2022年06月22日

「 朝の散歩 2022_0622 」






眩しすぎる光の中

足を踏み入れ

その光を纏う事に躊躇する

影の中で 膝を抱えて座り

眩しい世界を ただ目に映すだけ

そこへの想いは 何もない

唯々 目の前の草を 撫で

唯々 移ろうだけ






 
sa_22_0622.jpg
ー金沢市 広坂1丁目/21世紀美術館(AM.7:02)晴れー








posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年06月21日

「 朝の散歩 2022_0621 」






静まり 固まったような風景

微動だにしないその中に

煌めき 動き続ける流れがある

止まっては いけない

動き続けるものは 輝き続け

決して 澱むことはない




sa_22_0621.jpg
ー金沢市 浅野川(AM.6:49)曇りー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年06月20日

「 〇〇らしい 」





もはや後進国




ここ数日前から、ようやく初夏らしい気温になってきました。
と、言うよりもいきなり30°超えは、極端過ぎるのです。
でも、日本全国梅雨入りしたと言うのに、ここ金沢はジメジメはするものの、梅雨らしい天気ではありません。

この「〇〇らしい」って言葉、前提とする基本的な状況やものがあっての「らしい」になると思うのですが、これが最近では使いづらくなって来ている様に思います。

「男らしい」「女らしい」「子供らしい」「夏らしい」
まだまだ上げればキリがないのですが、気候に関しては、温暖化でこれまでの常識が当てはまらなくなって来ていますし、男女の区別に関しても違うのは性別くらいで、一人の人間として見ることが世間の常識になっています。
だから「女らしい」や「男らしい」は禁句になりつつあるのだと思うのです。

それに加え、世界情勢や社会のあり方など、今までとは全く違った転換期にある今、ますます「〇〇らしい」は無くなって行くんじゃないだろうか?
日本製品がバカ売れして、輸出国として成功していた時代は過去の話。
どこの国でも日本製の電化製品が重宝されていた「日本らしさ」は夢と消え、半導体の輸出や、ITに関しても世界に遅れを取ってしまった。

どこで、何が変わっていてもおかしくない世界。

未来に向けて何を「日本らしい」にするのか?
自分が生きている間のことだけしか考えず、利権にしか興味がない政治家達が支配するこの国に未来はあるんだろうか?


00rashii.jpg

pos_cm.jpg
https://jiashop.thebase.in/items/60004419
https://jiashop.thebase.in/items/60002186
https://jiashop.thebase.in/items/60004456
https://jiashop.thebase.in/items/60004441

syuppan_cm02b.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年06月17日

「 朝の散歩は自転車で 2022_0617 」






鳩は待っている

人が取りこぼした 幸せを

隙があれば 真っ先に舞い降り

そのカケラを 啄む

ポケットから ポロポロと こぼれ落ちてゆく幸福

そのことに 気付かず

人のポケットの中ばかりが 気になる




sa_22_0617.jpg
ー金沢市 木倉町(AM.7:01)晴れー

posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年06月15日

「 朝の散歩 2022_0615 」






緑が 息吹く

濡れた身体を 誇らしげに 謳歌する

雨の序曲は シトシトと

歩く人を そこへ導き 和ませる

緑が歌う 緑の季節




sa_22_0615.jpg
ー金沢市 金沢城址公園(AM.7:06)小雨ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年06月14日

「 朝の散歩 2022_0614 」





人の手の中にある物には 命が芽生える

忘れ去られ その記憶からも消し去られた物は

呼吸する事を諦め 一つの物体となる

そして徐々に色褪せ その存在感も失って行く

忘れ去られた風景の中に 同化して行く




sa_22_0614.jpg
ー金沢市 浅野川(AM.7:09)曇りー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年06月13日

「 命の調和 」






どちらにしても生命の話




我が家は浅野川沿いにあるので、その風景は見ようと思わなくても視界に入ってきます。
最近思うのは、堆積した土砂が中洲を作り、そこに生える雑草が見苦しいほど増え、背が高くなっていること。
当然川幅は狭くなり、その分そこに生息する生き物は増えていきます。
先日もその遊歩道を散歩していると、川側の縁の雑草の影に、1.5m以上はあるであろうアオダイショウが体を真っ直ぐに伸ばしていました。
太さは小学生の手首ほどもあり、久々にこんな大きな蛇を見たのは驚きでした。

生態系を考えると、良いことなのかも知れないのですが、洪水災害を考えると梅雨の時期を前に不安になるのです。
これらの雑草や土砂が押し流され、浅野川大橋に引っかかると、十数年前の浅野川大洪水の二の前になると思うのです。
これまでは、これほど雑草が茂る前に県は取り除いていたと思うのですが、どう考えているのでしょう?

以前、洪水があった後にこの川の土砂を取り除いた時には全てをとり除いてしまい、全く植物が無くなり、川と言うよりは用水の様な風景になってしまった事があります。
そこに生息していた生き物がいなくなるのですから、水鳥もいなくなった。
それはそれで問題だと思うのですが、生態系と災害対策のバランス。
どうにかならないものでしょうか?


inochi.jpg

pos_cm.jpg
https://jiashop.thebase.in/items/60004419
https://jiashop.thebase.in/items/60002186
https://jiashop.thebase.in/items/60004456
https://jiashop.thebase.in/items/60004441

syuppan_cm02b.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年06月10日

「 朝の散歩は自転車で 2022_0610 」






多くの知恵が集まれば

曇りも 晴れにできるかも知れない

多くの人が集まれば

萎んだ気持ちも 活気に溢れるかも知れない

多くの寄り添う気持ちが集まれば

絶望が 希望に変わるかも知れない




sa_22_0610.jpg
ー金沢市 JR駅前(AM.7:07)曇りー


posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年06月08日

「 朝の散歩 2022_0608 」






遠くばかりを見ていると

見えないものがある

自分の足元を じっと見れば

小さくとも 輝くものがあるはず

たとえそれが 大きく育たなくても

決して 消えることはない







sa_22_0608.jpg
ー金沢市 浅野川(AM.6:52)雨ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年06月07日

「 朝の散歩 2022_0607 」








濡れた木の葉に 足を留める

輝くその 一つ一つが言葉を交わしている

そんな気がした

細い路地の片隅に置かれたその 木の葉達は

路地の隙間から覗く 鼠色の空を眺め

時折通り過ぎる人に 話しかける

だいじょうぶ 明日はきっと晴れるから





sa_22_0607.jpg
ー金沢市 東山1丁目/茶屋街(AM.6:56)雨ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年06月06日

「 パレード 」






不自然さを感じるものは、美しくない。




先日の百万石祭りの最初の部分を少しだけテレビで見ていたのですが、オープニングの太鼓の演奏には感動しました。
打楽器ってのは、恐らく人間が原始の時代に最初に作った楽器だと思うのですが、人間の本能に響くと言ううか、理屈抜きに心に入って来る様に感じます。

で、その流れで行列が続いて行くのかと思ったのですが、新百万石音頭が流れて大勢の踊りが始まった。それは良いとしても、バックに流れるその音源は明らかにデジタルで作った音。
太古を思わせる文字通り太鼓の音とのコラボなのに、デジタルな音源は不自然さを感じる。
意図的にアナログとデジタルを融合させる演出なら感動もあったのでしょうが、本来は生の楽器でやるべきものを予算の制限があるのか、それをコンピュータで作っただけの軽い音源。

おまけにその後に急にその流れを止める様に、市長の挨拶があり、テープカットがあり、イベントの流れとしてはエンスト状態。

市長の挨拶なんて必要なんだろうか?
百歩譲ってやるにしても、最後に全てが終わった後に、終点である金沢城で関係者や観客に対してのお礼の挨拶をすればいいんじゃないかと思うのです。

自然に見えるものは美しい。

ファッションも、太っていようが、痩せていようが、その人の体型に合ったものは自然に見えるし、美しく感じる。
あえてアンバランスを表現していても美しさを感じるものは実はバランスが取れている。
建物も環境にマッチしたものは美しく見える。

どこか不自然を感じるものは、美しくないと思うのです。


parad.jpg

pos_cm.jpg
https://jiashop.thebase.in/items/60004419
https://jiashop.thebase.in/items/60002186
https://jiashop.thebase.in/items/60004456
https://jiashop.thebase.in/items/60004441

syuppan_cm02b.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年06月03日

「 朝の散歩は自転車で 2022_0603 」







身動きが取れなくなった 一つの巨大な力の塊は 

無数の小さな欠片になった

それぞれが 自由に命を育み 弾かれる様に動き出す

様々な価値観が生まれ お互いを助け合うようになった

一つの巨大な塊だった頃の愚かさ その姿の醜くさに気付く

野に放たれた無数の白い欠片は 生き生きと輝いていた







sa_22_0603.jpg
ー金沢市 犀川河畔(AM.7:10)曇りー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年06月01日

「 朝の散歩 2022_0601 」





歩く

坦々と 当たり前に歩く

歩く

苦痛に耐えながら 歩く

普通だったことが 普通でなくなる

初めて その平凡な素晴らしさと

可能性を 知る






sa_22_0601.jpg
ー金沢市 浅野川/梅の橋(AM.6:51)晴れー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 07:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年05月31日

「 朝の散歩 2022_0531 」





地の底から 湧いて出る

そんな人々の 渦巻く感情から生まれた祭りは

血 湧き踊り 心も踊る

でも

作られた祭りは なぜか寂しさを覚える




sa_22_0531.jpg
ー金沢市 東山/茶屋街(AM.7:01)雨 ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年05月30日

「 独裁者 」






権力者は見栄をはる。




力のみで物事を変えようとする者は愚かです。
人は他の生き物と違って、話すと言う能力を与えられました。
言葉のない動物達は、闘うことでしか生き延びることはできないのです。
腕力だけで自分の意志を通そうとする。
それは原始人と同じ発想なのだと思います。

そして独裁者に共通していること。
それは、絶えず何かに怯えていると言うこと。
自分が他の価値観を認めず、力で押し倒す事をして来た。
だから他の国や人間も同じことをすると思い込んでしまうのだと思うのです。

人間に限らす、生き物は単独では生きて行けないのです。
協調すること、助け合うことで「命の星」は成り立っているのだと思います。

困った時には手を伸ばし、助けを求めればいい。
どうでもいい見栄やプライドがそれの邪魔をする。
助けを求めている者に対して、ビンタをする人間はいないのです。

自分も過去に、あの時もう少し言いたいことを言っておけば、今もいい人間関係でいられたのにと思う人達がいます。
日本の歴史上の戦も、大抵は勘違いやコミニュケーション不足から起こっていることが多いように感じます。
現代よりも圧倒的に情報ツールは少ない訳ですからね。

怯える事をやめ、お互い助けを求め合えば、住みやすい世界になると思うのですが。


dokusai.jpg

pos_cm.jpg
https://jiashop.thebase.in/items/60004419
https://jiashop.thebase.in/items/60002186
https://jiashop.thebase.in/items/60004456
https://jiashop.thebase.in/items/60004441

syuppan_cm02b.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年05月26日

「 朝の散歩はお休み 」





最後に残るもの




自分の「朝の散歩」は今週お休みです。

なぜか。
月曜のブログにも書いたように、愛犬Joyとの散歩で足を負傷したから。

でも、Joyの朝の散歩はお休みできません。
一日中家にいるとストレスが溜まるだろうし、彼には重要な仕事があります。
朝一番のウンチ。

一日中家にいた時は夜になって家の彼のトイレですることはあるのですが、やっぱり外でする方が気持ちがいいのかと思います。

怪我から4日ほど経ち、痛み止めのお陰もあって、何とか普通ではないものの歩く事ができるようになりました。
しかし、今度はかばって体重をかけていた右足の膝が調子悪い。
はぁ〜。ため息が出ます。
これが歳をとるって事なんですね。

若い頃は、自分が歳を取る事なんで想像もできなかった。
親を見てても、絶対あんな風にはならないと思っていました。
でも、神様は平等に老いを与えます。

今後も歳を重ね、出来ることがどんどん減っていきます。
最後に何が残るんだろう?
そんな事を考えたりもします。

でも、まだ64歳。
あと20年は人生が続きます。
いや、そのつもりです。

新しい事をやることで、刺激になると言いますが、やっぱり自分には「絵」を描くことしかないんじゃないかと思うのです。



sa_22_0526.jpg
ー以前に撮った写真(大乗寺丘陵公園)ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年05月24日

「 朝の散歩 2022_0524 」






心に映る空は いつの空

一瞬で消えるその景色は

瞼の奥には 残らない

何気ない時間

何気ない会話

一つ一つが 人を作る

心に残る景色は 宝物





sa_22_0524.jpg
ー自宅にて/右足負傷にて散歩できず(AM.7:10)晴れー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年05月23日

「 足首が・・。」






走るのが怖くなった。




毎日のJoyとの散歩は欠かせません。
ですが、最近彼は家の周辺の散歩に飽きてきて、のらりくらりで1箇所で匂いを嗅ぐ時間が長く、なかなか歩こうとしません。
しかし、たまに車で別の場所に連れて行って散歩させるとグイグイとリードを引っ張って意欲的に歩きます。
だから週末のJoyの散歩は、出来るだけ遠くまで歩いて普段行かない場所まで行くことが多いのです。

先週の土曜日も、まず石川県歴史博物館まで歩いて、そこから美術館の裏にある本多の森を抜け、21世紀美術館まで行きました。その敷地内の芝生を歩かせていると、気持ちが良かったのか、背中を芝生に擦り付けてスリスリ。
ですが、その後突然全速力で走り出した。
休日で人も多かったんで、迷惑になってもいけないと、コントロールしようと自分も一緒に走ったその時、芝生の不安定な地面に足を取られて足首をグニャリ。
右足の外側の靭帯がゴムのように伸び切る感覚を感じて激痛が走りました。
その場に座り込んで、その痛みに耐えましたがなかなか痛みは引かない。
何とか耐えながらも、びっこを引いて家まで歩きました。

その後、痛みは引かないまでも、腫れている様子もないので、様子を見る事にしたんですが、翌朝になると更に痛みが酷くなって、右足を床に着くことさえできない。
カミさんに車で登板医に連れて行ってもらいました。当然病院内は車椅子です。
レントゲンの結果、骨にも靭帯にも異常はなかったのですが、痛みは引かないので痛み止めと湿布をもらって帰宅。

だから今日はJoyも散歩はお休み。
自分の「朝の散歩」もどうなることやら。
早く完治して欲しいと願うばかりです。



ashikubiga.jpg
*君のせいじゃないよ。


pos_cm.jpg
https://jiashop.thebase.in/items/60004419
https://jiashop.thebase.in/items/60002186
https://jiashop.thebase.in/items/60004456
https://jiashop.thebase.in/items/60004441

syuppan_cm02b.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年05月20日

「 朝の散歩 2022_0520 」






背中で 語る

多くの言葉より

その背中に 説得される

人を尊ぶとは そんなこと

真実のオーラが

向こうに見える





sa_22_0520.jpg
ー金沢市 東山2丁目/ 来教寺(AM.6:51)曇りー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年05月18日

「 朝の散歩 2022_0518 」






裏の顔は どんな顔?

汗と垢に塗れる 眉間にシワの顔

生き残ろうとする 顔

表では クールを装っても

皆 同じ

皆 必死に生きている





sa_22_0518.jpg
ー金沢市 片町(AM.6:58)晴れー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記