2012年12月31日

「年の瀬」







一年、早いですね。





先週はクリスマスイブ、今日は大晦日。

毎週月曜にブログを更新しようと決めてから、今回はなんともタイミング良く両方ともイベントの前日。

年々大晦日とかお正月とか、あまり意識することがなくなって来て、それを迎える準備とか大掃除とか、煩わしい思いの方が強くなって来て。

でも大切なんですよね、一年を良かったことも悪かったことも一度リセットして、新たな気持ちで目標を持って。

そう、そんな意味で一年を振り返って見ると、今年はまあまあ自分のやりたい事もできたし、今後の目標も固まってきて、それなりに良い年だったかな。

何よりも、今年も好きな事で一年仕事をさせてもらえて来た。
その事に感謝。

「来年はどんな年になるのか?」じゃなくて「どんな年にするのか?」

もうやるべきことは決まっているんですけどね。
そこに向かってどれだけ努力できるかどうか?

周りを見ても、成功してる人ってのはちゃんとやってるんですよね。
自分にとって嫌なことにじゃなくて、好きなことを一生懸命。

そう、来年はどうやったら「好きなことがもっと好きになれるか」がテーマ。


皆様も良いお年を!



tosinose.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年12月24日

「メリークリスマス」








心落ち着く時間。







最近は益々テレビで見たい番組が減ってきて、昔は笑って見ていたバラエティーも雑音にしか聞こえなくなってきて・・・。

それが良い傾向なのか悪い傾向なのか?
老化現象なのか?

そんな中、寝る前の1時間ほどの時間は、瞑想とまではいかないまでも、好きな音楽をランダムに流して目を閉じる。
一日あったこととか、この先のこととか考えた雑多な頭の中を整理整頓する時間になってます。
心が休まるとても心地いい時間なんです。



今日はクリスマスイブ。

クリスマスってのは、そんな時間と似ているような気がします。
一年あったこと、やったことを振り返って、来年の希望に繋げる。

キリスト教徒でもないのにね、みんな魔法にかけられたように特別な一日と感じる時間。
不思議です。


今日だけは嫌なことを忘れて、温かい時間をすごしましょうか。


メリークリスマス!


merry xmas.jpg


posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2012年12月17日

「どうなる?」







生かすも殺すも・・・。






一人のアーティストがいたとします。
その才能を生かすか殺すかはプロデュースする人間に左右されます。

その個性を生かすことができるのか、その個性を理解さえしていないのか。

優秀なプロデューサーと出会えたアーティストは実力以上の感性を引き出してもらえますが、そうでない場合はその正反対。
もちろん本人の努力や才能があっての話ですけどね。

日本っていう国をプロデュースする。
それが政治家って仕事だと思います。

日本人は優秀です。この国だけの個性や秩序を持っています。
とっても誇りに思うのです。

この数十年、優秀なプロデューサーに恵まれなかっただけなんじゃないかな?
外国の方の方が日本の良さを分かっているんじゃないかと思うほどです。
いっそのこと、外国人の総理が誕生しても良いんじゃないかと思ったり・・。

ただね、この投票率の低さ。

自分を演出してくれる人を選ぶ権利があるのに、自分を生かしてくれる人を選ぶことができるのに。

もったいない。

選ぼうにも、名プロデューサーを発見できなかった?ってことでしょうか。

dounaur.jpg



<今日のちょっと寄り道>

「最後のお願いにやってまいりました。」

お願いごとをするって時は自分の力ではどうしようもない時。
政治家が有権者にお願いをしてどうするんだ。

政治家ってのは「お願い」するのではなく人を「牽引」するものだと思う。
posted by JUNICHI ICHIMURA at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年12月10日

「ストレス解消法」







一種の気分転換です。






昨日は、吹雪の中を走りました。
いや、結果的にそうなってしまったんですけどね。

走り始めも、ちらほら少し雪模様だったんだけど、なぜか「走りたい」って気分になってしまったんですね。
たまにあるんです。こんなふうにわざと厳しい状況の中に自分を置きたいっていう時が。
何なんでしょうね?怠惰な自分に「喝」を入れたくなるんでしょうか?

だんだん風も強くなって来て、追い風の時は楽なんだけど、向かい風になると身体が押さえつけられ、地面には雪が積もって進もうにも滑ってうまく走れない。雪用のシューズってあるんでしょうか?普通のもので走ったから、中までグチョグチョ。

何でこんな中を走らなくちゃいけないんだ?自分でも思うんですが、一種のストレス解消なんでしょうか?ムチャクチャをやってみたいっていう。

でも走り終わったあとは清々しい気分になれました。いつもは寒く感じるシャワーも温かい。

昔、子供の頃に泥の中でドロドロになって遊んだり、裸足で外を走り回ったり、そんなことを思い出した。

sutore.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年12月03日

「混色」








深みを出すか、鮮やかさを出すのか?







最近仕事で油絵の具を使うことになって、久しぶりに絵の具や道具を買い足したりしたのですが、油絵の具の場合その色によって値段が違います。
澄んでいて発色の良い色は値段が高くなります。
通常使う基本色的なものは安く買えます。
その差は一本が何百円から千円台まで幅があるんです。

まあ、ほとんどの場合そんなに高価な絵の具を買わなくても表現はできるんでしょうけどね。

なんでそんなに値段の差があるかと言うと、混色では出せない色があるから。
色同士を混ぜ合わせると、彩度は落ちてしまいます。
だから混色では出せない、彩度の高い色は一般的には高くなる。

じゃあ、彩度の高い色だけで一枚の絵を描けば良いのかというとそんなもんでもありません。
濁った複雑な表現も必要です。

選挙を前にして色々なパーティが混色しているようですが、どんな絵を描こうとしているのか?
イマイチよく分からない。

konsyoku.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記