2018年01月22日

「 散歩のピンチ 」







節制しなければ・・・。






いつも散歩をしながらこのブログを作っているのですが、明日は散歩ができるかどうか?

多分、多分ですが、痛風の再発です。
先週の金曜日の朝、ベッドから起きようとすると、右ひざが痛い。
前日から、何となく違和感を感じていたのですが、そんなに気にするものでは無かったんです。
ところが、朝起きると突然激しい痛みを感じます。

初めて痛風の診断を受けた足首の時と同じパターンです。
ベッドで上を向いて寝ている分には何も感じないのですが、ちょっとでも膝を曲げようとすると激痛が走る。
どこにも打つけた記憶がないのですから、多分痛風なのでしょう。

と言うのも、主治医の先生に金曜の午後に診てもらおうと思ったのですが、午後からは先生は手術で外来はダメ。
他の病院で・・。とも思ったのですが、やはり状況を分かっている先生の方が良いと思い。
2日間我慢することにしました。

そんな訳で今から病院へ行ってきます。
痛風なら薬で明日には痛みも軽くなるはずなのですが・・・、


sanpo_kiki.jpg

syuppan_cm02b.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月19日

「 朝の散歩 30_0119 」






影は自ら 語らない

語らずに その圧倒的存在を 誇示する

眩し過ぎる 光は 踊り 叫ぶ

うるさい やつだと 影は ぼやく





sa_30_0119.jpg
ー金沢 常盤町ー(AM.7:15)
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月18日

「 Joy日記 2018_0118 」




おそらく初めての雪に興奮してるJoy君

先日の大雪での一コマでです。
テラスに積もった雪に大興奮。

「犬は喜び 庭かけまわる〜♪」
って、本当なんですね。

とにかく元気なJoy君です。


posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月17日

「 朝の散歩 30_0117 」






待つ 

人を 待つ

時を 待つ

出番を 待つ

準備は できているか

嘘も 飾りもない 

素っ裸の 自分を見せて 恥ずかしくないよう

時を 待つ





sa_30_0117.jpg
ー金沢 東茶屋街ー(AM.7:25)
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月16日

「 朝の散歩 30_0116 」






雲に乗った アメーバは どこに行くのか

一瞬で 形を変えながら

一瞬輝いた その身体を 思いだす事もなく 

のらり くらり 風に吹かれて





sa_30_0116.jpg
ー金沢 金沢城公園ー(AM.7:25)
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月15日

「 欠点も個性に 」







今年の雪はすごいです。





金沢で積雪が60cm近くにもなりました。
50cm超えるのは、7年ぶりだそうです。

この3日間は、除雪で終わったようなもの。
近県に勤める長女の分の駐車場も入れて車3台分と、家の裏の階段までの除雪をしました。
表玄関の方の道は融雪装置があるので、ここは大丈夫。

若い頃と違うのは、疲労が残ること。
ここ半年くらいは、ろくに運動らしい運動もやってなかったので、全身運動の雪かきはこたえます。
全身が痛くて、熟睡もできない。

しかし、昔は50cmとはいかないまでも、40cm程度の積雪は当たり前だったように思うんですけどね。
雪が少ないのが当たり前になってた。

白峰あたりでは、雪のない地域からの観光企画で、屋根雪の除雪ツアーなんてのもあるらしいですね。
こっちに住んでる人間からすると、わざわざお金を払ってまで・・。と。思うんですけどね。

昔の山形県の観光ポスターのキャッチコピーで
「さむいとこは さむいときが いいんだよ。」
ってのがありました。

別のポスターのキャッチコピーでも
「さむいは、うまいの、母である。」
ってのもあったなぁ。

自分で思う欠点こそが、個性になるし、利点を生み出す母にもなる。





ketten.jpg

syuppan_cm02b.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月12日

「 朝の散歩 30_0112 」






白の世界 黒の世界

二つが重なって 美の世界

光の世界 闇の世界

希望の世界 絶望の世界

二つが重なって 輝く人生

二つがあるから 美しい






SA_30_0112.jpg
ー金沢 兼六園ー(AM.7:25)
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月10日

「 朝の散歩 30_0110 」






人からの 制限を受けて 生きる

自分で 制限を作り 生きる

一つは 協調のため

もう一つは 個性のため





sa_30_0110.jpg
ー金沢 兼六元町ー(AM.7:10)
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月09日

「 朝の散歩 30_0109 」






何かに 怯える

不安の黒雲が 胸の中で増殖し

息ができなくなる

解放される 抜け道

それがあることは 知っている

黒雲が すべて知っている





sa_30_0109.jpg
ー金沢 浅野川/中の橋ー(AM.7:20)
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月08日

「 名人芸 」







「遊び」では終わらないこと。






昨日は、地元の成人式のお手伝いでした。

広報の副部長をやっているものですから、イベントの様子を写真とビデオで撮影するのがお仕事。
去年に続いての仕事なので、要領は分っているのですが、日頃撮っている風景と違って、人物を撮影するのは難しいと感じます。

その式の中でのアトラクションで、津軽三味線の演奏がありました。
地元の「明宏会」の主宰 一川明宏さん率いる三人の方々です。
中でも目を引いたのは、名前を忘れてしまったのですが、中学2年生の女の子。
プロを含めた全国大会で、優勝した実力の持ち主。
早弾きでも、師匠も敵わない日本一だそうです。

とっても良かった。

聞いていると、ロックですね。
日本のロック。

これは師匠のアイデアなのでしょうが、三人で和音の演奏もやってました。

この域に達するには、相当の練習もあるのでしょう。
涙を流しながら、でも巧くなりたいから止められない。
そんな話も伺いました。

才能とは、その事を好きになること。
そして、より上を目指そうと思えること。
好きな事は、苦労があっても止められないのです。

その「好き」の度合いで、才能の度合いも決まってくるのでしょうね。

文化は遊びから始まります。
でも、「遊び」と「本気」は明らかに違う。


geitasya.jpg

syuppan_cm02b.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月05日

「 朝の散歩 30_0105 」







光の 道案内さん

向こう岸には 何がある

こっちの水は 甘いか

あちらの水は 苦いか

光の道には 訳がある

灯した人は ほくそ笑む






sa_30_0105.jpg
ー金沢 天神橋ー(AM.7:00)
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月03日

「 朝の散歩 30_0103 」







屋根の下にいれば 安心

雪の 冷たさからも

照りつける 太陽からも 守ってくれる

でも そこから 一歩出る 勇気があれば

新しい 世界が待っている

新しい 自分に会える






sa_30_0103.jpg
ー金沢 金沢城公園ー(AM.8:10)
posted by JUNICHI ICHIMURA at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月01日

「 あけまして おめでとうございます 」






Joyも家族が多くて、興奮気味。





年々正月に特別感が無くなって来るのですが、正月飾りの無い正月は特にそう感じます。
初詣もなし。
昨年4月に母を亡くしたので、そんな正月です。

ただ、県外に勤める長男や長女が帰省して、皆んなで食事をしたり話したり。
そんな幸せを感じるひと時ではあります。

とは言っても、人生の中では節目の日。

悪かったことも、良かったことも一度リセットして
朝の冷たい空気を思いっきり吸い込んで
新たな気持ちになれる日。

あけまして おめでとうございます。

皆様にとって、今年が良い年でありますように。


2018_ne.jpg







posted by JUNICHI ICHIMURA at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月29日

「 朝の散歩 29_1229 」






風の神は 時の神の器の中を

こっそり かき混ぜる

大きなシャモジで かき混ぜる

良い事も 悪い事も

混じり合って 無くなった

どっこい 時の神は

大事なものは 懐に置いていた

次の年にも 残るように






sa_29_1229.jpg
ー金沢 卯辰山/見晴らし台ー(AM.7:10)
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月27日

「 朝の散歩 29_1227 」






足跡を 残す

何気ない日々も

何気ない時間も 

確実に 足跡になる

そして 明日に 繋がる




sa_29_1227.jpg
ー金沢 浅野川ー(AM.7:00)
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月26日

「 朝の散歩 29_1226 」







押しつぶされそうなほどの 歴史の重さ

積み重ねられた それを 見せつけられる

でも それは 一人一人の人生の積み重ね

小さな 一日一日の 積み重ね

今 この時の 大切さ





sa_29_1226.jpg
ー金沢 金沢城公園/河北門ー(AM.7:15)

posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月25日

「 プレゼント 」





クリスマスです。




と、言っても子供達も全員成人してしまった我が家は、いつもの日常。
クリスマスツリーを飾ることもなければ、何のデコレーションもありません。

ただ、毎年必ずやるのがプレゼント交換。
それぞれがプレゼントを持ち寄って、食事の時に交換し合います。

以前は、親からのプレゼントの方が若干お金が掛かっていたのですが、全員が社会人になってからは、逆に子供達からのプレゼントの方が予算は高めのような気がします。

子供達が寝静まった頃、枕元にそぉ〜っとプレゼントを置いていた頃が懐かしい。
それを止めた切っ掛けも、しっかり覚えています。

長男が小学校の高学年で、2歳違いの次男がその歳の頃、二人で「サンタさんって本当はいないかもしれんよ。」と話していたのを見て、決断しました。
長男はもう分っていたような気がするのですが、次男は半信半疑だったのかも知れません。

25日の朝、枕元にプレゼントがないのを見て、二人はガッカリして「プレゼント、無かった・・・」と言いに来たのです。

その時、こう説明しました。
「サンタさんは、本当に信じている子供の所にしか来ないんだよ」
「本当はいないんじゃないか?って思った子供の所には来ない。」
「だから、今年からはお父さんとお母さんがプレゼントをあげるから」

そう説得した彼らも、長男は31歳。
もう、そろそろ「孫」のプレゼントが欲しいのですが・・・。



merry_xmas.jpg

syuppan_cm02b.jpg


posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月22日

「 朝の散歩 29_1222 」







冬の冷たい空気は 全てを見通す

それは 羽を広げ 宇宙を貫き

また ブーメランのように 心に帰ってくる

己を見つめる 季節






sa_29_1222.jpg
ー金沢 常盤町ー(AM.7:10)
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月20日

「 朝の散歩 29_1220 」





何もないと 思っている

平凡と 思っている

そんなことは ない

人から見れば 輝くものが 見える

ある日 突然 風景が変わったりもする




sa_29_1220.jpg
ー金沢 金沢城公園ー(AM.7:15)



posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月19日

「 朝の散歩29_1219 」






子供には 

サンタさんが 無条件でプレゼントをくれる

大人には 

努力した分だけ 投資した分だけの 届け物

でも 夢を見ることは だれもができる

神様からの プレゼント





sa_29_1219.jpg
ー金沢 主計町ー(AM.7:20)
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記