2013年05月06日

「子育て・・・。」







過ぎてしまって、やっと分かることが多すぎる。






昨日の松井秀喜氏の挨拶は感動したなァ〜。涙しました。

人生山あり谷ありって言うけど、その谷に入ってしまった時には、お手本のような生き方。

そして、こんな人物を育てたご両親のことを考えた。
どんな子育てをしたらこんな人間が育つんだろうか?

プロスポーツ選手の場合は、幼い頃からその目標を持つ場合が多いと思うのですが、最近の一般的な若者は、自分が何をしたいのか?どんな職業につきたいのか?そこが定まらない人が多いように感じます。
ウチの息子達もなかなか決まらなかった。

ヒトから与えられる喜びしか知らない者。
早いうちから、ヒトに喜びを与えることを知った者。

その差が両者を分けるように感じます。

ヒトの為に何かをしたい。
その中から、責任感や目標も生まれてくるんじゃないだろうか?

子育ては難しい。
特に初めての子供は経験がないから、与えすぎてしまうことが多い。
自分が長男だし、息子のことを振り返っても良くわかる。

どんどん少子化になって、日本中が長女と長男だらけになって、ますます同じような人間ばかりになるんじゃないだろうか?
なんて、いらない心配か?


kosodate02.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 13:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
最近しみじみ思うのは、子供の自立心を養うのは居心地の良い家庭ではない、と言うことだったりします。
それこそ、与えすぎてしまったら自分で求めるハングリーさがなくなる。その家庭で満足してしまうと外へ出て自分の居場所を探そうとしなくなるのですよー。
うちの子たちはその典型かしら。家にいるのが一番好きだと言うんですよ…
もっと居心地悪くするんだったなーと、少々後悔しています。
Posted by JORI at 2013年05月07日 06:15
JORIさん コメントありがとう。
ウチもそうなんですよ。次男には就職が決まったら、一人で生活した方がいいってことは、懇々と説明したんだけど、未だに家にいます。親としては、嫌われるよりは良いと思ってしまうんですけどね。
Posted by イチムラ at 2013年05月07日 06:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/66622587

この記事へのトラックバック