2013年02月04日

「楽しみの方向」







何かをやろうと思ったら、
何かを我慢することになるんでしょうけどね。






つくづく、人ってのは修行する為に生まれて来るんだなぁって思うんですけどね。

いや、いきなりこんな書き出しで始まるのも最近何かと苦労することが多いものですから。
「修行」だから何もしなかったら人生苦しいだけで終わってしまうのは当たり前なんです。

その苦しい人生をいかに楽しくするかってのが、「生きる」ってことなんじゃないかな?
なんてことを考えるんですけどね。

「何か良い事ないかなぁ〜」なんて言ってる間はなんにも面白いことは起きない。

自分が動かないことには何〜んにも起きない。
お金があるとか無いとかじゃなくてね。

「最近何にも良い事がない」って思うことは自分の努力不足。

他人に楽しくしてもらおうって思っても無理な話なんです。
だって、それぞれが自分の為に生きてるんだから。

それで、「楽しい」とか「うれしい」とかっていう感情は長続きしない。
アッという間に通り過ぎていってしまいます。

だから常に何かを考えていないといけないことになる。

そう考えると、悩んでる暇もない。ってことか・・・。


tano_hou.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61994180

この記事へのトラックバック