2017年08月18日

「 朝の散歩 29_0818 」







隠れてなんて いません

遠くの空ばかりを 見てたら 気付かないだけ

いつもあなたの側にいる

足元を見れば

きっと見つかる






image.jpeg
ー金沢城公園ー(AM.7:20)
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年08月17日

「 朝の散歩 29_0817 」





緑 青 白

夏の色

グレーの空は 似合わない

やっと出会えた

南の島に 帰る前に




sa_29_0817.jpg
ー金沢 いしかわ子ども交流センター(AM.7:25)
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年08月16日

「 朝の散歩 29_0816 」






本当の 思いやりは 

見返りを 期待しない

期待するのは 相手の 笑顔と

ありがとう の 言葉だけ

いくつもの 思いやりに

ありがとう





sa_29_0816.jpg
ー金沢 宝泉寺ー(AM.7:35)
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年08月14日

「 還暦の同窓会 」





中学生に戻った時間。




昨日は中学校の同窓会でした。
100人近く集まったんじゃないかな?

5年ごとにやっているのですが、過去最高の出席率。
当時の担任だった先生方も半分くらい出席されて、当時に戻ったようでした。

みんな還暦ですよ。

もちろん、同級生でも、先生方でも、亡くなった方々は多くいらっしゃいます。
その中で、こうやって集まる仲間がいて、その中に自分もいる。
そんな感情があってか、壇上で挨拶される先生方の姿を見て、何だか泣けて来ました。

久しぶりの同窓会ってのは、何故か緊張します。
みんな知っているんだけど、知らない部分の方が多い。
昔の様に、うまく話せるんだろうか?

でも、会ってしまえば関係ないですね。

この歳になると芸達者な人も多くて、バンドを引き連れて、ジャズを歌ってくれた同級生がいると思えば、篠笛を披露してくれた方もいる。

みんな様々な人生を歩いて来たのだと実感します。

また明日からの人生に、元気をもらった数時間でした。



image.jpeg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年08月11日

「 朝の散歩 29_0811 」





人間 生まれた時は 真っ白

生きて行くだけで 汚れる

汚れて 汚れて 

とことん 汚れて

それに飽きた頃に

また 白に戻るのか





sa_29_0811.jpg
ー金沢 金沢神社ー(AM.7:30)
posted by JUNICHI ICHIMURA at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年08月10日

「 朝の散歩 29_0810 」





日陰と日向は 隣同士

二つがあって 形が見える

二つがあって 道が見える

影に 叱られ

陽に 励まされて




sa_29_0810.jpg
ー金沢 卯辰山ー(AM.7:25)

posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年08月09日

「 朝の散歩 29_0809 」







知らないうちに ここに 流されていた

本当に 生きたい場所かどうかなんて どうでもいい

安らぐ場所がある 愛する家族がある

そして 生きている





sa_29_0809.jpg
ー金沢 天神橋付近、大雨のあとー(AM.7:10)
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年08月07日

「 裸の王様 」






裸を売りにする、芸人さんもいますが。




アメリカの某有名シンガーが、激太りした事が話題になってます。
こんなになるまで、何故周りが放って置くんだと言う事なんですが、肥った事を指摘すると機嫌をそこね、自分が首になるのを恐れて、誰も注意をしなかったのではないかと、憶測をよんでいます。

裸の王様ですね。

このエピソードを聞いて、最近の日本の国を動かす人達の問題とを重ねて見てしまいました。

役人が、国の最高権力者に余計な気遣いをし、間違いを指摘しようものなら、出世のレールから外され、左遷される。そんな力関係が働いた。

これは、本当の「裸の王様」です。

個人的に肥った痩せたの話なら、笑い話で済むのですが、国民や国の将来を握っている人間が裸の王様になってしまっては、国家の危機です。

政治主導を掲げて内閣府ができたようですが、この問題を修正出来るシステムを考えるべきなんじゃないだろうか?

誰かこの2人に、服を着せてやってくれ。


hadaka.jpg


mizutama_cm02.jpg
gob_cm02.jpg

posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年08月04日

「 朝の散歩 29_0804 」






寝てるよりは 座る

座るよりは 立つ

その方が エネルギーは 消費される

志を持って立つと

心も起立する





sa_29_0804.jpg
ー金沢 卯辰山運動場ー(AM.7:35)
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年08月02日

「 朝の散歩 29_0802 」







例え形はバラバラであっても

例え色がバラバラであっても

一定の法則の中で 置かれたものは美しい

自然の中で混在する雑草達も

互いに助け合って 生きると言う 

調和の法則の中で 集団ができる

だから美しい







sa_29_0802.jpg
ー金沢 香林坊ー(AM.7:30)
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年08月01日

「 朝の散歩 29_0801 」






時は過ぎて行く 川の流れのように

急流や 渦に揉まれ

思うのは 「沈みたくはない」そのことだけ

緩くなった流れには 風景が映り

自分が映る





sa_29_0801.jpg
ー金沢 浅野川ー(AM.7:25 )
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月31日

「 記憶 」







人の記憶と言うのは、いい加減です。





特に、自分に取って都合の悪いことは、都合が良いように記憶を差し替えて覚えている場合があるそうですね。
時が経てば経つほどそれは起こるそうで。
だから、本人はウソをついている意識がなくウソを言っている可能性もある。

最近また、「記憶にない」って言葉を耳にします。

もし、本当に記憶がないとしたら、本人が「記憶が無くなればいい」と強く念じて、なくしてしまうこともあるのか?
でも、1年や2年前のことを「記憶にない」と言うのは、いただけない。

1年前の今日の晩飯は?って聞かれたら、そんなものは誰も覚えてないんでしょうけどね。
仕事に関して、しかも誰に会ったかは覚えているはずですよね。

先日からの閉会中審査を見ていると、「記憶に無い」とか「破棄しました」とか、まさしく人間の脳内で起きている作業を見ているように感じます。

自分にとって都合の悪いことは、言い訳に置き換える。
もっと都合の悪いことは、破棄したことにする。

今や街中に監視カメラが設置されていますが、これだけ記憶を無くす方が多いと、国会内や官庁の各事務所にも監視カメラを設置しなければいけないんじゃないでしょうか?

人間の記憶は都合良く替えられる。


kioku.jpg

mizutama_cm02.jpg
gob_cm02.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月28日

「 朝の散歩 29_0728 」






働く

金を稼ぐために 働く

人の役に立ちたいから

自分の存在を 確認したいから

思いやりを 持ちたいから

目的を持ちたいから

人生を 学びたいから

働く





sa_29_0728.jpg
ー金沢 浅野川ー(AM.7:20)
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月27日

「 朝の散歩 29_0727 」







鏡に姿を映す

心が映る鏡があればいいのに と思う

その鏡を 探す旅

一生を終える時

それは 目の前に現れるのだろうか






sa_29_0727.jpg
ー金沢 鈴木大拙館ー(AM.7:35)
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月26日

「 朝の散歩 29_0726 」







雨がやんだ

水の音がやんだ

虫の声が聞こえる

鳥の声が聞こえる

青い色と 風の中

すべてが また動き出す






sa_29_0726.jpg
ー金沢 誓願寺ー(AM.7:15)
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月25日

「 朝の散歩 29_0725 」







苦しい涙は 我慢できる

嬉しい涙

悲しい涙は 我慢できない

いくつもの 記憶が

涙を 後押しするから





sa_29_0725.jpg
ー自宅にて/豪雨の為散歩できず。ー(AM.7:00)
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月24日

「 気遣い 」





お願いするしかない状況。




社会人一年生は、広告代理店で協賛広告を取ってくる営業をしていました。

新聞の下半ページに、石垣のようにビッシリと並んだ、横位置の3cm×7cmほどの枠の中に社名と住所程度しか入らない、そんな名刺広告を取って来るのが仕事でした。
ただ頭を下げることしか出来ないこの仕事が嫌で、1年で辞めたんですけどね。

ほとんど誰も見ない物に、当時ひと枠3万円の広告料を頂く。
心苦しいから、頭を下げて、お付き合いをお願いするしかない。
デザインも何も全く関係ない仕事でした。

そう、お付き合いなんです。寄付と同じ。

もうそんな仕事とは縁がないと思っていたのですが、去年から年に一度、また同じ様な事をやる羽目に。

仕事ではないのですが、公民館の仕事で。
社会体育大会のプログラムの制作費を稼ぐ為に担当町会を回って協賛広告を頂かなくてはいけない。

これは協賛するお店も寄付だと割り切っているのですが、やっぱりあまり良い顔はしないし、心苦しいのです。

そんな自分もボランティアで動いているんですけどね。

払ったお金に見合った見返りがあるような広告になりる方法を考えた方が良いと思って、自分の頭の中にはあるのですが、これを実現するには時間と手間がかかる。
結局今度はこっちがタダ働きしないといけなくなる。
だからまだ現状のままなんですけどね。

この世の中、やっぱり人の気遣いで成り立っている部分が多いんですね。
しかし、税金を使っての忖度には、NO!と言いたいですが。


kizukai.jpg

mizutama_cm02.jpg
gob_cm02.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月21日

「 朝の散歩 29_0721 」






境界線

見えない境界線もあれば

形にしなければならない 境界線もある

人は 見える境界線を造った

神は 多分 それを望んではいない





sa_29_0721.jpg
ー金沢 尾山神社ー(AM.7:25)
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月20日

「 朝の散歩 29_0720 」





長い旅を経て

堅い大きな図体は 少しずつ 削られていく

濁流にもまれ 急流をくだり

形は変わる

そして 一番強い形になる

内からも 外からも強い形

丸に変わる







sa_29_0720.jpg
ー金沢 東山1丁目ー(AM.7:10)
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月18日

「 朝の散歩 29_0718 」







風が吹く

木々はつぶやき 互いに 話し始める

狸になった 僕は

妄想の光を 横目に見て

薮の中に入っていった

仲間が待つ 薮の中へ




sa_29_0718.jpg
ー金沢城 本丸の森ー(AM.7:15)
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記