2012年07月16日

「バランス」





アンバランスな風景




高校のデザイン科の授業で、造形は「変化と調和」だと教わったことを今も覚えています。
つまり、バランスの問題です。
世の中で出会うことや見ることで、不快に感じることは大抵の場合、バランスが悪いんだと思います。

今の気候もそう。
程よい気候だと感じることが少なくなっている。
気候だけじゃない。
あらゆるところで、なんだか偏った力が働いて、一部の人間だけの為に世界が動いているようにさえ感じます。
何かにつけて、物事がうまく運ばない時はバランスがよくないんです。
それを意図的にやってしまう人間っていう存在はどうしようもないんだけど、そのバランスってのは地球的とか宇宙規模で考えると、人間ごときが思うようにできるとは、とうてい考えられない。

人間が罪の意識を持ちながらも、意図的にやったことは、その倍以上となって法則的に人間社会に返って来る。そう思うんです。

保身ってのは本能的に誰もがやることなんでしょうが、人(他人)を犠牲にしてまでも、一部の人間がそれを続けるってのは、自然のバランスを崩す原因になるんだと思います。
食物連鎖のバランスが崩れるように。

日本人の良いところでもあり、悪いところでもあるんでしょうが、個人の保身よりも組織や集団を守る意識が働いてしまう。


組織ってのは、そんな危険性をはらんでいる。

barance.jpg


posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57071032

この記事へのトラックバック