2014年03月17日

「朝の空気」








気持ちのいい朝です。







お日様があたる所にいると、上着はいりません。
ようやく春?でしょうかね。

2年ほど続いた父親の介護も、昨年の暮れあたりからほとんど施設に預けっぱなしになってしまったので、以前に比べれば随分楽をさせてもらってます。
もう一歩も歩けなくなってしまったんでね。

ただ、母親の方も以前から難病を幾つか抱えていて、若干の介護が必要なので少々時間が取られたりもするのですが。

どうして次から次とこの歳になって面倒なことばかりが、と思うのですが、人生良い事も悪いこともプラスマイナス0。
自分が若い頃によほど楽をして過ごしてしまったってことなんでしょう。
試練のノルマを神様から与えられてるんですね。

独身で一生を終わる人は前世では相当苦労した人。
だから今世ではご褒美に楽をさせてもらっているなんて笑い話もありますから。

人生、棺桶に足を突っ込むまでが修行だと思えば、こんな一日一日が自分という人間を作っていく。
そう感謝すべきなんでしょうね。


河原をぶらり散歩します。
寒さの後の明るい光、そんな光の中で深呼吸するだけで、幸せな気持ちをもらえたりもします。




*なんでこんな話になったかって言うと、
たまたまBGMが讃美歌やバロック音楽だったから。
音には影響されますねぇ。


asa_ku.jpg

   
posted by JUNICHI ICHIMURA at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記