2013年10月28日

「ごっこ」







文化は遊びの中から。






昔、幼い頃には○○ごっこをいろいろやったものです。

当時のヒーローの真似をしたり、お店屋さんに扮したり、もちろんお医者さんごっこもやりましたよ。

中学生や高校生になると音楽に興味があるヤツはみんなバンドをやりたがる。
恥ずかしながら、自分もそれに憧れてやったもんです。
これもバンドごっこです。

でもこれって、幼い頃だけじゃなくて、大人になるまでずーっと続いているし、大人になってからも○○ごっこはあるのかも知れません。

大人になってからのお医者さんごっこはマズイですけどね。

つまり、皆なりたいものに憧れて、○○ごっこを続けているうちにその道のプロになったりもする訳です。

やりたい事がそのまま仕事になった方は幸せだと思うのですが、そのプロになったところで、また理想とする自分を探すことになる。
そしてまた、○○ごっこが始まる。

みんな遊びの中から生まれて来るし、遊びには夢中になれる。


そんな自分は今、イラストレーターではなく、「画家ごっこ」をやろうとしているのですが、ごっこで終わるのかどうかは本人次第。
でも、「ごっこ」を続けて行ける環境がある方は、それも幸せってことにはなるんですが・・・。



gokko.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/79320471

この記事へのトラックバック