2017年10月17日

「 朝の散歩 29_1017 」






幼かったころ

迷路のような この町の夜が 怖かった

いくつもの 小路から

妖怪が 顔を出すような 気がした

時が経ち 大勢の観光客が 押し寄せる

妖怪達は 逃げ出した





sa_29_1017.jpg
ー金沢 東茶屋街ー(AM.7:10)
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月16日

「 修理が・・・」







プリンターが壊れた。





機械物には修理期限があることは分かっているのですが、それにしても短すぎませんか?

当然治るものと思って、手配しようとネットで調べてたら、使ってる機種のナンバーが見当たらない。
おかしい。何で無いんだと思って何度も手順を追って調べ直しても見当たらない。
回り回って、行き着いた先が、「この製品のメンテナンスは終了しました。」

「ガ~ン」

多分、プリンターヘッドを交換すれば治るんです。
複合機だから、その他のスキャナーやFAX機能は使えるのに。

もったい無い話です。
早速新しいものを買うことにしたんですけどね。

車にしてもそう。
もう13年以上同じ車に乗っているのですが、13年以降は税金が上がるんですね。

この国では、物を大切に使うと損をするらしい。
逆に大切に乗った分、税金は下げてもいいくらいなもんでしょう?

「もったいない」の精神は、何処に行ったのか?



shyuri.jpg

mizutama_cm02.jpg
gob_cm02.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月13日

「 朝の散歩 29_1013 」






南風 から 北風へ

我が家の メダカは 冬支度か

風が吹いても 痛い 病が

悪戯顔で やって来た

冬眠したいが 世間の風が 許してくれぬ




sa_29_1013.jpg
ー金沢 自宅にてー(AM.9:30)





posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月11日

「 朝の散歩 29_1011 」






闇は 突然やって来る

漆黒の雲が 生き物のように膨張し 

心を 呑み込むように



光もまた 突然やって来る

闇を切り裂き 一筋の光が 手を差し伸べるように

あとは 

太陽の如く 目映い光を 望むのか

暗闇に揺れる ロウソクの炎に 感謝するのか







sa_29_1011.jpg
ー金沢高岡町 金沢市文化ホールー(AM.7:25)
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月10日

「 朝の散歩 29_1010 」









黄色は 「注意」の 色

赤ほど 目は引かない

でも

人を 高める色

人を 明るくする 色

そんな人に なれたらいいなぁ





sa_29_1010.jpg
ー金沢 常盤町ー(AM.7:15)

posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月09日

「 いい風景に 」




見ていて、可哀相になってくる




金沢ブームもいつ終わるのかと思っていたのですが、新幹線開通後3年目の現在に至っても順調なようで、観光客が絶えません。
ここ東茶屋街近辺や兼六園近辺では、着物姿の観光客をよく見かけます。
カップルや若い女性の集団が多いのですが、これらのほとんどは、地元のレンタルだと思います。

着物姿で観光をして記念写真を撮る。

それがブームになっているのでしょうね。
それぞれの観光客が「金沢」のイメージを作り、それが形になって行く。
観光地ってのは、そうなると成功なのだと感じます。

ただ一つ気になることがあります。
若い男性の着物姿が、様になっていないケースが多いのです。
本人は着慣れていないでしょうし、自分の姿が見えないのでしょうが、着物の裾が寸足らずであったりとか、帯の位置が上過ぎて、子供が着物を着ているように見えてしまうのです。
帯は腰で絞めないとカッコ悪い。

レンタルしている業者さんは、その辺をしっかりアドバイスしているのでしょうか?
着崩れして帯が上に上がってしまうことはあると思うのですが、寸足らずの着物を平気で貸すのはどうかと思うのです。

日本人の平均身長が伸びて、大きいサイズの着物の在庫が足らないのかも知れませんが、早急に揃えるべきだと思いますし、最近では、簡単に着れる上下別のセパレーツタイプの着物もあると聞きます。
これだと、身長に関係なくサイズ合わせができますよね。

カップルの場合、彼女がその姿を見て着崩れを直してあげることもできるはずです。

ファッションは本人にとっては身を飾るだけの物だけど、第三者にとっては風景になります。
「綺麗で良い風景を眺めていたい」
そう思う人は多いはずですよね。

是非、金沢の良い景色作りに協力して欲しいと思う、今日このごろ。


ii_fukei.jpg


mizutama_cm02.jpg
gob_cm02.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月04日

「 朝の散歩 29_1004 」







女ギツネの 妖気に誘われ

タヌキ親父も フラフラと

キツネと タヌキの 化かし合い

うれし涙と 悔し涙が入り混じる

昔々の 物語





sa_29_1004.jpg
ー金沢 東茶屋街/フォックスフェイスー(AM.7:20)
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月03日

「 朝の散歩 29_1003 」







心がしぼんだときは

身体を動かす 汗をかく

心も だんだん 膨らんでゆく

身体も動かせないときは

どうすれば いいんだろう





sa_29_1003.jpg
ー自宅の窓に映る風景ー(AM.9:00)
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月02日

「 枝葉ではなくて 」







目的地をしっかり定めて・・・。





イラストレーションの元々の意味は「説明する」という意味らしいのですが、自分の場合、説明する絵は得意ではありません。

「説明」するよりは、「表現」する絵を描きたいと常に思っています。

以前にも書いた事があるのですが、説明されたことは時間が経つと忘れてしまう場合が多いのです。
でも、感じたことはいつまでも心に残っていると思うのです。

カットを描く仕事をすることもあるのですが、未だに人物の指は5本見えていないといけないという直しが入って来ることがあります。
こう言う指示をする方の頭の中は、説明することでいっぱいになっていて、 何を表現するする為の絵なのか?が欠除してしまっているのだと思います。

枝葉のことばかりが気になるって事は、本質を見ることに自信がないってことに繋がります。
返って言いたいことが伝わり難い絵になって、本末転倒になってしまう。

舟のオールも片方にばかり力を入れていては、ぐるぐる回るだけで、前には進めない。

大義のない解散の選挙。
果たしてこの国は、この先真直ぐに進んで行けるのだろうか?


edaha.jpg

mizutama_cm02.jpg
gob_cm02.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記