2019年10月18日

「 朝の散歩 2019_1018 」






母なる 川は

時に優しく 時に激しい

お怒りは ごもっとも

でも できることなら

優しく 囁いて ほしい

優しく 子守唄を 歌っていて ほしい




sa_19_1018.jpg
ー金沢市 浅野川(AM.6:57)ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月16日

「 朝の散歩 2019_1016 」






長い年月をかけて 熟成する

長い月日をかけて 生きる

味わいが 生まれる

まだまだ 熟成期

栓をあける訳には いきません

この人生

もっと美味しく なるはずです





sa_19_1016.jpg
ー金沢市 高岡町(AM.7:33)ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月15日

「 朝の散歩 2019_1015 」








側室の 住まいから

軍隊の司令部へ 

そして 学生の学びの屋へ

時は移り 観光の場へ

好き放題に 使われて

前田の殿様は 何を思う






sa_19_1015.jpg
ー金沢市 金沢城公園/旧陸軍第六旅団司令部(AM.7:21)ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月14日

「 特別ではなくなること 」






不安だった2日間。





幸い金沢は、台風19号の影響も思ったほどなく、安心して今日を迎えることができました。
被災された地域の方々には、心からお見舞い申し上げます。

テレビでその災害の凄さを見ているだけで、胸が苦しくなります。
今までにない超大型と勢力の台風と解説されていますが、地球の温暖化で今後もこのクラスの台風や大雨は珍しくはなくなると言われています。
日本の何処かで、毎年の様にこの様な災害が起きてもおかしくないと言うことです。

9/23日にニューヨークで開かれた「温暖化対策サミット」。
ここでスピーチしたスウェーデンのグレタ・トゥーンベリさん(16歳)がいますね。
そのスピーチを聞いて一人の大人として、自分はとても恥ずかしいと思いました。
ですが、この少女のスピーチを茶化したり、無視する大人達が多くいる様です。

人間は一度楽な思いをすると、そこからは中々抜け出せないのだと思います。
しかし、彼女が言う様に、人類滅亡の道から我々は未だに抜け出せずにいると思うのです。

個々に何ができるのか?そんな事を考えてみるのですが、直接大きく地球温暖化を防ぐ様なものは頭には浮かびません。
せいぜい車に乗る回数を減らして歩く様にしたり、無駄な電気は使わない様にしたり、出来るだけゴミを出さない様にしたり、その程度のこと。

でも個々が小さな事でもいいから意識の中にそれを置くことはとても大切だと思うのです。
大きな事は政治家に任せるしかないのです。

地球にとって人類は身体に取り憑いた「ガン」の様な存在だと思うのです。
このまま人間の好き放題をやり続けると、地球は必ず自らをリセットします。

このガンの様な存在は消去されると思うのです。

SF映画でみる風景。
何百年後かの地球の姿。
そこにはもう文明の形も影もなく、大自然が広がっている。

そんな景色を頭に描いてしまうのです。



tokubetu_nai.jpg

syuppan_cm02b.jpg


good_s_cm.jpg
https://www.artandselection.net/junichi-ichimura
tshuts_cm.jpg
https://www.ttrinity.jp/shop/j_ichi_shop/
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月11日

「 朝の散歩 2019_1011 」








明日を 恐れる

明日の風 明日の空を

「平凡」の文字が 

「幸せ」の文字に 重なる

全て 無事 過ぎ去ることを

願う




sa_19_1011.jpg
ー金沢市 主計町(AM.7:21)ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月09日

「 朝の散歩 2019_1009 」







背伸びをする

陽に あたる

低いよりは 高い方がいい そう思う

でも 風当たりは強く 日差しも強い

それなりの 力がないと

崩れてしまう





sa_19_1009.jpg
ー金沢市 尾山町(AM.7:07)ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月08日

「 朝の散歩 2019_1008 」








小さな 実は やがて膨らみ

風船の様に 浮かび上がった

雨空の向こうにある 青空を夢見て

風船は 旅立つ 

二人でみる 夢の実は

大空の中で より大きく膨らむ







sa_19_1008.jpg
ー金沢市 東山/フウセンカズラ(AM.7:23)ー
*フウセンカズラ/花言葉:あなたと一緒に飛び立ちたい
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月07日

「 にわかファンですが・・ 」






ラグビー、盛り上がってますね。





自分も、にわかファンとして興奮しながらテレビ観戦しています。

正直、いくら日本開催とは言え、ここまで盛り上がるとは思っていませんでした。
やっぱりスポーツは応援するチームが強くないと盛り上がりませんね。
それと、この競技は間延びする暇がない。一瞬一瞬にドラマがあるのです。
日本以外の試合もついつい観てしまいます。

アメラグの様に防具を着けるわけでもなく、自らの身体だけを頼りに攻め、守り、チームの為に自己犠牲を払う。そこに感動が生まれるのです。

ある方が言っていたのですが、あれだけ屈強な大男達がするスポーツなのに荒れないのは、パスが後ろにしか出来ないからだと。
常に後ろを意識しているから、そこで冷静になれるのだと。

ノーサイドの後の互いのチームを讃え合う姿もいいですね。

自分達の業界もその昔は、スペシャリストが集まって一つの仕事をやったものです。
ディレクターがいて、デザイナーがいて、コピーライターがいて、カメラマンやイラストレーターがいて。
そんな仕事が大好きでした。
それぞれが力を発揮して一つの物を作り上げる。

しかし、そんな仕事は今や限られた一流の人達だけの世界になってしまいました。
コンピュータが出て来てからは、一人のデザイナーがほとんど全ての事をやらざるを得ない時代になっています。

自分は組織の中に身を置くのは嫌いです。
でも、独立した者同志が力を合わせて、自分の得意分野で一つの目的に向かっていくのは好きですし、楽しいと思うのです。

こんな時代だからこそ、素朴に力を合わせて敵に立ち向かう、そんなラグビーに心を惹かれるのかも知れません。



niwaka.jpg

syuppan_cm02b.jpg

good_s_cm.jpg
https://www.artandselection.net/junichi-ichimura
tshuts_cm.jpg
https://www.ttrinity.jp/shop/j_ichi_shop/
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月04日

「 朝の散歩 2019_1004 」






竜神が はしゃぐ

我が者顔で 大空を 大地を 街を

巻き込み そして踊る

その昔 年に数回しかなかった その戯は

今では 毎月の様にやってくる

人が 神を恐れなくなったから





sa_19_1004.jpg
ー自宅(AM.8:53)ー

 
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月02日

「 朝の散歩 2019_1002 」







不幸を追い払うため 鐘は鳴る

幸せを呼び込むため 鐘は鳴る

昨日の不運を 消しさる様に

街中に 届く様に 鐘は鳴る

一日の 始まり

希望の 朝






sa_19_1002.jpg
ー金沢市 柿木畠(AM.7:28)ー

posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月01日

「 朝の散歩 2019_1001 」






陽は昇り 沈む

川は 瞬く間に 流れゆく

時は 刻々とそれを 刻む

地球の宇宙の 全てが

その時間を 全うするために

動き続ける

動いている限り 明日はある





sa_19_1001.jpg
ー金沢市 浅野川(AM.7:09)ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月30日

「 映画ではなくなる 」





今は続編も上映されてますね。




先日、映画「僕のワンダフルライフ」を観ました。

犬が何度も生まれ変わって、最終的には最初の飼い主の元に帰ると言うストーリー。
Joyを飼いだしてから、こんなふうに犬を主人公にした映画には、共感してしまいます。
歳のせいか涙腺も緩くなって、ダメですね。

この映画、Amazonのストリーミングで199円だったかな?を払って見たのですが、後日デレビで放映することを知りました。
少し損をした気分でしたが、デレビの放映を観て、損ではなかったと感じました。

デレビ局はもう映画を放映することを諦めた方が良いんじゃないだろうか?
何せコマーシャルが多過ぎる。
しかもその時間が長い。
とてもじゃないけど、映画に集中出来ないのです。
放映時間の1/3位はコマーシャルなんじゃないだろうか?

随分前からデレビで映画を見るのは嫌になっていたので、滅多にこれを観ることはなかったのですが、久々に観てみてやっぱりか…って思った。

景気が悪くなって、昔の様にビッグスポンサーが付かなくなったせいか、何本ものスポンサー広告を入れる必要があるんでしょうね。
コマーシャルを見てるのか映画を観てるのか分からなくなるのです。

うん、やっぱり諦めた方がいい。
民放で映画をやるのは。



eugadeha.jpg

syuppan_cm02b.jpg

good_s_cm.jpg
https://www.artandselection.net/junichi-ichimura
tshuts_cm.jpg
https://www.ttrinity.jp/shop/j_ichi_shop/
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月27日

「 朝の散歩 2019_0927 」






心の中の 青空を探す

色はなくても 風そよぐ その丘で

明日の 景色を 望む

心穏やかに 祈りを絶やさず

そうすれば それは 徐々に色づく






sa_19_0927.jpg
ー金沢市 石引(AM.7:21)ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月25日

「 朝の散歩 2019_0925 」







そして 家主は 去って行った

何が理由かは 分からない

生活に行き詰まったのか

仕事に 疲れたのか

しかし この木は ここで生きると 決めた

人に頼らず 自らの力で

建物を覆うほど 力強く そして大きな実をつける

彼らは この地に執着し 当たり前の様に

生きる道を 探し そして見つける





sa_19_0925.jpg
ー金沢市 高岡町(AM.7:16)ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月24日

「 朝の散歩 2019_0924 」







風に打たれ 倒れた彼らの身体が 折り重なる

雨は その身体を容赦無く濡らし 叩くが

波の様に重なり うねる彼らは より一層 輝いて見える

いつの日か お日様が 顔を出した その時

昨日よりも より強くより美しく 生きることができる

そう 信じているから

だからそれまで 少しだけ お休み






sa_19_0924.jpg
ー金沢市 浅野川(AM.6:57)ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月23日

「 かっこ悪い買い物 」





値段には訳がある




朝の散歩をする時には必ず腕時計をします。
普段は煩わしいのであまり着けないのですが、1時間程度で帰ることを考えて時間を気にしながらの散歩です。

そんなに高価な時計ではないのですが、現状では使えるものが1個しかないので、普段使いも散歩の時も同じものを使っていました。
でも、運動して汗をかいたりするとベルトが汚れるのが嫌で、何か散歩や短いジョギング用の時計が欲しいと思ってました。

理想を言えばApple-watchが良いのですが、値段を調べると新しいバージョンはバカ高い。廉価なものでも3万弱はかかる様で、そんなにお金はかけたくない。何せ散歩用ですから。

そんな事を考えていたら、instagramでスマートウオッチの広告を見つけた。
値段はなななんと3.700円。
ナンジャコリャ!!?です。

Amazonで購入できるので、調べて見るとメーカーがハッキリしないし、どこの国かも分からない。
恐らく中国製だと思うのですが、一応「血圧・運動量・睡眠の質・歩数計・SNSの受信」はできる様になってます。
カスタマレビューを見ても五つ星が多い。
もしボツな製品でも3,700円ならいいか。そんな思いで、注文しました。

次の日には来たのでさっそく充電して画面をみると・・・。
期待通りと言うか想像通り何ともお粗末なディスプレイデザイン。子供のおもちゃの様な低レベルなデザインで、やっぱりか・・・。
一日中使ってみると、一応機能的には不完全なものではなさそうなのです。

通常新しい物を買ったりすると、ワクワク感が高まるものです。
しかし、今回は心が踊らないのです。
覚悟はしてたものの、逆に萎んでしまった。

デザインの力ってすごい。

良いデザインは、持つだけで心が躍ったり、高揚感があったりするものなのです。
そう、一流のものってのは、単にその質が良かったり高価な材質を使ったりしてるだけじゃない。
もちろんアートや音楽もそうなんですが、それらに触れる人の心さえも変えてくれるのだと改めて感じたのでした。

Apple-watchが6万円ほどする、その価値はあるのだと痛感しました。
でも、当分はこの3,700円のどこの国のメーカーか分からない時計とのお付き合いです。



kakkowarui.jpg

syuppan_cm02b.jpg

good_s_cm.jpg
https://www.artandselection.net/junichi-ichimura
tshuts_cm.jpg
https://www.ttrinity.jp/shop/j_ichi_shop/
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月20日

「 朝の散歩 2019_0920 」






地下への階段

地上への階段

どう見えるかで 心の色が わかる

不安と 期待が 入り混じる

そんな時間と空間に 心惹かれる





sa_19_0920.jpg
ー金沢市 香林坊(AM.7:28)ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月18日

「 朝の散歩 2019_0918 」







さようなら

ゆく夏へ 手を振る

心踊る カーニバルの音は

日に日に 遠退き

冷ます 風が 

この年のエピローグへと 心を誘う

祭りのあとの 寂しさ






sa_19_0918.jpg
ー金沢市 主計町(AM.7:26)ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月17日

「 朝の散歩 2019_0917 」






見たこともない 使ったこともない

そんなものに 人は感動を受け

それを 本能として 人に仕えようと思う

それを 残そうと 思う

縄文の時代から それは続いている






sa_19_0917.jpg
ー金沢 大工町(AM.7:34)ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月16日

「 演出なんでしょうか? 」






無意味な映像に見える。




先日の関東を直撃した台風15号は、大変な被害をもたらしました。
その様子をテレビで見ていると、他人事と言ってはいられない。
11年前の浅野川の大洪水を思い出すのです。

それに付けても、テレビでその被害状況をレポートする人達が映る度に疑問に思うのは、そのヘルメット姿。
画面の中心に映るその人の後ろでは、何も被らず普段通りの姿で後片付けをしている被災者の方々がいます。

実際そこで暮らしている人々が普段通りの格好をしているのに、何でレポーターはヘルメット姿なのか?
これはテレビ上の演出なんでしょうか?
いかにも危険な場所に来ていますと言った様な。
その現実とテレビ上の演出のギャップに毎度ながら違和感を覚えるのです。

それと、その被災地がある県や市の緊急災害対策委員会を立ち上げた時の知事や市長が普段の背広ではなく、作業着に着替えて会議をしている姿。
実際に現場に行く際には、当然着替える必要はあるのでしょうが、安全な場所にいて指示をする人が、いちいち着替えなどする必要があるんでしょうか?
そんなことに時間を使うよりも、一秒でも早く的確な判断を下して、実際動く人達だけが着替えればいい。そう思うのです。

何だか卑屈なものの見方になっているのかも知れないのですが、これもまた地元の住民に対する演出の様に感じてしまうのです。

人は知らず知らずのうちに自分自身を演出するのだと思います。
自分もそうだと思います。
でもやり過ぎて見栄えを気にし過ぎると、その本質の部分が見えにくくなってしまうんじゃないだろうか?

やっぱりこれって、歪んだ考え方なんでしょうかね?



sonoato.jpg

syuppan_cm02b.jpg

good_s_cm.jpg
https://www.artandselection.net/junichi-ichimura

tshuts_cm.jpg
https://www.ttrinity.jp/shop/j_ichi_shop/

posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記