2018年04月20日

「 朝の散歩 30_0420 」






散歩が出来ない日

ほっとするような

悔しいような…

また 来週

頭も 身体も 鈍らないように





sa_30_0420.jpg
ー金沢 自宅ー(AM.8:20)


posted by JUNICHI ICHIMURA at 08:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月18日

「 朝の散歩 30_0418 」







地球の生命(いのち)は 水の命

百数十万という 命の種類も

元を正せば 同じ一滴の水から

今朝の恵みの 一滴が

過去と未来を 繋ぐ






sa_30_0418.jpg
ー金沢 主計町ー(AM.7:21)
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月17日

「 朝の散歩 30_0417 」







「遅咲き」と言う言葉で 心を撫でる

 一時しのぎの 安堵感
 
 若い頃

 咲かせた造花は タネもなく 

 その場限りの 徒花か

 隣の若い芽を見て 羨むばかり




sa_30_0417.jpg
ー金沢 丸の内ー(AM.7:16)
 

posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月16日

「 Joyの様に 」







トコトン集中できること。






ジャックラッセルテリアの「Joy」と暮らすようになって5ヶ月。

相変わらず、家の中は笑い声が絶えません。
犬と言う生き物は何に対しても一生懸命で、今を全力で生きているからこそ、間抜けなことが起きたりもします。
そこがクールな猫と違って、可愛いところでもあります。
テーブルの下からジャンプして椅子に座っている人間の膝に乗ろうとして、テーブルの下に頭をぶつけたり、興奮して部屋の中をグルグルと全速力で走り回ったり、人の股間をこれでもかと前足で掘ったり。

そして、何でもかんでも遊びにしてしまう。
こっちが焦れば焦るほど、向こうは面白がる。

ペットボトルを咥えて逃げ回るのも大好きです。
基本犬は、自分にとって楽しいことしかしないのです。

自分の周りで成功している人達をみると、やはり自分の好きなことをトコトン一生懸命にやっている人達です。
そんなことをJoyを見ていて改めて思います。

もう少し自分の仕事に対して「好きな気持ち」を表現できたらと思うこの頃です。


joynoyouni.jpg

syuppan_cm02b.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月13日

「 朝の散歩 30_0413 」







先人の通った 階段を見る

習うことはできるが

同じには 上がれない

自分の階段は 自分で作るしかない

その 手垢やサビは その人だけが通った証

その人の足跡






sa_30_0413.jpg
ー金沢 桜町ー(AM:7:13)
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月11日

「 朝の散歩 30_0411 」







祭りのあと

その 足跡 記憶 匂い

残されたものが 虚しさを誘う

いっそ 何も残らない方が 明日に向かえる

だから人は 要らない記憶を 捨てる能力を持っている





sa_30_0411.jpg
ー金沢 主計町ー(7:14)
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月10日

「 朝の散歩 30_0410 」






不運の塊はない 幸運の塊もない

人は その両方をまとって 生まれて来る

大吉も 大凶も 

あって 当たり前の人生

人の幸運は見えるが 

自分の幸運は 意外と見えない






sa_30_0410.jpg
ー金沢 金沢神社ー(AM.7:15)
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月09日

「 応援すること 」







そんなに熱くは応援できません。





スポーツを見ることは好きです。
とは言っても、テレビでの話ですが。

現場まで出かけて行ってプロの試合を見ることはほとんどありません。
あれ?そう言えば最後にスポーツ観戦をしたのはいつだろう?
多分、息子が学童野球をやってた頃にそのチームで見に行った中日VS横浜の試合じゃないでしょうか?

となると、もう20年も前ってことになるのかな?

サッカーでも、野球でも、そのサポーターや応援団の様子がテレビでも見ることができます。
その度に感心するのですが、他人(ヒト)のためによくあそこまで熱くなれるなぁと。
いや、皮肉でも何でもなく、純粋にそう思うのです。
身内でも何でもないのに。

昔、映画「ロッキー」を作ったシルベスタ・スタローンは、ボクシングを応援するその観客に感動して、この映画を作ったと言います。
まさしく自分も同じ感覚に襲われることがあるんです。
応援するその姿に感動してしまう。

自分の場合は「他人を応援する暇があったら、自分を応援する」となってしまうのですが、
他人を応援することによって、自分を応援することに なっているのかもしれませんね。

でも、未だにその感覚は分からないでいます。



ouen.jpg

syuppan_cm02b.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月06日

「 朝の散歩 30_0406 」






朽ちる 錆びる

時が 自然の摂理が 創造する

エネルギー溢れる 時も

無になる それを知って

美く 輝く





sa_30_0406.jpg
ー金沢 浅野川ー(7:08)
posted by JUNICHI ICHIMURA at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月04日

「 朝の散歩 30_0404 」





桜の頃に 旅立った人を 想う

時間が 想い出を清め

綺麗な 花達を咲かせる

一年前の 今日を思い 

その散り行く姿を 思い浮かべ

寂しさを 覚える





sa_30_0404.jpg
ー金沢 大手町ー(AM.7:10)
posted by JUNICHI ICHIMURA at 08:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月03日

「 朝の散歩 30_0403 」






美しい姿は 立ち姿

美しい姿は 後ろ姿

美しい姿は 控えめな 心

美しい姿は 潔さ





sa_30_0403.jpg
ー金沢 主計町ー(AM.7:26)
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月02日

「 貯まらない 」






「天下の回りもの」は回りすぎて・・・。





自分の愛車はもう15年も乗り続けているミニバン。
キャンプに便利な様にと買ったのですが、どちらかと言うと、両親の介護や子供達の引越しに活躍した様に感じます。

今年車検なんで買い替えも考えたのですが、どうも大枚を払ってまで欲しい車が見あたらない。
と言うか、もうあまり車には興味が無くなってしまったと言うのが本音でしょうか。

若い頃はいい車に乗ってドライブすることが夢でもあったのですが、お金の使いどころが変わってしまったのだと思います。
30代の頃は随分とメンテナンスにお金のかかるスウエーデン製の中古車に乗っていました。
家を建てることになって、返済を考えてそれを手放し、3人の子供達の大学の学費やらで、何かと出費を減らす生活になったものですから、高額商品に手を出すことにためらいを持つようになってしまったってこともあります。

ようやく3人の子供達の最後の一人も昨年から社会人になって、固定費も減ったのですが、それに合わせるように仕事の数も減って来た。
上手く出来てるものですね。

以前、占い師に自分の人生を見てもらった事があります。

「あなたは、お金を貯めることはできません。」
そう言われました。

今までの人生を振り返ってみると、確かにお金が入った時には何か使わなければならない事態が起こっているし、何かをやりたいと思った時には収入はすくない。
やはりお金には縁のない人生なのだと感じます。

いや、でも逆に考えると、運命的にお金が必要な時は前もって収入が増えて、必要ない時には収入が減ってるってふうにも思えます。
ものは考え様です。

そんな愛車は今月7回目の車検。

大きな物も運べて、使い慣れた便利な車との生活は、まだまだ続きそうです。


tamaranai.jpg


syuppan_cm02b.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記