2018年12月11日

「 朝の散歩 30_1211 」







頂上からの 景色を見たい

世界一の 風景はいらない

日本一の 風景もいらない

そんな山は 目指さない

目の前の 小さな頂の 風景が見たい

無駄な荷物が 邪魔をする

見栄や プライドや 慢心

そんな物を 背負っているから 登れない

好奇心のロープを 手繰り寄せ

遊び心の ペグを打って

しっかり 登りきれ







sa_30_1211.jpg
ー金沢 卯辰山/見晴らし台(AM.7:17)ー



posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月10日

「 苦手な干支 」





美しいと思えない物は、描き辛い。




皆さん、年賀状はもう用意しましたか?

今年は何かとプライベートでも忙しく、まだその為の絵を描く事もできないのです。
毎年オリジナルで、それ用のイラストを描くのですが、仕事柄自分らしさを意識します。

まだ若かった頃は、160枚ほどを全て手描きで描いた事もあります。
それも干支が一回りする12年間。
その当時から、その道のプロでなくても簡単にオリジナルでプリントして私製の年賀状を作れる様になって来たんで、プロとしては、逆に手描きで差を付けたいと思ったからなんですね。

よく12年間も続いたと思うのですが、さすがにもうこれはやりたくないですね。

毎年描いている干支ですが、苦手な干支がいくつかあります。
「ヘビ」「トラ」「イノシシ」
来年はその「イノシシ」なんですね。

「ヘビ」の場合はまず印象が良くないし、線一本になってしまうから表現し辛い。
「トラ」の場合は、確固たる縦じまのイメージがあるから、オリジナル性を出しにくい。
「イノシシ」の場合は美しくない。

今年も何かと忙しい中、ますます手が遅くなりそうなのです。

nenga_ino.jpg

syuppan_cm02b.jpg

good_s_cm.jpg
https://www.artandselection.net/junichi-ichimura
tshuts_cm.jpg
https://www.ttrinity.jp/shop/j_ichi_shop/

posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月07日

「 朝の散歩 30_1207 」






しがみ付く

雨が降ろうが 嵐になろうが

とにかく しがみ付く

束の間の 陽の光を 力にして

意地でも しがみ付く

信念という 根っこが

その場に 留めてくれる





sa_30_1207.jpg
ー金沢 東山1丁目(AM.7:16)ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月05日

「 朝の散歩 30_1205 」







得体の知れないモノ

見たことのないモノ

想像が膨らむ 

創作の 力になる

あまり多くを 知らないことが

創作の 材料




sa_30_1205.jpg
ー金沢 尾張町/久保市乙剣宮(AM.7:41)ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月04日

「 朝の散歩 30_1204 」






朝日は 登り切る手前が 美しい

上がりきってしまえば

当たり前の 日常が始まる

人も

努力している姿が 美しい

登り切ってしまえば 

当たり前の 日常が始まる





sa_30_1204.jpg
ー金沢 兼六園(AM.7:34)ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月03日

「 パワハラ 」






力を持つと勘違いする





今年は、スポーツ関係のパワハラの話題が多く取り上げられました。
自分も中学生の3年間と、高校の1年まではバスケットをやってたのでそんな光景はよく見ることがありました。

幸いなことに、自分が直接指導を受けた監督やコーチにはそのような人はいなかったのですが、中学生の頃に定期的に練習試合をする某女子高校チームの監督は凄かった。
バケツの水を頭からかけるは、ビンタは当たり前。ひどい時は後頭部を力任せに叩いていた。
大人の男が女の子にですよ。

当時はそんな光景を見ても、子供心に指導だから仕方がないと思ってしまっていた。
そんな暴力を受けた選手達も、叱られる自分達が悪いと思っていたのだと思います。

何故スポーツの世界に入ると、パワハラや暴力が肯定されるような勘違いが起きるのか?
彼らは、チームを強くする為、選手の為だと言い訳をします。
それは圧倒的な上下関係と、権力がそうさせるのだと思います。

しかしプロスポーツの世界では、そんな暴力に発展するパワハラの話は聞いたことがありません。
監督自身もプロとして雇われているので、何か不備があると解雇されるからなんですね。

アマチュアの世界では、崩しようのない上下関係が成立していて、選手達は従うしかないと言う諦めが、上に立つ人間を更に助長させるのだと思います。

今の政治の世界も、圧倒的な数の論理で支持率も下がらず、絶対的な権力を持ってしまっている。
様々な法案がまともに審議する事なく理不尽に国会を通過してしまっているように感じます。

国民に対するパワハラのようにも感じるのです。


pawer_ha.jpg

syuppan_cm02b.jpg

good_s_cm.jpg
https://www.artandselection.net/junichi-ichimura
tshuts_cm.jpg
https://www.ttrinity.jp/shop/j_ichi_shop/
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記