2019年07月08日

「 お手本 」





「今」の積み重ね




愛犬のJOYが我が家に来てから、1年と8ヶ月。
自分が小学生の頃に捨て犬を拾って来て、無理矢理親に頼んで飼って以降、初めての犬との同居です。

飼う前にいろいろ本を買って来て勉強したつもりでしたが、何かと誤解していた部分もあり、イライラしたこともありました。
でも、もうお互いに信頼関係もできて、腹が立つこともなくなり、彼はすっかり我が家の一員です。

一緒に暮らしていると、そのうち人間の男の子になるんじゃないか?と思うほどです。

もちろん会話はできませんが、お互い何をして欲しいのか?何をしたいのか?は分かりあえます。
話すことは人間の方からしかできないので、周りから見れば独り言を言っているようなものなんでしょうが、不思議とJOYもこちらの言っていることが分かるようになっています。

こちらの話す音を、信号として判断しているとは思うのですが、例えば最近では、散歩中に「お家に帰ろうか」と言うと、家の方向に向かって歩き出します。
以前は「おいで!」と言っても知らんふりしていたのが、こっちに向かって来るようにもなっています。

話しかけると、真っ直ぐな目をしてジーッとこちらを見つめて理解しようと頭をひねる。
この動作が人間と同じってのは不思議なもんですね。
英会話の授業を受けていて「?」と思った時の自分と同じです。

昔から犬は好きでした。
その魅力は何かと考えてみると、犬には未来も過去もないのです。
「今」しかない。
今を精一杯楽しもうとしている。
その無邪気さが可愛いいと感じるんじゃないかと。

人は過去を悔やんだり、考えてもどうなるか分からない未来に不安を感じて、眠れない夜があったりもします。
何も思考しない人間もどうかと思うのですが、この「今」を精一杯生きて楽しむってのは、人にとっても良い教訓になるのではと感じます。

もう一つ、彼が来てから我が家に笑い声が増えたのは間違いない。



otehon.jpg

syuppan_cm02b.jpg

good_s_cm.jpg
https://www.artandselection.net/junichi-ichimura

tshuts_cm.jpg
https://www.ttrinity.jp/shop/j_ichi_shop/
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186247651

この記事へのトラックバック