2014年01月27日

「テーマが・・」







20代の頃はワンシーズンに20日以上スキー場に行ってたのに。






毎回このブログを続けているのは、文章を書くのが目的ではなく、そこに入れるカットを描くのが目的なんです。
だから誰か替わりに文章を書いてもらえればありがたいのですが、そんな奇特な方がいるわけでもなく、今日も自分で書くしかないのです。
そころがどうもそのテーマが思いつかない。

「ものづくり」には自分から出す事と自分の中に入れる事の両方が必要です。
ブログのテーマさえ浮かばないってのは、入れる事が疎かになってる証拠なんでしょうね。

全てにおいて、余裕がないのかも知れません。
そう言えば、歳のせいで涙もろくなって泣くことはあっても、本当に感動して泣いたり笑ったり、高揚することって最近ははあまりないなぁ〜・・。

心への刺激を求めて、身も心も視線を外へ向ける必要があるようです。
どうも冬は隠りがちになってしまう。


thema.jpg



posted by JUNICHI ICHIMURA at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年01月20日

「200」







嫌なことは後回しになるもので・・。





定期的に運動は続けているものの、始める前に血圧を計ることは全然しなかったんです。
高血圧なのは分かっているし、その数字を見て神経質になるのも嫌だったから。

でも、ちょっとした事情で、今年からカミさんと2人で2ヶ月間だけ民間のフィットネスジムへ通うことになって、そこのマニュアル通り運動前に血圧を計ることに。

我ながらその数字を見て驚いた。
「200」
にっ、にひゃく?!

自分では何の自覚症状も無いし、いたって普通。
担当者も「大丈夫ですか?」って言うけど、大丈夫なんです。

その後筋トレをやって、30分間有酸素運動やって、終了時に計ると「180」

それでもこの数字か?!

二日後にやってもまた200越え。
流石にこの数字を二回続けて見ると精神的にこたえるのか、身体がしんどくなって来た。

振り返ってみると、年末年始と調子に乗ってお酒を結構飲んだし、昼食はカップラーメンが多かったし、小腹が空いたらチョコチョコとスナック菓子つまんでたなぁ〜。

早速食事療法。
きるだけ塩分を控えて、お酒も禁止。昼食も独自のメニューでゴマとかつお節を使い、塩分は味付け海苔のみ。

3日くらいで、寝起きの数字が135くらい。
運動前の数字が150くらいに下がりました。

でもこれは気を抜けないですよ。
ず〜っと続けないと。

こんな時に限って、仕事も忙しいし、おまけに一年間さぼった帳簿付けも。
確定申告の季節ですね。

寝不足と、ストレスでまた血圧が上がりそうです。


200.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 14:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2014年01月13日

「ユニフォーム」







美しく見せるのもスポーツ。





最近たまたまつけたテレビで、バスケットの試合を何回か見ることがありました。

自分も学生の頃、バスケット部に所属していた事もあるんで、見てるとまたやってみたいとも思うのですが、身体が言う事を聞かないでしょうね。
それとバスケットのルールって年々変わっていくからよく分からないこともあったりして。

それで昨日、TOYOTAとENEOSの女子の試合をチョコッと見てたんですけどね。

気になったのがそのユニフォーム。

大抵のスポーツは男子のスポーツとして始まることが多いと思うんで、ユニフォームも男子のものが基本となって、女子にも受け継がれることになると思うのです。

バスケットもその流れでの女子のユニフォームなんですね。

でもね、これ自分だけでしょうか?
カッコ良く見えないんですよ。

自分たちがやってた昔は、サッカーもバスケもパンツの長さは今の女の子が街で着てるホットパンツ位の短さだったんです。
それが良いとは言わないし、今考えると少しキモイけど、今のバスケットのそれは膝の下まである長さのパンツ。
シャツも余裕を持ったルーズな感じ。

男子が着るとカッコ良く見えるものでも、そのまま女子が着ると決してカッコ良くは見えないと思うんだけどなァ?
そうそう、男もののスーツをそのまま女の子が着たような感じ。

男と女じゃぁ体のラインが違うんだから。

これ誰かバスケットの女子用ユニフォームのデザインを考える人はいないんでしょうかね?
他のスポーツはそれなりに男子と女子のそれは違ってると思うのですが。


そんな他人から見たらどうでも良いことをいろいろ考えるのですが、気が付いたらそんな事が習慣になってた。
当たり前に思われてることを「?」って考える癖っていうか。

そんなたわいのない自分の話は別にしても、
昔読んだ、横尾忠則さんの著書の中で言ってたこと。
「アートとは、自分の中に問題意識を作り出して、その答えを探すこと。」
うる覚えだけど、そんなことをおっしゃっていたように記憶しています。

これってとっても大切なことだと思うし、創作活動のヒントにもなると思うのですよ。
つねに頭の中に「?」マークを置きながら物事を見るってこと。

yunif.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年01月06日

「お守り」






あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。





毎年、初詣では家族人数分のお守りを買うのですが、カミさんから
「夢叶守?幸せ守?」どっち?と聞かれて、迷った。

とっても哲学的な質問ですよね。

夢が叶うことが幸せとも言えるし、幸せだと思えることで夢が叶ったことになるとも言えるし・・・。
はてさて?この歳になって改めて自分の「夢」ってなんだろう?と考えた。

若い頃は、メジャーな会社の広告を自分のイラストで飾ることが夢だったりもしたし、他人に負けたくないなどとも思ったものです。
負け犬の遠吠えのように聞こえるかも知れませんが、ずいぶん前からそのことに関してはどうでもよくなってきた。
他人との競争も興味がないし、自分探しで精一杯。

今興味があるのは自分の「美しい」って何だ?自分が心から楽しめる「絵」って何だ?ってこと。
こんなことを頭で考えてるうちは駄目なんですけどね。

そう言う意味では、「自分らしい「絵」を探求し、一生描き続けることができますように」ってことが夢になったのかも知れません。
このブログのカットも昨年12月からコンピュータでの作画をやめて、100%手描きに替えました。


これはイラストレーター失格ですかね。
人の為に絵を描くことよりも、自分の為に絵を描くことの方が楽しく思えるんですから。

で、どっちのお守りを買ってもらったかって言うと、「夢叶守」
考える暇もなく、とっさに答えてしまったんだけど、今日考えたことを総合すると「幸せ守」の方が良かったのかな?と思うのです。

さあ、今年も始まりました。
仕事も頑張ろう!


omamori.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記