2013年01月28日

「衰えても」







今日はブログの更新が遅れてしましました。






介護が必要な父親を急に病院に連れていかなくてはならなくなったから。

大抵はデイサービスで、お世話になってるんですが、木曜と日曜は一日中家にいる日なんです。
それで、丸一日家にいた翌日ってのが調子の良くないことが多いんです。
あまり刺激がないせいでしょうかね。

それで今朝もいつものようにお迎えが来て、さあ連れて行こうと思ってたら、「ドスン!」
そんな音がしたんだけど、屋根雪でも落ちたんだろうくらいに思って部屋のドアを開けたら、父親が床に倒れてる。
倒れるっていう言い方が良いのか落ちるって言い方が良いのか分かりませんが、とにかく床に寝てる。

もうこれで何回目でしょうか?
過去には鼻の骨も折ってるんですが、母親がついていても何の役にも立たない。

普通は自分が一人では歩けないことを分かっているのですが、どうも調子の悪いときは歩けるイメージが頭のどこかに残っていてそれがフッと頭を出すんでしょうね。
一人で立ち上がって何かをしようとして顔から床に落ちるんです。

今回は頭をどこかにぶつけたのではないようですが、たまたまそこにあった、殺虫剤の缶の頭に目頭をぶつけたようで、出血が・・。

バイアスピリンっていう血液を固まりにくくする薬を飲んでいるからちょっとした傷でもなかなか血が止まらないんですよ。
もうちょっと横にずれていたら、眼球に直撃だった。

幸い医者に看てもらっても「軽い切り傷です。」で終わったんで一安心なんですけどね。


自分のことを考えても、若い頃のイメージって残ってる部分ってありますよね。
毎週のように体育館で筋トレをやってるんですが、最近運動する度にどこか痛めるんです。
関節とかじゃなくて筋肉のスジとかを。

いつまでも若い頃のイメージが残っていてなかなか自分で自分を加減できない。
少しは加減してるつもりなんですが、もうちょっと年齢を考えなくちゃいけない、そんな歳になったんでしょうか?

その辺はどうしても認めたくない、もう一人の自分がいるんですよね。


otoroe.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 14:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2013年01月21日

「凛とした空気」






それぞれが主張しているようで・・。






今朝は久々に晴れ渡って気持ちがよかったんで、ちょっと裏の川側の風景を見に出てみた。

午前9:30、気温はそんなに低くはなく、でも、深呼吸をすると冷たい空気が身体を巡って、洗ってくれる様な気がします。

そんな中、真っ先に目に飛び込んで来たのが河原で餌を探している真っ黒なカラス。
その次に目についたのが、その近くに降りて来た、真っ白なコサギ。
そして目をよこに向けると、隣の庭の真っ赤なツバキ。

なんとも小気味良い色の組み合わせ。
それでしばらくそれらの様子を見てたんです。

コサギは黙々と小魚だけを狙って狩りをしています。

カラスはその辺に落ちている物全てに興味を持って突きます。

椿はと見ると、その木の下には丸ごと落ちた、いくつもの落椿がある。



幾つかの人の生き方を見るようです。

一つのことに懸ける人生。

あらゆる事に可能性を見つけようとする人生。

派手に咲いて、パッと落ちることもある。



冷たい空気と青空がそんなことを考えさせます。



rinto.JPG

posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年01月14日

「思考すること」







商品のための商品。






世界最大の家電見本市「 コンシューマー ・エレクトロニクス・ショー」ってのが、アメリカのラスベガスであったらしいですね。

どんどん時代が変わっていって、コンピュータ抜きでは家電も成り立たないようで、そんな家電を総称して「スマート家電」って言うらしいです。
先日テレビで、このイベントに参加した日本のメーカーの家電を紹介してました。

「スマート○○」ってのがたくさんある中での「スマート冷蔵庫」

なんでも、中にある食材を画像で認識して、その中で作れるメニューをコンピュータがいくつか提示してくれる。
スマートを訳すと「賢い」って意味なんだそうだけど、まあ確かに賢いですね。

でもね、とっても疑問なんです。

その他の「スマート○○」ってのにも共通するのが、人間が思考するんじゃなくてコンピュータが思考して、それを人間に指示する。

こんな調子で、どんどん人が思考することをやめていって、人が退化して、コンピュータが主導権を持つようになる?
なんだかゾッとします。

各メーカーさん達はそんな社会が素晴らしい社会だと考えているんだろうか?
日本の家電がアジアの他の国に追い抜かれて、焦りを感じてるとしか思えないんですよね。

未来、人間にとってどんな社会が幸せな社会なのか?
まずそれを示すことが大事なんじゃないのかな?
そこが日本のメーカーに欠けているんじゃないだろうか?

いろいろ選択肢とか要素とか環境があって、その中組み合わせで物事を考える。
思考するってのはとっても楽しい事なはず。
その楽しい部分をコンピュータにやってもらう必要はないよ。

自分は介護度5の父親の世話をしてますが、その「スマート○○」が、なんだか介護用の商品のようにも思えて来た。


sikou.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2013年01月07日

「暖める」







「時は金なり」だいぶ損したような・・・。






誰も使っていない部屋ってのはいざ暖めようとすると、なかなか暖まらないものです。
何日も冷え込んだままですから。

ウチにもそんな部屋があるんですけどね。

部屋を暖めようとする場合、まず壁の温度が上がらないとなかなか気温ってのは上がらないらしいですね。

六畳ほどの部屋でも、ファンヒーターをつけて1時間くらいじゃあまだ寒い。

長いお正月休みも終わって、今日から本格的に仕事ってひとが多いと思いますが、脳ミソの方もなかなか暖まらないんじゃないでしょうか。

今年はちょっと長く休み過ぎたかな?

よし!今日から急速暖房で暖める!


atata.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記