2022年07月18日

「 6日目の朝 」






人生で初めての入院です。




正確には2回目なのですが、前は無呼吸症候群の検査のために一泊しただけなので、病気と言う意味ではこれが初めてと言うことです。

腸に憩室って言う窪みがあるらしいのですが、そこが炎症を起こして周りに広がりつつあったので、即入院となりました。

入院当初は、盲腸かと思ったのですが、そのちょっと上あたりでしょうか。
手術は免れましたが、腸の病なので当然食事はできません。
今日までまだ一度も食事はできず、毎日抗生剤も含めて、6本の点滴をしています。
ですから消灯時間の9時には当然間に合いません。

しかし、やる事がないってのも苦しいものです。
ほぼ一日中ベッドの上で点滴ですから。
連休中は診察ができないので、ようやく明日先生に診てもらって、状態が良ければ血液検査→CT検査→診断となるのでしょう、
それでやっと口から物が入れることができます。

コロナで当たり前の生活ができなくなってもう3年ほど経ちますが、この「当たり前の生活」がどれだけ幸せなことなのか。そのことを再認識させられました。
家族と一緒に過ごすこと、会話ができること、Joyと散歩ができること。
そんなありふれた事が、夢の様に感じます。

あと何日の辛抱なのかな?



sa_22_0718.jpg
*7月17日(日)撮影
posted by JUNICHI ICHIMURA at 07:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189675889

この記事へのトラックバック