2011年09月12日

「見えない話」






あちら側からはどう見えるのでしょうか?





53年間生きてきて、幽霊とかUFOとかってのは未だに見たことがありません。

一緒に寝てるカミさんの方はと言うと、たまにその同じ部屋で夜中にいろいろなヒトの顔を見るらしいんですが、なにか悪さをするようなものではないようです。

よく分かりませんが、そう言ってました。

自分は近眼だから見えててもわからないのかも知れないって言い訳するのですが、そんな問題ではないと言われます。

この手のものは見えなければ見えない方がいいと思うのですが、あるラジオのパーソナリティーのかたが言ってたのは、生きてる時は仲の良い友達だったり、家族だったりするのに死んでしまって形が無くなると、急に怖がられたり、不気味がられたりするのは自分に置き換えると悲しいんじゃないかって。

懐かしくて会いに来たのに、怖がられるってのは確かに悲しいことなのかもなぁ。

ただ、縁のない知らないかただとしたら、突然部屋の中に現れるのはちょっと遠慮してもらいたいですね。
不法侵入ってことですから。
あっちの世界には警察みたいなものがないのかなぁ?


mie_hana.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47871159

この記事へのトラックバック