2014年07月21日

「解らない」






買う人がいるから売る人間が出る。





大手通信教育会社の個人情報漏洩がニュースになってます。

この事で一番疑問に感じたのは、そもそも何で個人情報を売るビジネスが、法で規制されないんだろうか?ってこと。

それを自分の単純な頭で考えて見るのですが、どうも解らないのです。

社会生活をする以上、あらゆる場面で個人情報を記入せざるを得ない場合があるのですが、その度に次の様な文章を目にします。
「個人情報保護法に則って、今回の目的以外にはこの情報を使用することはありません」
などど、誓約書的な文章を見せられた上でしかたなく記入するんです。

つまり、この法律がある以上、他の用途に利用はできないってことですよね。
なのに、どうして個人情報を商売道具にすることが許されるのか?

不正に入手した情報と分かって売った場合は罰せられるらしいですけどね。
しかし、この状況下でどうやって正当に情報を入手できるんでしょうか?
個人情報を受け取った時点でアウトじゃないんだろうか?


買う人間がいるから、売る人間が出て来る。
このビジネスがどうして法律で規制できないのかが解らない。

wakaranai.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/101865528

この記事へのトラックバック