2013年10月07日

「どっしりと」






中心的存在。





自分が生まれるその何代も前からあると思われる、我が家の裏庭のシラカシの木。

この狭い敷地の中になんでこんな木を植えようと思ったのか?
以前はこの木のほかにクルミの木もあったんですから。

今はシラカシとカエデの木の二本。

こんなに大きくなるとは思っていなかったんでしょうか。

春には冬を超した葉を大量に落とし、花粉をバラまき、秋にはドングリをこれまた大量に落とします。
とっても手間のかかる木なんですが、この木を中心に小さな生き物の世界が広がっています。

落ち葉が肥やしとなり、その下には虫達が。
それを食べようと、やってくるカナヘビやヒキガエル。
たまに見かけるヘビ達。
羽を休める野鳥達。

この木は蜜を出すのか、スズメバチまでやって来るんで、これはちょっと頂けない。

そして、この木を見ながら育った、自分や子供達。
黙して語りはしないけど、一家の誰よりもオーラを放つこの家の主。


dossiri.jpg



<今日のちょっと寄り道>

先月、発売日当日の朝に並んでまで買い求めたiPhone5s。
まだ届きません。

ゴールドは品不足とは聞いてたけど、こんなに遅くなるとは…。
    
     
     
     
posted by JUNICHI ICHIMURA at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/77679818

この記事へのトラックバック