2018年07月13日

「 朝の散歩 30_0713 」








規則正しい毎日は 疲れる

不規則な毎日は ダラける

規則正しい 崩れがいい

思いがけず 笑えるカケラがあれば

尚のこと いい






sa_30_0713.jpg
ー金沢 成巽閣 近くー(AM.7:37)
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年07月11日

「朝の散歩 30_0711 」






道端で微笑む 可愛い少女

一花咲かせよう なんて思わない

ただ いつものこの場所で

道ゆく人に 微笑みかける

笑顔になる

それだけでいい





sa_30_0711.jpg
ー金沢 浅野川ー(AM.7:06)
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年07月10日

「 朝の散歩 30_0710 」








全ては 家族のため

愛する人のため

飛行機雲は 何を語る

戦争を知らない 果報者は

想像の空を 想う





sa_30_0710.jpg
ー金沢 石川護国神社ー(AM.7:22)
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年07月09日

「 温暖化の牙 」






10年前の洪水を思い出す。





ここ数日の集中豪雨での洪水。
西日本で多くの犠牲者が出ました。
浅野川の辺りに住む自分の環境を考えると他人事ではなく、毎年大雨が降るたびにビクビクしているのです。

本来の日本の四季はどうなってしまったんでしょう。
毎年のように「何十年かに一度の災害」と発表されていますが、もう日本の気候は亜熱帯のようになってしまった。
これが当たり前だと考える方が正解なのかも知れません。
もう「何十年かに一度」ではなく、毎年の事と危機感を持つべきなのでしょうね。

昔、小松左京さんが書いた「日本沈没」という小説で映画化もされましたが、最近の地震や水害を見ていると、沈没はしなくても日本人が暮らす場所は無くなってしまうのではないかと危機感さえ感じてしまいます。

今回は気象庁も迅速に避難指示を発令したようですが、被害者が大勢出てしまった。
自分の身になって考えると、やはりまさか自分の住むこの家が流されたり、水没したりと言うことは考えにくく、ついつい避難が遅れてしまうのだと思います。

自然が相手に完全な防衛はできない。
それを改めて教えられた今回の災害。

温暖化の牙は無情に人々を街を地球を襲う。
その対策はもう手遅れなのでしょうか?


ondanka_kiba.jpg

syuppan_cm02b.jpg
good_s_cm.jpg
https://www.artandselection.net/junichi-ichimura
tshuts_cm.jpg
https://www.ttrinity.jp/shop/j_ichi_shop/
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年07月06日

「 朝の散歩 30_0706 」







燃える・熱い・力・輝く・目立つ

赤の 生き方

赤の 命

赤の 使命






sa_30_0706.jpg
ー金沢 浅野川ー(AM.7:23)

posted by JUNICHI ICHIMURA at 07:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年07月04日

「 朝の散歩 30_0704 」







空が 重い

耐えきれなくて 落ちてくる

厚い雲は 心を 押しつぶす


黒い重圧の 隙間を見つけるように

地に 這いつくばって もがく

必ずある 出口は ある








sa_30_0704.jpg
ー金沢 主計町ー(AM.7:11)
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年07月03日

「 朝の散歩 30_0703 」







夜明け前は 全てが止まって見える

木々も 流れも 草木も眠る

山の背から 光が射すとき

全ての 命が 動き出す

また 1日が 始まる





sa_30_0703.jpg
ー金沢 浅野川ー(AM.5:51)
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年07月02日

「 若冲と光瑤 」






県立美術館の「若冲と光瑤」を見て来ました。





「若冲」は作品集も持っていて、その素晴らしさはよく分かっているのですが、「光瑤」の作品を見るのは初めて。
1700年代に生まれた「若冲」と1800年代に生まれた「光瑤」をなぜ同じ空間で展示するのか?と言う単純な疑問を持ちながらの鑑賞でしたが、なかなか面白かったです。

二人は同じように、鳥をモチーフにする事に共通点がありますが、「光瑤」は、「若冲」に憧れてその作品の模写までしてるんですね。
一見同じ様なスタイルに見えるのですが、実は正反対の表現をしているんです。

日本の美学は、余計なものを削り取って究極に突き詰める表現。
西洋のそれは、ゼロから足して作り上げて行くもの。

また日本人は自然を愛し、自然と共に生きることを喜びとするのに対して、西洋の文化は自然を征服して来た文化。

「光瑤」は若い頃に西洋美術の影響も受け、その独自の作風を作り上げたと年表にも書いてありました。

自分個人としては、日本人古来の感性で描かれた「若冲」の絵が好きなのです。
間を生かし、全体を描き込むのではなく、力を抜く所はサラッと描く。
簡略化し、まるで現代のグラフィックデザインのように描かれた物も。
その構図も、たとえそのフォルムを黒一色で塗りつぶしても美しく感じることでしょう。

見ていてとても気持ちいいのです。

帰宅してからいろいろ考えたのですが、人の生き方にも通じるのかも知れません。
60歳を迎えて、自分にとって必要なものとそうではないもの。
それらを振り分けて生きることが上手な生き方であり、自分にとっての無駄を省いたその生き方のフォルムも美しく見えるのではないかと。

本当に大切な物はなんなのか?
そんな事もついでに考えさせられました。


jyaku_kou.jpg
★「若冲」に促されて描いてみた。

syuppan_cm02b.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年06月29日

「 朝の散歩 30_0629 」







迷宮の世界の扉を 叩く

現実を離れ 迷うことを 楽しむ

くれぐれも 落とし穴にはハマらないように

その出口は 夜明けと共に現れ

一度の瞬きで 夢の世界は 終わる

朝の空気が その扉を消し去る





sa_30_0629.jpg
ー金沢 片町ー(AM.7:29)
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年06月27日

「 朝の散歩 30_0627 」






空は 動く

地上の時間が 動くことなど関係ないと

無関心に おおらかに

あくびをしながらの

高みの 見物






sa_30_0627.jpg
ー金沢 天神橋ー(AM.7:01)
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年06月26日

「 朝の散歩 30_0626 」







垂れ下がる 「線」に 頭をあげる

虫が這う 疲れた「面」から 視線を上げると

その瑞々しく輝く 緑の「線」は

一本の「道」に 見えた

「しっかり 頭を上げて」

そう言われたような気がした



 

sa_30_0626.jpg
ー金沢 鈴見橋ー(AM.7:25)
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年06月25日

「 匂いの記憶 」







今朝、窓からの風に夏の匂いを感じました。






それぞれの季節には、その匂いがあります。
具体的に説明はつかないのですが、その季節の植物やアスファルト、空気が乾燥しているかとか、湿度が高いだとかも関係しているのかも知れません。
蚊取り線香のや網戸の匂いもあります。
その他、人間の鼻にはハッキリと認識できない匂いもあるのでしょうね。

目からの情報よりも、その場その時に感じた匂いの方が記憶を呼び戻してくれる場合もあります。
以前に書いたこともあるのですが、自分の場合、プールに入れる塩素薬の匂いは、夏休みを思い出させます。
また、整髪料や香水の匂いからその人を思い浮かべたりもします。

夏の匂い。
心に残る今年の匂いは、どんなかな?

大好きな夏に期待しながら、梅雨明けを待つ。



nioi_ki.jpg

syuppan_cm02b.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年06月22日

「 朝の散歩 30_0622 」






息を切らして 登る

足は重くなり 鼓動が鳴る

そんなキツイ 坂の上には

青空が開け 心地よい風が吹く

聞こうとしなかった 鳥の声が聞こえる





sa_30_0622.jpg
ー金沢 卯辰山/見晴らし台ー(AM.7:12)
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年06月20日

「 朝の散歩 30_0620 」







忙しいは 「心」を「亡くす」

出番の無い日は 心を 染み込ませる

いっぱい 集めて 蓄える

「忙しい」 が 来る日のために

蓄えて 蓄えて 熟成させる





sa_30_0620.jpg
ー金沢 東山1丁目ー(AM.7:35)
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年06月19日

「 朝の散歩 30_0619 」






導かれるように 筆が動く

吸い寄せられるように 身体が向かう

出会うべきして その人に出会う

真面目に 生きていると

何度か そんな偶然に出会う





sa_30_0619.jpg
ー金沢 広坂ー(AM.7:37)
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年06月18日

「 飼い主に似ると言いますが・・・。」









性格は様々・・・。







Joyと散歩をしていると、様々な犬種と出会います。

この辺りは、シバ犬が多いようですが、その他にもヨークシャーテリア、トイプードル、ミニチュアピンシャー、ドーベルマン、アフガンハウンド、ゴールデンレトリバー、フレンチブルドッグ、ブルドッグ、などなど。
Joyと同じ、ジャックラッセルテリアも多く見かけます。

犬種に関係なくそれぞれの性格があります。
・いきなり敵対視して吠え続ける犬。
・怯えてなかなか近寄って来ない犬。
・何回会っても、最初は自分の匂いを嗅がせるのに、急に吠える犬。
・友好的で、遊びたがる犬。

Joyの性格と言えば、人間にも犬にも友好的で、誰にでもそばに寄りたがります。
飼い主の自分とは正反対に近い性格です。
そんな彼を見ていると、羨ましくもなります。
自分の場合は出来るだけ不必要な人間関係は作りたくない、そんな性格だから。

社会的に成功している人達をみると、多くの友人や知人を持っている方々が多いように感じます。
そう考えると、とても損をしていると思うのです。

ところが、Joyを連れていて、犬を連れている人を見ると、初めて会った人にも声をかけるようになります。
これは自分の性格に関係なく、他の犬と遊びたがるJoyのためではあるんですけどね。
自分一人だけだと自分の方から初対面の人に声をかけるなんて事はまずありませんから。

自分がもし犬になったら、散歩中に他の犬と出会っても、吠えもせず、見て見ぬ振りをしながら黙って通り過ぎる。そんな性格の犬になるのかも知れません。


kainusi_ni.jpg

syuppan_cm02b.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年06月15日

「 朝の散歩 30_0615 」






風に 乗る

風に立ち向かう

身軽な身体で 風に乗り

確固たる精神は 風を散らす

風の神に 怖い者は ない




sa_30_0615.jpg
ー金沢 金沢城公園ー(AM.7:32)
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年06月13日

「 朝の散歩 30_0613 」







移り気な 彼女は

色気を もて遊ぶ

清純にも 情熱的にも クールにも

しっとり 濡れた花びらは

男を 惑わす





sa_30_0613.jpg
ー金沢 本多町1丁目ー(AM.7:29)
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年06月12日

「 朝の散歩 30_0612 」






霞を食って 生きる

そんな 仙人になりたいとは 思わない

霞を オヤツくらいに できればいい

霞の中に たたずむ 仙人を

描ければ いい






sa_30_0612.jpg
ー金沢 卯辰山ー(AM.7:32)
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年06月11日

「 母子手帳 」





一つの命は尊い




両親の遺品整理をしていたカミさんが持って来た幾つかの書類の中に、母子手帳がありました。
燻んでシミのある、その古い時代を感じるデザインの表紙をめくると、両親の名前に挟まれる形で、自分の名前が書かれています。

出生日、その時間、体重、その他が書かれた手帳。
普段何気なく、ただ機械的に書いている自分の生年月日。

今まで何百回、何千回と書いて来たその無機質な数字が、この年この日から始まったんだと考えると、今までカケラも思わなかった「特別な日」なんだと言う熱い感情が心の底から湧いて来ます。

それと同時に、両親の愛情が目に見える形で伝わって来る。

自分も親となり、その子供達も皆成人してしまった今だからこそ、そんな感情がより伝わるのかも知れません。

この手帳を初めて手にし、初めて書き込まれた我が子の名前と生年月日。
その時の母の幸せそうな顔が想像できます。

母子手帳。

それは自分の存在の意義を自覚し、一つ一つのこの世に生まれる命の尊さを再認識させてくれるもの。


boshi.jpg

syuppan_cm02b.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記