2015年02月23日

「身軽に」








筋肉痛ってのは何で起るのか?






一つの説としては、激しい運動によって、筋肉組織が傷ついて、それを回復する時の痛みだと言います。

冬の間の北陸は天候が悪いので、習慣にしているジョギングはほとんどできません。
ですが、先週の土曜とその翌日の日曜は久々に気温も高く、雨も雪も降らなかったので、走ったんですよ。

それで改めて不思議に思ったのは、自分は必ずと言っていいほど筋肉痛になるのですが、カミさんは筋肉痛になったことがないんです。

同じ距離、同じ速度で走っても、それは変わりません。

どう考えても理由が分からないのですが、一つ頭に浮かぶことは、付加の差じゃないかと。
つまり、体重の差。

重いものを背負って走るのと、軽いものとの差なのかな?
長距離を走ろうと思ったら、体重は軽いに越したことはない。

特に年を重ねるに連れて、重い物を背負うのはキツイのです。

自分にとって何が必要で、何が必要ないのか?
何が一番大切なのか?

できるだけ身軽にしたいものですが、現実はなかなかそうは行かない。

migaruni.jpg

picture book_cm.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年02月16日

「人は自然から作られる」





NHKの朝ドラ、毎回見てます。




同じくご覧の方は、説明する必要もないのですが、なかなか幸せ感が伝わる展開にならなくて、ため息ばかりの15分間です。

倒産寸前のウイスキー工場を軍が全て買い取る事で助かったのですが、「品質はどうでも良いから、とにかく量を作れ!」なんて言われるんですよね。

これ、自分に置き換えてみるんです。

「イラストがうまいとか、ヘタとか、どうでも良いから、とにかく量を描いてくれ!」
生活は安定するけど、物作りに関わる人間にとっては悲しみしかありません。

しかし、経営者の立場では笑みが溢れる話です。

長年同じことを続けると、自然からもその人間は形作られていく。
そんな事を言っていた方がおられます。

物書きは物書きの脳や考え方に人として作られて行くし、肉体労働を続けていると、その作業に合った身体になって行く。それは周りから与えらるものだし、自然から作られるものであるって事です。

物作りを目指す人間は、常に限界を越えてより良いものを作ろうとするのが普通だと思うのですが、いい加減なもので良いとなると、その人間も成長が止まってしまうのです。

会社を経営することと職人の両方をやる事は正反対の事を同時にやらなくちゃいけないってことになります。

サントリーとニッカ。

そこが、分かれ目だったんですね。

shizen_tuku.jpg

picture book_cm.jpg


posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年02月09日

「チョコレート」




毎年のこの話題です。



年々形を変えて来るバレンタインデー。

本命チョコ、友チョコ、義理チョコ、自分チョコ、逆バレンタインデー。
面白いようにその意味がどんどん変わって行って、本来の「甘い告白の日」なんてどうでも良くなってしまった、このイベントです。

何年か前にこのブログで、そのうちバレンタインデーって、「チョコレートの日」になってしまうって書いたことがありますが、本当にそうなってしまいましたね。

今朝、テレビで聞いた話です。
今まで、義理チョコってのがありました。
これがとっても嫌いだったのですが、さらにその下のランクと言ってもいいでしょう。
「義務チョコ」って、種類分けがあるらしい。

これはマスコミが勝手に作ったものなのかどうか分かりませんが、「義理」の中に「義務」も含まれているのでしょうね。

そもそも、人に物を贈るのに、本当は贈りたくないって気持ちが入っているのが、腹立たしい。

毎年のように書いているのですが、今年も言います。
「若い小さな恋心を応援する日」であって欲しいと、オジサンは思うのです。

こんなことを毎年書いている自分ですが、チョコレートは大好きです。
毎日コーヒーのお供に食べてますから。

先日も、ある方へお詫びの品として、チョコレートに手紙を添えて贈ったところです。
あれだけ美味しそうなのが沢山並んでいると、贈りたくもなるし、食べたくもなるか・・・。

チョコに罪はない。


cyoko.jpg

picture book_cm.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年02月02日

「使命」






無宗教ではありますが・・。





人は使命を持って生まれて来ると思っています。
じゃぁ、自分の使命は何か?と、問われても答えようがないし、自分が世の中の役に立ってるとは思えないのですが。

しかし、不幸にも早くにあちらの世界へ旅立たれる人は、恐らく次のミッションが待っているのでしょうね。
それだけ神様なのか、仏様なのか分かりませんが、天から多くの仕事を任されるということは、魂の位が高い人なのかも知れません。

無宗教の自分の想像なんですけどね。

でも、輪廻転生って考え方は信じてしまいます。
長くても、80年やそこらで、終わってしまう人生だけじゃ寂しいじゃないですか。

次の人生もある。だから次のために、今の人生を充実させたいとも思う。

普通は自分の事だけで精一杯の人生です。
でも、人を助ける為に自ら命を捧げる人がいます。

どうか次の人生は、違った生き方を与えて欲しいと思うのです。
できますよね。神様。

shimei.jpg

picture book_cm.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 14:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記