2012年06月11日

「バケツ田んぼ」






気になってしょうがない。





先日紹介したバケツ田んぼ。

カミさんが知人の田んぼから土までもらって来てやり始めたヤツです。
ほとんど家にいることの多い自分ですから、陽当たりを気にしてテラスに置いてあるプランターの場所を日に何度も置き換えることもあります。

そんなこんなで少しづづ成長して、葉も太く青々とけっこう稲らしくなって来ました。
そんな様子を毎日眺めていると何やら黒くて小ちゃい糸のようなものが無数に蠢いています。
よく見るとボウフラ。

こんなにたくさんのボウフラが一気に孵って蚊になることを想像しただけで、体中が痒くなります。
こりゃぁ何とかしなきゃいけない。
早速ネットで「ボウフラ 天敵」のキーワードで検索してみると、すぐに「メダカ」の文字が目についた。

そうか!ここに「メダカ」を放せばいいんだ!
幸い梅雨時で、水温が上がることもないだろうし、常に雨水は補給されるし。

昨日近くのホームセンター内のペットショップで6匹購入しました。

「さあ、たらふく食ってくれ!」
そんな想いと共に田んぼの中に放します。
「まあ、2〜3日のうちには全部食べてくれるでしょう。」
そんなふうに思っていたのですが・・。

昼前に入れて、その夕方。
気になってみて見ると、「なっ、なに!」
もうすでに一匹もボウフラの姿は見えません。
あれだけ数えきれないくらい水面を覆っていたのに、なんと言う食欲。

こうなると今度はこの方達の餌の心配をしなくてはいけません。
まだこの中には餌になるものは多少あるんでしょうけどね。

そんなことで、ますます気になることが増えたバケツ田んぼです。


baketan01.jpg

baketan02.jpg

posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56380211

この記事へのトラックバック