2012年07月02日

「鳴き声」






老化現象かな?たまに当たり前の単語が出て来ないことも。





カラスの親子でしょうか?
最近うるさくて、しょうがありません。

季節的には巣立った子供を連れて、いろいろ教えることがあるんでしょうが、鳴き声も不器用に聞こえる汚い声で、ガアガアわめき散らします。
これ、人間に置き換えるとカラスに限らず、鳥ってのは相当におしゃべりです。
飛んでいる時以外はほとんど喋ってる(鳴いてる)ってことですから。

逆に自分がもし鳥だったら、そうとう存在感のない鳥になっていることでしょう。
必要なこと意外はあまり喋らない質ですから、特に知らない人とは。

じゃあ独り言は?って考えても、そんなにない。
テレビを見てて、腹が立つことがあれば時々文句を言う程度でしょうか?

たぶん会話の反射神経ってのが鈍いんだと思うんです。
じっくり考えて文章で表現することは下手ながらもできるんですけどね。

絵を描く鳥ってのは…  いないよな。

人に生まれてよかった。

nakigoe.jpg



<今日のちょっと寄り道>

バケツ田んぼですが、カミさん曰く、水抜きをして土をカラカラひび割れの状態にする時期が必要だそうで。
なんでも、水分がなくなると稲がもっとそれを探して根っこを伸ばして広がり、しっかりした根になるそうなんです。
そうすると、もっと上へ伸びて大きくなるんだとか。
もうそろそろそんな時期なんだそうだけど、実際の田んぼは梅雨のこの時期どうしてるんでしょうか?
水を抜いても、雨が降れば溜まってしまうと思うんだけど…。



posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56822999

この記事へのトラックバック