2013年04月29日

「嫌でも耳に入ってくる」








ものづくりはモノマネから。







自分が独身だったら、絶対に触れることのない世界ってのがあります。

子供達の影響、特に18歳の娘がいなかったらまず関係ないと思ってしまう、例えば音楽の世界。

彼女は最近ゴールデンボンバーにハマっていて、ファンクラブに入会したくらい。
グッズもかなり購入してるようで、連日のように送られて来る宅急便に家で仕事をしている自分がハンコを押してます。

その影響を受けたカミさんもiPodやiPoneにそれを入れるから、カミさんの車に乗ると嫌でも耳に入って来る。

ただ、一つ自分が誤解していた事があります。
この人、意外と音楽性が高い。

いろいろアルバムがある中で、作曲する彼が憧れていたミュージシャン。
例えば、ミスチルとかサザンとかチャゲアスとか、そんな彼らの曲風に作ったオリジナル曲が何曲かあります。

明らかにこの曲の真似でしょう?ってのがハッキリ分かるようにシャレで作ってあるんですけどね。
でも、どの曲でもないオリジナルなんですよ。
でいて、そのミュージシャンの特徴をよく捉えている。

そこまで、曲やアーティストを分析してるってことです。



若い頃、いろいろなタッチのイラストを描きました。
個性よりもテクニックを売ったものです。
良いとか悪いとかよりも、地方でイラストのみで食って行くってのはそんなことなんですね。

でも、雑誌イラストレーションの編集長に、これだけ様々なタッチを描いても、全てがオリジナルだと関心されたことがあります。
何だかそんなことを思い出したりもして。

そんな訳で、共感する部分もあるのですが、未だ自分のコレクションに、このバンドの楽曲を入れる気にはなれない。

それと、これとは別。


iyademo.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
うちの22才の娘もGBはまってます。
近々金沢で握手会があるそうな?
もちろん車の中はGBガンガンです。
カラオケ盛り上がりのために、100均で透明のお面を買って白塗りに!!友達の分も含め三個!!
まあ〜
困ったもんです。

そして、松井のコメント
むっちゃ感動でしたね〜!!
Posted by 庄田洋美 at 2013年05月07日 19:03
庄田さんコメントありがとう。

ウチはカミサンと娘と二人してGBのコンサートへ行くようです。つい最近しりました。娘はともかく、何でカミサンまで・・・。トホホです。
Posted by イチムラ at 2013年05月07日 19:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/65887199

この記事へのトラックバック