2014年11月03日

「避難訓練」








ウチの校区内でも、毎年今の時期に避難訓練があるんですが・・・。







昨日のニュースや今朝の新聞で、鹿賀原発関連の避難訓練の様子を伝えています。
「地震で電源が喪失して、原子炉の冷却ができなくなった」って言う想定のもとに行われたようです。

様々な予定外の問題が起きたようですが、その中で海路を使って、船での避難訓練の計画があったようです。
悪天候で中止になっしまったようなんですけどね。

でもね、災害っていつ起るかは分からないでしょう?
都合良く、好天の日にだけ起る訳ないんですよ。
台風と地震が同時に起きたら?どうするの?

こんな悪天候の時に起ったらどうするのか?って、プランAだけじゃなくプランBもCも考えてやるべきですよね。

東日本大震災の原発事故の時は「想定外」って言葉が都合良く使われてました。

人間にとって、都合の良い災害なんて起きない。
人にとって不都合な状況だから災害になる。

hinan_ku02.jpg

picture book_cm.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 12:38| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
市村くんのブログ見て思わず不吹き出しちゃいました。
ホントにもう!ってね。

悪天候だから予定の逃避訓練が出来なかったって、あり得なさすぎ。
リスクマネジメントが弱いと 日本人は海外ではよく指摘されますが,まさしくホントにもう!って思いました。

北陸の場合 大雪の時とか,そんな想定もある訳だしね。
悪天候? ここは日本海だよ!コラ!って。
でも それが今回わかったってことは 次回のために役に立つ。こうやってトライ&エラーで積み上げていけばいい。

でも やっぱりこれは最初からプランBとして考えてて欲しかった。
Posted by Mayumi Newman at 2014年11月03日 17:33
Myumiさん
コメントありがとう。
ほんと、そうですよね。
住民を参加させての訓練よりも、国や自治体での訓練を先にやって欲しいと思うこの頃です。
ハイ。
Posted by イチムラ at 2014年11月03日 19:37
市村さん、避難訓練が必要な危険なもので、電気をつくる必要が本当にあるのでしょうか? この国は狂っていますね!
その上、無害な太陽光発電を、先だってこれ以上受付けないと電力会社が言い出す始末です!

国民が死のうが、不治の病に冒されようが、家族が悲劇になろうが、日本の為政者&電力会社は何とも思っていません。
お金の為なら誰がどうなろうと関係ありません。
命よりお金なのですね! ここは国民一人一人しっかりしないとね!!!
Posted by 小川 修 at 2014年11月08日 21:47
小川 さん コメントありがとうございます。

台風、地震、火山の噴火。
この国は災害大国と言ってもいいくらいの環境の中で、国民が暮らしていますよね。
他の国とは違うと思うのです。
わざわざリスクが高くなるような物をしかも経費で考えても、決して安くない事がバレてしまいました。

政治家の決断次第ですよね。
Posted by イチムラ at 2014年11月09日 10:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/105202368

この記事へのトラックバック