2009年04月09日

「ものは考えよう」



階段だらけです。


ウチの場合、敷地が狭いのでこんな作りになってしまったんですけどね。
冗談でよく言うんです。

「年寄りイジメの家」って。

でも、階段って言っても、低いのを6段上がってはそこに部屋があるって設計なんで、ウチの場合は階段が廊下みたいなもの。
ものは考えようで、運動嫌いの人でも、この家に住んでるだけで、内転筋が鍛えられるんだから。
カミサンなんか休みの日は、一日中家事で上から下まで昇ったり降りたり、何往復するかわかりません。
結構なエクササイズになってるんじゃないかな?

ウチの年寄りの場合、運動しなきゃって言っても、なかなかその気になってくれません。
でも、少なくとも食事の時は6段の階段を上ってこなければリビングに来れない事になってます。

嫌でも運動させられる訳です。
本当に体が動かなくなったら、その時また考えましょう。

だから本当はこの家、高齢者にとっては「年寄り想い」

その手前の我々にとっては、「老化防止」の家だと思ってます。


monoha.jpg



posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28360404

この記事へのトラックバック