2012年09月03日

「おめでとう!の意味」






もう歳はとりたくないと思う一面もあるのですが・・・。





いろいろな記念日がありますが、誕生日には必ず「お誕生日おめでとう!」って言葉がもらえます。
英語ではHppy Birthbay
同じように、ハッピーを使った言葉で、A Happy New Year

Happyも「おめでとう」って意味なのは言うまでもありません。
万国共通で、誕生日には自然と「おめでとう」って言葉が飛び交います。

どうして「おめでとう」なのか?
そんなことが素朴な疑問として頭に浮かんだんで、考えてみた。

同じ「おめでとう」って意味で、Congratulationsって言葉もあります。
これを調べてみると、「本人の努力による成功を祝う表現」とあります。
誕生日にはCongratulationsって言葉は使いませんよね。

それで思ったんですけどね、毎年誕生日を迎えることができるってのは、本人の努力よりも、周りに自分を支えてくれる人や社会があるってことなんです。
今年もまたこの日を迎えることができた。
それだけ本人を支えてくれる何かを持てている。そのことに対して「おめでとう!」
つまり、家族や仲間や地球に感謝する日なんじゃないだろうか?ってね。

人は傲慢です。
ついつい自分一人の努力で生きているように思うものです。
自分以外への感謝。
それができる人と、できない人とでは、大きな差になるんじゃないだろうか?

最近あった家族の誕生日で考えたこと。


ome_imi.jpg




posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記