2018年11月26日

「 隣の歌声 」





もう少し音を上げて欲しい。




以前から気になっていたクイーンの映画、「ボヘミアン・ラプソディ」を見てきました。

どうせ見るなら3画面でと思いネットで予約。
カミさんと出かけたのですが、当日はフレディ・マーキュリーの命日と言うこともあり満席。当然真ん中の席から埋まって行くので、やっと取れた端っこの席で我慢です。

特にクイーンのフアンでもないのですが、当時の名曲は何曲も知っています。
3つの映像に囲まれた空間は、凄まじい臨場感に包まれてライブ会場にいるように楽しんだ。と言う予定だったのですが、この企画は会場で歌ってもいいし、手拍子をしてもいい。
その楽しみもあるので大ファンは当然それをやる訳です。
隣のカップルの男性の方が大声で歌うものだから、そっちが気になって映画の世界に入るのも中途半端になってしまう。
通常のライブだと、観客がどれだけ大声を出してもアーティストの音源の方が大きいから気にならないのですが、映画館だと隣の声の方が耳に入って来る。

このシステム、もう少し改良の余地があると思った。

でも久々に日常とは違った刺激を受けた時間。
翌日は大音量でクイーンを聴きながらの仕事だったのは、言うまでもありません。


tonari_uta.jpg

syuppan_cm02b.jpg

good_s_cm.jpg
https://www.artandselection.net/junichi-ichimura
tshuts_cm.jpg
https://www.ttrinity.jp/shop/j_ichi_shop/
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185073766

この記事へのトラックバック