2014年03月31日

「梅の橋のロケ」

ume_hasi.jpg






川シモの話です。






先日、近所の梅の橋でドラマのロケをやってました。
この場所は金沢ロケでは人気の場所なので、年に数回は見物することがあり、特に珍しいことではありません。

61年前(昭和28年)の大洪水で、目の前の天神橋もこの梅の橋もその他多くの橋が流された。
その後、天神橋は現在のアーチ型の近代的な橋に生まれ変わったのですが、梅の橋はその後何年も架け替えられることはありませんでした。

だから、映画の撮影なんかでもすぐ目の前の天神橋で撮影されることが多かった。
でも、昭和53年に現在の橋として梅の橋が復元されてからは、やはり昔ながらの趣きがあるんで、天神橋での撮影は殆どなくなってしまいました。

梅の橋はその昔、東の廓に旦那衆が通うために作られたと聞いたことがあります。
そんな話を聞くと、とっても色っぽい橋に見えますよね。

ところで、その梅の橋でのロケですが、いったい誰が来てるんだろう?
と、カミさんと見学してたんですが、遠目にしか見ることができなかったんで、誰だかハッキリは分からない。
「う〜ん。三宅裕司にしか見えんなァ」って言って、もう一度良く見ると本当に三宅裕司だった。
刑事の役なんでしょうか?ベージュのロングコートを着て、その背景にはパトカーや制服姿の警官の役者も。

そんなドラマは見たことがないのですが、きっとやってるんでしょうね。

三宅裕司さんと言えば、その奥さんの失敗談と言うか、言い間違いが有名なのですが、本当に天然なんですね。
知り合いの奥さん達と話していて、自分の旦那を紹介するのに、「あそこ立っているのがウチの主人です」って言うところを「アソコ立っているのがウチの主人です」って言ってしまったエピソードは何度聞いても笑ってしまいます。

当時の色っぽい梅の橋と、この話。
合っているような、どうでも良いような・・・。


umenohasi.jpg
  
  
  
  
  
posted by JUNICHI ICHIMURA at 14:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記