2013年09月30日

「常用字解」






痛みを堪えて書く事でもないんですが・・・。






1月ほど前から腰痛が治らなくて困ってます。

特にジョギングをやった次の日が激しく痛むんですが、何日かするとその痛みも軽くなるんで、放っておく。
そして、またジョギングをやると痛む。

その繰り返しなんですけどね。

でも、余りにも治りが悪いんで、医者でレントゲン検査をやってはみても、どこも悪いところはない。
医者曰く、「関節炎でしょう。あまり負担をかけないようにすれば治ると思いますよ」


「腰痛」


「常用字解」って辞典でその漢字の成り立ちを調べてみた。

まず、「腰」

これは皆さん想像が付くんですが、つきへんは置いといて、要の方。
上は腰骨の形を表してるそうですね。
それで、女子は腰骨が発達しやすいので、下を女の形にしたらしい。


次は「痛」

「甬」は手桶の形で、筒型で空洞のものであるから、滞ることなく通じるの意味があるらしい。

痛の「やまいだれ」の部分は病気で寝ている人を表してるそうで、
どこをどう見たらそう見えるのか?よく解りませんが・・。

病気になって、激しい痛みが全身を通り抜けることを「痛」って言うらしいんですね。
徹底的にって意味もあるらしいんで、徹底的に酒を飲む「痛飲」てな言葉もある。
文字だけ見ると痛がって酒を飲むのかと、無知な自分なんかは思ってしまう。

こんな ”カンジ” で ”かんじ” を見ると、面白いのです。

そんなことよりも、「腰痛」早く治ってほしい。


jyo_ji.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年09月23日

「10年」







1年に50枚ってことですか?





仕事用のオリジナル封筒が無くなってしまったんで、新たに作ることにしました。
ほとんどが請求書を送る為のものなんですけどね。

邪魔臭いから前回と同じデータで作ってもらおうと思ったら、パソコンにあるはずのデータが見つからない。
印刷会社にデータが残ってないか確認してもらったんだけど。

「市村さん。前に印刷したのは10年前だから残ってないですよ。」
そんな返事が。

毎回500枚を印刷してもらうんだけど、10年か・・・。

10年前は何をやってたのか?って考えた。
同時に10年後はどうなってるんだろう?
ってことも考えた。

10年を待たずに試したいことは頭の中にいろいろあるんだけど、実際作業に取りかかると思うようにならないから行き詰まる。
でもその壁の一つを最近やっと破ることができた。かな?
その内また壁が現れるんでしょうけどね。

今からの10年、いや5年かな?その後の人生を左右することになるんでしょうから、とにかく一年一年を大切に使わないと。
フリーランスの厳しいところです。

10年後は請求書用の封筒を、印刷しなくても仕事ができる環境にいたいもんだ。
もちろん良い意味で。


10nen.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年09月16日

「一服」







いい香りが家中に広がる。





手間をかける。

特別なことで無い限り、世の中その逆に手間をかけなくても良い方向に動きます。

何でもほどほどで良いと思うから、ベストなものよりも便利な物や事を選んでしまうのは仕方が無いんですけどね。

10年ぶり位でしょうか?
またコーヒーを豆から挽いて、ドリップで飲むようになりました。

豆挽きも電動じゃなくて、手動のグルグルまわす、クラシックなやつ。
その形が気に入って、昔に買ったもの。

一服のお茶(コーヒー)を飲むために、時間をかける。

休憩することを「一服しようか」って言いますが、仕事で混乱した頭の中を一旦リセットしたり、何かの区切りをつけるのには心を落ち着けてお茶を入れることに集中するのもいいんじゃない?
って思った。
いや、インスタントコーヒーにお湯を入れて飲むだけじゃぁ、一服にはならないんじゃないかってね。

手で豆を挽いて「ゴリゴリ」する。
その感触も良いもんです。

それと、何よりもコーヒーが美味しい!
この味を忘れてた。


ippuku.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年09月09日

「元気がでる」







小学校2年生の頃だったと思います。





家のテレビはまだモノクロ。
比較的裕福な同級生の家にあったカラーテレビを感動して見ていた記憶があります。

東京オリンピックの開会式。

どちらかと言うと、テレビに色が付いている事の方に興味があったのかもしれないですけどね。

当時は戦後20年で、復興した東京を世界にアピールした大会。
今回もと言っていいのかどうか、大震災からの復興をアピールできるような大会になればいいと思うのですが・・・。

あと7年。
日本はどうなっているんでしょうね。

開会式が7月の予定らしいのですが、このところの異常気象を考えると、やっぱり統計的に晴れの日が多くて気候が安定した10月10日にした方がいいと思うのです。
なんでわざわざ、クソ暑い7月なんかにするのか?

噂によると、スポンサーの意向があるようで。
つまり、夏の暑い時期の方が飲料水の需要が延びるってことですよ。
本当だとしたら、とんでもない話なんですけどね。

ただ、東京にオリンピックが来る。
そのことだけで、なんだか元気が出るような気がします。

2020年。
その頃には自分も60歳超えかァ・・・。


genki_de.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 07:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2013年09月02日

「禅」







眠ってしまっちゃァいけないようです。






最近「禅」の考え方に興味を持って、図書館で本を何冊か借りて読みました。

心が不安定なんでしょうね。
この手の物に興味を抱くってのは。

でも、その本を読んでも、特別なことが描いてあるわけでもない。
こっちも55年以上生きてるから、それなりの事は考えるし、ほとんどが普段から思っていること。

ただ、「それ実行できてるか?」って言われると答えようがない。

例えば、過去も未来もない、今この一分一秒が大切なんだという考え方。
過ぎてしまったことを悔やんでも仕方が無い。
これから起きるかどうか分からないことを心配しても仕方が無い。

本当にそうなんですよね。
そんなことは分かっちゃいるんだけど、それがなかなかできないのが人間ってもんです。

ただ、座禅はいいです。

本に習って、素人なりにちょこちょこやってるんですが、頭がスッキリします。

もちろん、心を「無」になんてなれません。
何も考えないことを考えてしまいます。
姿勢もしっくりしません。
途中で動きたくなります。
腹式呼吸にも慣れません。

たった20分の時間ですが、こんなもんです。

でも本を読むと、この姿勢も理にかなっていることがよく分かります。
椅子に座ってや、立ってやる座禅もあるらしいですね。

瞑想と、うたた寝の違いもよく分かりませんが、現実からトリップできるような感覚も味わうことができるんでしょうか?

そんな事も考えながら、今朝も座禅。


zen.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記