2012年10月29日

「石膏デッサン」






全体の形が見えるように。





高校の頃、石膏デッサンを描くのが好きでした。
デザイン科だったので、デッサン室もちゃんとあります。

木炭で描くのですが、消すのは食パン。
外が暗くなるまで夢中で描いたりすることも当たり前にあったので、お腹がすいたときなんかは、そのパンがおやつにもなって、一石二鳥でした。

ついにはトースターやジャムまで持ち込んで美味しく食べることまで考えたりして。

そのデッサン。まずは大枠から描いていくんですね。
まるで四角柱をおおまかに削り取って、彫刻をするように。
陰も最初は2分割。
その分割をエリアの中で徐々にふやして立体にします。

細かいところから書き出して、最後に枠からはみ出してしまっちゃ絵になりませんからね。

何年か前に、今の政治のシステムを壊して作り直すんだ。ってなことを言って政権を勝ち取った政党もいましたっけ。
絵に描いた餅でした。しかも、とってもヘタクソで不細工な。

次の選挙では第三の勢力が話題になりそうですが、本物の改革ができるんでしょうか?
とにかく大鉈をふるって、大枠から変えていって欲しいものです。

細かい目や口や鼻は、後で修正ができるんですから。
でも不思議と目や鼻をすぐに描きたくなっちゃうんですよね。
たぶんその形がとっても魅力的だからなんでしょう。

結局今の政府のように、形になって見えることばかりを優先して、後でバランスの悪い絵を描いてしまうってことにならないよう、願ってます。

sekkou_d.jpg



<今日のちょっと寄り道>

先日の鳥の巣。
ネットで調べると、どうやらメジロの巣のようでした。
ただ、繁殖期が5〜8月なので、もう用済みで枝から落ちたよう。
来年は小鳥をしっかり見てやる。
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記