2018年10月19日

「 朝の散歩 30_1019 」







雲しかない空を 見上げる

過去も 現在もない

あるのは 青と白の世界

自由に 時間を旅する

格子の隙間から覗く 侍が見える








sa_30_1019.jpg
ー金沢 金沢城公園(AM.7:28)ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月17日

「 朝の散歩 30_1017 」






一つの波紋が 広がる

一つ一つの波紋は 繋がり

大きな 波となって

世界を 揺らす

一人一人が 主役

一人一人が 宇宙





sa_30_1017.jpg
ー金沢 本多町/鈴木大拙 館(AM.7:29)ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月16日

「 朝の散歩 30_10_16 」







窓の外の物語り 窓の中の物語り

内から放たれた 想いは

街を駆け抜け 空に羽ばたき

宇宙を巡って

また 窓の内の 想いに帰ってくる




sa_30_1016.jpg
ー金沢 広坂/四校記念文化交流館(AM.7:39)ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月15日

「 木梨憲武 展 」







描く事は、遊ぶこと。






先週末は「木梨憲武 展」へ出掛けました。

この展覧会の最終日になってしまったのですが、やっと見ることができた。
とっても良かった。
何よりもこの方は、ものづくりを楽しんでおられる。

これが基本ですね。

どんな絵を描けば評価されるか?とか、何を描けば売れるか?とか、そんなことを考えてはいないのです。
もともと絵を描くって事は遊びから始まっているわけですから、何も考える必要はないのです。
子供の様にものづくりを楽しめばいい。

でも悲しいかな、イラストレーターっていう絵を描くことを仕事にしてしまうと、必ず正解と不正解はあるわけで、楽しんでばかりはいられないのです。
しかもこちらがベストだと思った作品が、クライアントの一声で否定されてしまう場合もあって、何かとストレスも溜まる。

だから長年この仕事をやっている人種は、自由に自分の世界を描けるアートの世界へ方向転換する方々が多い。

しかし需要と供給の問題があるから、好きに描くとお金は稼げない。
ジレンマなのです。

芸能人で絵を趣味にする方々は多いのですが、大抵は趣味程度。
ネームバリューがあるから、ちょっと上手なだけで売れたりするのですが、この方は違いますね。
時間もお金も惜しみなく製作活動に使っていると思うし、色彩感覚といい独特の目線といい、才能が溢れていると思うのです。

作品を見た人が幸せな気持ちになれる。
笑顔を誘う。

コメディアンと言う、人に笑顔を与える職業が、ものづくりにも反映されているのだと思います。

色々学ぶ点が多いと共に、純粋な気持ちにさせてくれる展覧会でした。


kinasi_01.jpg

kinasi_02.jpg

kinasi_03.jpg

syuppan_cm02b.jpg

good_s_cm.jpg
https://www.artandselection.net/junichi-ichimura
tshuts_cm.jpg
https://www.ttrinity.jp/shop/j_ichi_shop/
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月12日

「 朝の散歩 30_1012 」







空からの 贈り物

空の はじまり

海の はじまり

生命の はじまり

この地球(ほし)の はじまり

キラキラ 輝く

 


sa_30_1012.jpg
ー金沢 広坂/シイの木迎賓館(AM.7:24)ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月10日

「 朝の散歩 30_1010 」






世界を照らす 光もいいが

自分だけを 照らしてくれる

一点の 光

そんな 光が ありがたい

その気遣いが 心にしみる





sa_30_1010.jpg
ー金沢 東山(AM.6:56)ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月09日

「 朝の散歩 30_1009 」







手の平に 形を変えて

「大好き」が 繋がる

その温もりが 次の一歩を 弾ませる

今日も一日 いい日でありますように





sa_30_1009.jpg
ー金沢 竪町(AM.7:33)ー


posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月08日

「 不公平 」






結局社会体育大会は台風で中止でした。





体育の日

腰を痛めてからは、ろくに運動もしなくなってしまったのですが、見ることは好きです。
と言ってもテレビでですが。

「世界バレー2018」をテレビ中継しているので、ほぼ試合は見ているのですが、とても違和感を感じるのです。
開催地は毎年替えているのでしょうが、その国その国でこんな応援をしているのでしょうか?

今回は日本が開催国。
テレビ中継から聞こえて来るのは、マイクを使って館内全体に響く「ニッポン!ニッポン!」の掛け声。
それを先導するのはプロのDJの声。
しかも、サーブを打つ瞬間を除いて、プレー中もずーっと喋りっぱなし。
国際大会で、これって不公平じゃないですか?
いや、それ以前にその声がやかましいし、煩わしいのです。

自然と湧き上がる応援は当然の事だと思うのですが、マイクパフォーマンスでその応援を強制するのはどうかと思うのです。
対戦相手国の応援団がいたとしても、これじゃぁ霞んでしまいます。

サッカーやプロ野球の様に、対戦国や対戦地全てで試合をするのならホームとアウエーの差が出てもしょうがないと思うのですが、そうでないスポーツは公平性が必要だと思うのです。
テニスの様に開催国一国で勝敗を決めるスポーツは、試合中は静寂を求められます。
プレー中の大声での応援なんて、もっての他ですよね。

日本を応援したい気持ちは当然あるのですが、スポーツってのは公平性がないと、見ていて面白くないのです。


fukouhei.jpg

syuppan_cm02b.jpg
good_s_cm.jpg
https://www.artandselection.net/junichi-ichimura
tshuts_cm.jpg
https://www.ttrinity.jp/shop/j_ichi_shop/
posted by JUNICHI ICHIMURA at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月05日

「 朝の散歩 30_1005 」






願い事を持つことは 目標を持つこと

神様を待てることは 努力できること

欲も願いも無くなってしまった は

希望が 無くなってしまうこと

願いは 多いほど良い





sa_30_1005.jpg
ー金沢 尾張町(AM.7:22)ー



posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月03日

「 朝の散歩 30_1003 」







一人が放った 一点の光が 

網の目の様に繋がる

光は また光を呼び 世界へと 広がる

闇の大王は 身を潜め

鳥は歌い 草花は 踊る




sa_30_1003.JPG
ー金沢 21世紀美術館(AM.7:47)ー

posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月02日

「 朝の散歩 30_1002 」






突然の雨に 屋根を借りた

傘を掲げて歩く人を 羨ましく思い

一人 雨音を聞く

鳴り止まぬ拍手の様な その音に

久しぶりに 褒められた様な気がした

心の中で 両手を挙げて応える

ありがとう 頑張るから




sa_30_1002.jpg
ー金沢 尾山町(AM.7:13)ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月01日

「 全力で眠る 」








眠れる人。 眠れない人。







昨日夜中の風は凄かった。

台風だから覚悟はしてたのですが、家が揺れたりした時間があったものですから、熟睡はできませんでした。
そんな話を朝食の時に家族にしたら、カミさんも息子も全然そんな事は知らず熟睡してたようで。

この違いは何なんでしょうね。

血液型は自分がO型、カミさんと息子はB型。
よく巷で言われるB型の性格そのものの様に感じます。

O型からすると、このB型の性格はとても羨ましいのです。
悩み事があって眠れなかったって話は、カミさんから聞いたことがありませんから。

多分、その場その場で割り切れるのでしょうね。
良い事も悪い事もいつまでも引きずらない。

だから今に集中できるのだと思います。
結果、眠る時は眠る事に集中できる。

絵を描くってことは、その世界に入り込むってこと。
上手くいっている時は、その世界の中を旅することができます。
でも上手くいかない時は、現実と虚像の世界を行ったりきたり。

集中力も散漫になり、他のことが気になり出す。

きっと良い仕事ができてる時は、集中力も上がるから疲れ果てる。
熟睡しようと思ったら、思いっ切り仕事をして、思いっ切り遊ぶ。

zenr_nemu.jpg

good_s_cm.jpg
https://www.artandselection.net/junichi-ichimura
tshuts_cm.jpg
https://www.ttrinity.jp/shop/j_ichi_shop/

posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記