2018年02月26日

「 笑顔のもと 」








繋がりの中心の彼。







犬を飼うにあたって、予備知識を得るために本を購入して読みました。

その中にあった内容で、「常に集団で行動する犬は、強いリーダーを探している」と言う項目があります。
だから飼い主が甘やかしたり、ちゃんと仕付けをしないと、自分がリーダーだと勘違いしてその家族を守るために他の人間に対して吠えたり、我がままになったりするらしいのです。
つまり、自分は家族の中で一番下の立場なのだと教える必要があります。

自分は組織が嫌いなので、この様な仕事をフリーでやっていますし、もちろん責任の全てを任されるリーダー的な立場になんかはなりたいとも思いません。
人生の中で唯一自分がリーダーだと感じたのは、中学生の頃バスケット部の部長にをやっていた、その時期だけじゃないでしょうか?

ですが結婚し、家族が増え家庭を持つと言うことはその家のリーダーになると言うこと。
自分の判断で、家族が嫌な思いをしたり、笑顔になったりもします。

ウチの場合は、比較的家族で行動することを嫌がりません。
と言うよりみんなそれが好きなのだと思います。

人間は一人では生きていけないから、自分を理解してくれる仲間と繋がろうとします。
太古の昔から犬と人間が繋がっているのは、そんな似た者同士だからなのでしょうね。

Joyを飼って今、彼を中心に家族が繋がって笑顔が絶えません。
そしてリーダーたる自分も、彼にその立場を取って代わられないように、しっかりしなければと思うのです。

今年はまずJoyを連れての家族キャンプ。
それが目標。

egaono_mo.jpg

syuppan_cm02b.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182514400

この記事へのトラックバック