2013年03月25日

「ヘビーローテーション」






そりゃ、疲れるわ・・・。





昨日テレビで秋元康さんの話題を見ていたのですが、睡眠時間が30分しかないってことで。
事実かどうかは分かりませんが、何しろ睡眠時間が少ないってことは本当のようで。
しかし、天才的な人は脳の体力もあるんですね。

自分の場合は7時間は必要ですよ。睡眠時間。

そんな事を考えていたら、この方が作詞したヘビーローテーションって言葉が浮かんで来た。
自分にとってのヘビーローテーションって何だ?

毎日使うって意味では、仕事関係の道具とかは当然なんだけど、今一番に頭に浮かぶのはユニクロの「白Tシャツ」

下着代わりに来てるんだけど、冬はセーターやシャツを着るから表には出てこない。
だからTシャツにこだわる必要もない。
それこそ、ほとんど毎日2枚のシャツをローテーションで着てました。

だからすぐに色は悪くなるし、よりよれになるし。
見かねたカミさんが新しいのを買って来てくれたんですけどね。

でももう少し暖かくなったら、その他の絵柄がデザインされた仲間やタンクトップも出番になりますから。
少し休憩させてあげましょうか。


heavy_r.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年03月18日

「チームプレイで」







協力し合うことで、強くなってきた。






先週からの一週間で、すっかり春になちゃいましたね。

今日の金沢は朝から気温が21℃、強雨風が吹き荒れる曇り空です。

昨年、バケツ田んぼのボウフラを駆除するために買って来た、メダカ君達はその後バケツに入れっぱなしで、ほとんど世話らしい世話もせずにいたのに、数匹の犠牲はあったものの、ついに一冬を越しましたよ。

大したもんですね。

それに比べたら、人間のなんとヒヨワなことか。
彼や彼女?達は、集団でいるにしても、協力し合うことはできません。
所詮は一匹一匹の一生。

人間は協力し合わないと生きてはいけません。

自分一人が生きて行く中で、どれだけの人の世話になっているのか?なんてことを考えると、とってもありがたいって気持ちになって来るんです。

そんなことをなかなか始まらないWBCの中継を8時半から見ながら書いてるんですけどね。
日本の野球もチームプレイで繋ぐ野球。
それでここまで勝ち上がって来た。

たぶん今日も勝ってくれるでしょう。

現在午前9時45分。
あっ、ようやく始まりそうです。



teamplay.jpg


posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2013年03月11日

「自分を作ってるもの」







続けて来たことは簡単には変わらない。






20年以上、腕時計は身につけていませんでした。

何がきっかけだったかと考えてみると、携帯電話を持つようになった頃からだと思います。
時計がなくても時間が分かるから。

それと、1分1秒を気にするような時間にシビアな仕事ではないってことと、作業がメインの仕事ってこともあると思います。
手に何かを付けるってのも作業の邪魔になって煩わしいってこともあるかな?

それがつい最近、久々にまた腕時計を着けることにしたんです。

最近は馬鹿みたいに安くて、デザインの面白いのがあるんですね。

ず〜っと無くても良かったんですが、ちょっとした時に時間が分かると良いってことがあるんですよね。

それで着けてはみたものの、時計を持ってることを忘れてしまって、家の中の時計を見るとか、携帯を見ることの多いこと。

携帯と言えば、これもカメラが付いてることを完全に忘れてるから、撮っときゃぁ良かったのに・・・、ってことがしょっちゅう。

最初に携帯を持った頃は、カメラなんて付いてませんでしたから。
これも習慣なんですね。

こんな事に限らず、長年積み重ねて来たことって、そう簡単には変えれない。
だからこそ、今まで続けてこれた事ってのは大切にしなけりゃぁいけないんだなぁ〜。

悪い習慣も善い習慣もそれが自分って人間を作ってる。


jibu_tsu.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 08:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年03月04日

「冬>春」








気持ち良さに浸ってる暇はないか・・・?







今日の金沢は朝からとっても良い天気です。
快晴かな?

ちょっとですが、春に近づいたように感じます。

朝ご飯の時間も真っ暗だった頃に比べると、ずいぶん明るくなってきました。


もう55年以上、同じように春を迎えていますが、こんな風に微かな春の息吹が感じられるこの時期はいいですね。

100%春になってしまって暖かさや華やかさを満喫するのも良いのですが、この「ちょっと感じる」とか、「予感」とか、「隠し味」とか、隠れているものを掘り出すような感覚ってのが好きです。

なにせ戌年ですから。

絵の表現もデザインも、ストレートに表現するよりも、大事な骨や肉は土の中に埋めて表現したい。
自分はそんなタイプです。

前にも書いたように、この世界に入った頃はリアルイラストレーションが好きで描いていました。
写真のように見えるイラスト。

でも、リンゴを表現するのに、リンゴをリアルに描くのは嫌でした。
例えば、それを表現するなら、真っ赤な色ベタの中央に小さくそのかじった歯形の部分だけを描くとか、種と木を描くとか。

まあ、そんなようなことです。

リンゴがそこにあると「あぁ、リンゴか。」で終わってしまうのですが、そこに一瞬で分からないものがあると、見た人は考えます。
その考える時間が大切なんだと思う。

そこに制作者と見た側との間にコミュニケーションが生まれると思うんですよ。

もちろん自分が見る側に立っても同じ事。

だからその感じる微かなことを大切にしたいんです。


今日はとっても良い天気。
冬と春が交じり合ってます。
ちょっとそれを感じに散歩でもしたいんですが、プライベートも仕事にも、そんな余裕はないかな?


haru_fuyu.JPG
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記