2012年03月19日

「欲の種類」







欲と煩悩は違うらしい。






久々に風邪をひきました。

父親を総合病院に連れて行く機会が多いものですから、当然もらう確率も高くなるってことかな?
マスクとかウガイとかっていう防衛策をとればいいんだろうけど、どれも面倒くさいんでやる習慣がありません。

風邪は万病の元と言いますから、ナメちゃいかんのでしょうけど、葛根湯を飲んで寝るだけ。

これ原始時代だったら自然に任せるしかないわけです。
病気とか寿命とかってことだけで考えても、自然に逆らって生きているのは、地球上では人間だけなんですよね。
ヒトよりも長く生きたいとか、ヒトよりも若くいたいとか。
人間は「欲」の固まりでできているってことです。

でも、この「欲」の部分が刺激的で楽しいんですよね。
快感を感じる部分にヒトは引き寄せられて、だからそこが商売になる。

よく考えると、広告とかデザインってのは、その「欲」の部分を刺激するって仕事なんだよなぁ。

「美味いものを食いたい。」
「いい家に住みたい。」
「時間を自由にしたい。」

皆が思う事。

でも、本物の芸術家の場合はどうなんだろう?
「欲望」と言えば、良い作品を創ることだけ?
修行僧と同じ感覚なのかも知れません。

ますます自分とは、かけ離れた世界。


ちなみに、『煩悩』ってのは、人間の貪り・愚かさが原因となる「欲」の曲がった形らしいです。
怒り・怠け・慢心・妬み・怨み等。



yokuno.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54525214

この記事へのトラックバック