2022年02月21日

「 普段見れないもの 」





いつ犯人は映るのか?




前回のブログで、裏庭に犬の糞が置かれるのに迷惑していることを書きました。
その後電気店ではなく、DIYの大型店で防犯カメラが多数販売されているのを見つけて購入。
電池式で、1万円そこそそだったので、早速取り付けました。

この季節なので、犬の散歩も回数が減ると思いあまり期待はしていないのです。
でも、夜中には夜行性の動物が活動するので、それが映っているのに興味が持てます。
まずは野良猫。
こいつが犯人かも知れないのですが、数日みた限りでは糞よりもオシッコの方をしに茂みを使っている様に思います。

意外な生き物が映っていたのが、ハクビシンかその他のイタチの仲間。
猫よりも小柄で長い尻尾があります。
よく民家の屋根裏に巣を作って問題になってますが、やはりいるんですね。
幸いウチには屋根裏も床下もないので安心なのです。
新築した際に、建築士が高さ制限のあるこの地域を踏まえて、鉄骨と鉄板で基礎を作ったのでそんなものはないんです。

それにしてもカメラに映るのは、野良猫と急足で通り過ぎる人達だけ。
犬の散歩の映像は1週間経っても全くないのです。

ひょっとしたら正体は野良猫の糞だったんだろうか?
いや、猫の糞があんなに太い訳がない。

粘り強く犯人探しを続けます。



2022_0221.jpg
*ハクビシンかな?


syuppan_cm02b.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189350396

この記事へのトラックバック