2013年03月04日

「冬>春」








気持ち良さに浸ってる暇はないか・・・?







今日の金沢は朝からとっても良い天気です。
快晴かな?

ちょっとですが、春に近づいたように感じます。

朝ご飯の時間も真っ暗だった頃に比べると、ずいぶん明るくなってきました。


もう55年以上、同じように春を迎えていますが、こんな風に微かな春の息吹が感じられるこの時期はいいですね。

100%春になってしまって暖かさや華やかさを満喫するのも良いのですが、この「ちょっと感じる」とか、「予感」とか、「隠し味」とか、隠れているものを掘り出すような感覚ってのが好きです。

なにせ戌年ですから。

絵の表現もデザインも、ストレートに表現するよりも、大事な骨や肉は土の中に埋めて表現したい。
自分はそんなタイプです。

前にも書いたように、この世界に入った頃はリアルイラストレーションが好きで描いていました。
写真のように見えるイラスト。

でも、リンゴを表現するのに、リンゴをリアルに描くのは嫌でした。
例えば、それを表現するなら、真っ赤な色ベタの中央に小さくそのかじった歯形の部分だけを描くとか、種と木を描くとか。

まあ、そんなようなことです。

リンゴがそこにあると「あぁ、リンゴか。」で終わってしまうのですが、そこに一瞬で分からないものがあると、見た人は考えます。
その考える時間が大切なんだと思う。

そこに制作者と見た側との間にコミュニケーションが生まれると思うんですよ。

もちろん自分が見る側に立っても同じ事。

だからその感じる微かなことを大切にしたいんです。


今日はとっても良い天気。
冬と春が交じり合ってます。
ちょっとそれを感じに散歩でもしたいんですが、プライベートも仕事にも、そんな余裕はないかな?


haru_fuyu.JPG
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記