る方向にあります。

「覚悟」すれば、大抵のことはできそうな気がします。


kakugo.jpg




<今日のちょっと寄り道>

またまたバケツ田んぼですが、その中に入れていたメダカ6匹のうちの一匹の姿が見当たりません。
この田んぼの中にはヒルが山ほどいるので、たまに割り箸で捕まえては捨てているのですが、獲っても獲っても出て来ます。
夜の間にやられちゃったかな。
        
       
        
        
    




posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年06月18日

「子供達にも読ませたい」







ストライクを投げるよりも、決め玉を持つ方が大切。






先日、荒俣 宏(著)の「0点主義」って本を注文して読んでみました。
文化放送のPodcastで紹介してて、興味を持ったもんですから。

読もうと思った一節がこれ。

材木は財になる木(財木)だからどんどん伐られてしまう。
曲がって一見使いづらそうに見える散木は伐られずに長い年月を生きて、やがて神木と呼ばれるようになった。
つまり、大器晩成という言葉に通じるように、世間的には役に立たなくても、自分の個性を失わずに伸びた木は「材」とは異なり、世俗の評価を超えた神木となる可能性がある。

そんな内容の部分です。

誰も手をつけない部分は世間的には0点だけど、ここを自分の拠点として経験や知識をたくわえれば、いつか、これが活用されるときがくるってこと。
人(他人)が無駄だと思うことでも、自分が好きならば続ける。

こんな時代だからこそ、大きく共感します。



絵を描くってことは正にこんなことなんだろうと思う。
人の為に描くんじゃなくて、好きだから描く。
結果人に評価されるかもしれないし、そうではないかもしれません。
いや、評価される必要もないんでしょうけどね。
自分のものなんですから。

イラストレーションは人(他人)の為。アートは自分の為。



kod_tati.jpg




<今日のちょっと寄り道>

毎年この梅雨の時期はジメジメして、うっとうしく思うのですが、テラスに置いたバケツ田んぼの影響で、ちょっと日照りが続くと、「雨ふらないかな?」なんて思ってしまいます。
メダカを入れてもあるんで、水温が上がったり、腐ったりしないかな?そんな心配をしたりするものですから。
こんなことで改めて水の大切さを思う、単純な自分。
      
      
      
         
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年06月11日

「バケツ田んぼ」






気になってしょうがない。





先日紹介したバケツ田んぼ。

カミさんが知人の田んぼから土までもらって来てやり始めたヤツです。
ほとんど家にいることの多い自分ですから、陽当たりを気にしてテラスに置いてあるプランターの場所を日に何度も置き換えることもあります。

そんなこんなで少しづづ成長して、葉も太く青々とけっこう稲らしくなって来ました。
そんな様子を毎日眺めていると何やら黒くて小ちゃい糸のようなものが無数に蠢いています。
よく見るとボウフラ。

こんなにたくさんのボウフラが一気に孵って蚊になることを想像しただけで、体中が痒くなります。
こりゃぁ何とかしなきゃいけない。
早速ネットで「ボウフラ 天敵」のキーワードで検索してみると、すぐに「メダカ」の文字が目についた。

そうか!ここに「メダカ」を放せばいいんだ!
幸い梅雨時で、水温が上がることもないだろうし、常に雨水は補給されるし。

昨日近くのホームセンター内のペットショップで6匹購入しました。

「さあ、たらふく食ってくれ!」
そんな想いと共に田んぼの中に放します。
「まあ、2〜3日のうちには全部食べてくれるでしょう。」
そんなふうに思っていたのですが・・。

昼前に入れて、その夕方。
気になってみて見ると、「なっ、なに!」
もうすでに一匹もボウフラの姿は見えません。
あれだけ数えきれないくらい水面を覆っていたのに、なんと言う食欲。

こうなると今度はこの方達の餌の心配をしなくてはいけません。
まだこの中には餌になるものは多少あるんでしょうけどね。

そんなことで、ますます気になることが増えたバケツ田んぼです。


baketan01.jpg

baketan02.jpg

posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年06月04日

「サプリメント」







結果が見えないと飽きるものですが・・。






毎朝サプリメントを飲みます。

毎週1〜2回は走ったり筋トレをやったりしてるので、その分の栄養補給です。
内容を見るとタンパク質だとかその他ビタミンやマグネシューム、セレン?
なんのこっちゃ分からん成分もあります。

健康体でそれほど不自由もなく生活していると、これを飲んだからと言って本当に必要なのかどうかさえ分かりません。
飲む前と後で何かが変わったかと聞かれれば、特に感じることもないですから。

強いて言えば、疲れが残らなくなったかな?って程度。
これもそう思い込んでいるだけかも知れません。

人間ってのは結果が見えて初めて努力ができたり、納得したりするもの。
毎日ちょっとづつ変わっていくものとか、実感のないものに関しては飽きてしまいます。

毎日の平凡な生活。
普通の人間の普通な生活。
よく聞く言葉です。

でも人生に飽きないってことは、それなりに山あり谷あり、刺激的で面白いってこと。

毎日地味に続けていたことが、ある日突然・・・ってこともあるかも知れない。


sapuri.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記