2013年12月23日

「温かいのがいい」







冷えますね〜。





お風呂に長い間浸かっていたくなるし、布団からは出たくなくなるし、ストーブやコタツの前から離れたくなくなりますねェ。
(ウチはコタツがないのですが。)

駐車したての車の下にエンジンの熱を求めて、野良猫がうずくまりたくなる気持ちが良くわかります。

テレビでのコメントで、「真冬並みの寒さ」と言う言葉を良く聞くようになりましたが、この「真冬並み」って言葉を聞く度に「今が真冬じゃあないの?」と思ってしまうのです。
そこで調べてみました。

日本人は季節を「初め」「真ん中」「終わり」と分け、さらに一ヶ月を「上旬」「中旬」「下旬」と分け、季節の移り変わりを10日ごとに感じる繊細さを持ってるって事なんです。
だから、季節の挨拶でいう、「真冬」とは1月〜2月あたりのことらしいんです。

現代人にはそんな繊細な感覚を持ち合わせた人が少ないから、冬に「真冬並み」って言葉を使われても「?」ってなってしまうんですね。

クリエイターにとってはそんな繊細さが欲しいところではあるのですが。


こんなどうでも良いことを綴って来た今年ももうわずか。
明日はクリスマスイヴですね。

すでに元の意味を全く無くしてしまった、バレンタインデーは大嫌いですが、クリスマスは良いんじゃないでしょうか?
年を追うごとに家族全員が揃うこともなくなってしまいましたが、一年無事に過ごせたことに感謝して、小ちゃなプレゼントを家族で交換します。

寒いこの時期だから、心も体も温かさを求めて。

atataka.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/82987233

この記事へのトラックバック