2017年08月21日

「 夕涼み 」






この時間があれば、何もいらない





祖父は、夏の暑い夜は決まって天神橋の上で夕涼みをしていました。
折りたたみ式のサマーベッドを持参して。
当時は家庭にクーラーなんてものはまだまだ普及してないし、涼を求めてたくさんの人が同じ様に集まっていた。
当時小学生だった自分は、よくイビキをかいて寝ている爺さんを 迎えに行ったものです。

父親は、音楽を聴くのが好きでした。
レコードプレイヤーに内蔵されたスピーカーから聴こえるなんとも貧相な音を楽しんでいたのですが、そのうちに自分の小遣いを貯めて、真空管のステレオを買ったり、オープンリールの2チャンネルのレコーダーを買ったり。
これらは自分も結婚するまで、よく使わせてもらいました。

それで今、自分は何をしているかと言うと、夕食後にテラスで涼風を感じながら、Bluetoothのスピーカーから流れる音楽を楽しんでる。
これがささやかな至福の時間です。

この時間があれば、何もいらないとさえ思ってしまう。
血は繋がっているのです。

しかしこのところの風は涼し過ぎて、短パンとTシャツだけでは長居出来なくなって来た。

一番好きな季節が終わろうとしています。



yusuzumi.jpg

mizutama_cm02.jpg
gob_cm02.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記