2021年09月15日

「 朝の散歩 2021_0915 」




青い空と 入道雲

夏の空を 頭の中に

お祭り騒ぎをいつまでも 夢見ていたい

ふと 足元を見ると 現実が見える

秋は 確実に降りている

時計の針は トントンと時を刻む






sa_21_0915.jpg
ー金沢市 本多の森(AM.7:11)晴れー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年09月14日

「 朝の散歩 2021_0914 」





老い 年輪を重ね

更に輝く人が いる

顔のシミさえも 

人が生きた その奥行きの証

あるがままに

そんな生き方ができれば 幸せ





sa_21_0914.jpg
ー金沢市 芳斉2丁目(AM.7:07)曇りー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年09月13日

「 チャレンジ 」







新しいことは刺激になる。




現在自分の仕事の中で主たるものは東京の参考書を作っている出版社なのですが、これは教科書の改定時期が4年に一回なので、その時期の2年間くらいが繁忙期になります。

現在はその時期が過ぎて、とても暇なのです。
本来自分が好きだった広告の仕事は、皆無になってしまいました。
広告でイラストを使うことはあまり無くなってしまいましたからね。

そんな暇を持て余している時は、何か新しいスキルを得たいと思うのです。
それで今、やってるのがアニメーションソフトの勉強。
これを自分のものにすれば、自分の世界が広がるし、仕事も安定するように思うのです。

今はYouTubeでなんでも習える時代ですから、やろうと思えばなんでも習得することは可能なのですが、その分昔は必ずあったソフトの「攻略本」が減っているのです。
現在やってるそのソフトの攻略本もAmazonで検索したのですが、全くない。
振り返って何かを調べようとする時は、やはり本があった方が良いのです。

そんな事で、やはりグラフィックの世界は動画に侵食されているように感じます。
だからこそのアニメーションの勉強なのですが、どんな世界もそれで食おうと思うと甘くはないのです。

自分のものにするには相当時間がかかりそうな気がします。
ただイラストは描けますから。
そこは自分の強み。



charendge.jpg


syuppan_cm02b.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年09月10日

「 朝の散歩 2021_0910 」






揺れる

揺れて 悩む

先に行ったり 後戻りしたり

先走ったり 後悔したり

進化の過程は 揺れる

揺れがなければ 進化もない






sa_21_0910.jpg
ー金沢市 松ケ枝緑地公園(AM.6:59)晴れー


posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年09月08日

「 朝の散歩 2021_0908 」






小さな声が 集まる

大きな声になる

大きな声が 集まる

大きな壁が 動く

世界は 変わる





sa_21_0908.jpg
ー金沢市 金沢城址公園(AM.7:08)曇りのち雨
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年09月07日

「 朝の散歩 2021_0907 」






森 命の共有

何が上でも 下でもなく

それぞれが 主張し 

それぞれが 助け合う

バランスのとれた姿は 美しい




sa_21_0907.jpg
ー金沢市 卯辰山(AM.7:09)晴れー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年09月06日

「 いい加減と良い加減 」






コードも忘れてる。




何十年かぶりにギターの練習をしているのですが、なかなか思うようにはいきません。
若い頃にはお金がなくて買えなかった少々お高いGibson J45ってギターを買って、もう半年経ちます。
1950年代のビンテージなので、保管にも気を使うのですが、やはりいい音を奏でてくれます。

弾き初めの頃はまだ指の先が柔らかくて、抑えるだけでも痛くなって長く続けることはできないのですが、一ヶ月ほど経つと指先も硬くなって、少しだけ辛抱できるようになります。
毎日弾く訳ではないので、なかなか上手くはならないのですが、昔と違って今はYouTubeでレッスンビデオがいろいろあるので、わざわざ楽器屋さんにレッスンに通わなくても練習ができる。便利な世の中になったものです。

でも長い時間練習をしていると、やっぱり指先が痛くてスライドなんかはできなくなるのです。そんなことを考えると、プロのギタリストはコンサートでは短くても2時間はプレーする訳ですから、指先がどうなっているのか?不思議でなりません。

でもこれは多分、未熟な者が楽器を弾くと、無駄な力が入っているのだと思うのです。
だから必要以上の負荷が掛かって痛くなる。
上手い人は、さらりと力を流すのだと思います。

これって、どんな世界でも言えることなんじゃないかと。

絵の世界でも、普段描いているそのままをコンペや展覧会に出せばいいのに、人前に作品が出たり、審査されると思うと、ついつい力が入って普段とは全然違うものになったりする。
でも、力を抜きすぎると緊張感のない絵になってしまう。

その力の入れ具合と言うか緊張の度合いと、心の持ちようが難しいのです。

人前で話す場合も、上手く話そうと色気を出すと緊張したり普段使わない言葉を使おうとすると言葉に詰まったり言いたい事が言えなかったりします。

何事も力を入れすぎると、心も身体も痛めるのかも知れません。
むしろ、どうやって力を抜くのか?それを考えることの方が難しくもあり、上達するポイントなんですね。

「良い加減」と「いい加減」どちらも大切なのです。


iikagen.jpg


syuppan_cm02b.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年09月03日

「 朝の散歩 2021_0903 」






森の小人が 顔を出す

みんなおいでと 踊りだす

森の中のパーティーの

招待状は 一粒の涙と交換に

笑顔印の スタンプで 

さあさどうぞ お入り下さい






sa_21_0903.jpg
ー金沢市 本多の森(AM.7:05)曇りー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年09月01日

「 朝の散歩 2021_0901 」






自分を守る 壁

攻め入る敵を 想像して

鉄壁の防御を 考える

臆病になり 守りに入りすぎると

今度は 自らをも攻撃しだす






sa_21_0901.jpg
ー金沢市 金沢城址公園(AM.7:25)曇りー





posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記