2020年03月31日

「 朝の散歩 2020_0331 」







マンネリと思っても

ついつい 見てしまう

無言の美しさが そこにある

細く 長くでも

太く 短くでも

精一杯の姿は 美しい




sa_20_0331.jpg
ー金沢市 金沢城址公園(AM.7:00)晴れー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年03月30日

「 いつも通りに 」





これ以上の幸せはない。




去年の今頃は何をしていたか?
Facebookで定期的にそんな画面が出て来ます。

その内容を見ても大した事はやっていない。
いつも通りに朝の散歩をして、写真を撮ったものが出て来ます。

「いつも通り」

そんな言葉がとてもありがたく感じるのです。
先の見えないこの世界の状況で、この言葉が当たり前に世界中で使えるのはいつの日になるのか。

こんな緊急時にこそ、政治家の本質が見えるものです。
様々な疑惑をスルーして来たこの方々。
国民はどんな印象を持つでしょう?

この緊急事の際に後手後手に回った対応も、国民の方を見ているとはとても思えないのです。

狼少年の話がありますよね。
普段から嘘ばかりついていると、本当に助けて欲しい時にも信用されずに、狼に喰われてしまう。
本人が喰われる分には良いのですが、国民も犠牲になってしまいます。

例え法律に抵触していなくても、政治家が信頼されなくなったらその方が発する言葉は、「無」になってしまうと思うのです。

来年の今日、「いつも通り」と言えることを願うばかりです。


itsumo.jpg

syuppan_cm02b.jpg

good_s_cm.jpg
https://www.artandselection.net/junichi-ichimura
tshuts_cm.jpg
https://www.ttrinity.jp/shop/j_ichi_shop/
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年03月27日

「 朝の散歩 2020_0327 」






健気な花は ただ咲くことで 人を癒す

唯々 己の仕事を 熟す

唯々 目の前の仕事に 集中する

それが 誰かのためになる

ただの自分に できること





*ユキヤナギの花言葉/「愛らしさ」「気まま」「殊勝」
sa_20_0327.jpg
ー金沢市 香林坊/せせらぎ通り(AM.7:14)曇りー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年03月25日

「 朝の散歩 2020_0325 」







みんな一緒に 手を繋いで ゴール

そんな価値観を押し付けた 時代があった

2番じゃダメなんですか?

そんなことを言った人もいた

人よりも伸びたい 頭一つ先に行きたい

特別な存在でありたい

とっても大切で とっても悲しい DNA




sa_20_0325.jpg
ー金沢市 桜町/浅野川(AM.7:00)晴ー

posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年03月24日

「 朝の散歩 2020_0324 」






花は 空を飛んだ

白く美しい その羽を広げて

青い空を 飛んだ

満開に咲き誇る その気持ちを抑えきれず

ついに 地上を飛び出した

自然への愛を 抑えきれず

命の仲間達の もとへと



*木蓮の花言葉/自然への愛」「崇高」「持続性」





sa_20_0324.jpg
ー金沢市 東山1丁目(AM.6:42)晴ー



posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年03月23日

「 閉じるのか入れるのか? 」





「矛盾」



昔々、矛と盾を売るものがいました。売り物の盾を褒めて「この盾はとても堅いので、貫くことができるものはありません。」と言いました。そしてまた、売り物の矛も褒めて「この矛は鋭くて、貫けないものはありません。」と言いました。それを聞いたある人が言いました。「では、その矛でその盾をついたら、どうなるのですか?」矛と盾を売っていた人は答えられませんでした。

この話は誰もが知っている通りです。

今、東京オリンピック開催を巡っての日本政府の対応をこの逸話に差し替えても良いような状況にあると思うのです。

昨日、ようやくIOCが延期を含めてた会議を始めたようですが、医療知識も政治家でもない一般市民が当たり前に考えても分かるようなことに時間をかけて先延ばしをして来たのだと思います。

日本政府は片方で外国からの入国を規制し、片方ではオリンピックを完全な形で行うと言います。完全な形で行うと言うことは、外国からの観客も無制限に入れると言うことです。
例え国内の感染の状況が下火になったとしても、全世界に広まっている感染者を無制限に入れることになります。
国内感染者のサンプリング調査もしないままでは現状を知ることもできないはず。なのに7月までにこの病が収束するなどと考えること自体がナンセンスだと思うのです。

「矛盾」→「閉入」
昔々ある国で、様々な国から観客と選手を招いて武道会が行われることになりました。しかし正にその大会がお行われようとしたその年に疫病が世界中に流行り、その国の長はその他の国からの民を入れないよう役人に命令しました。
一方で、武道大会は国民の願いと言う意見を聞いて、人々に言いました。
「この武道大会は絶対に成功させます。」
するとその話を聞いた一人の老人が訪ねました。他の国から武道家も民も入国させずに、どうやってこの武道大会を成功させるのですか?
その国の長は何も答えられませんでした。

「矛盾」→「閉入」とならないように、しっかりして欲しい。



toji_hira.jpg

syuppan_cm02b.jpg

good_s_cm.jpg
https://www.artandselection.net/junichi-ichimura
tshuts_cm.jpg
https://www.ttrinity.jp/shop/j_ichi_shop/
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年03月20日

「 散歩のない朝 2020_0320 」





嵐には 立ち向かわない

通り過ぎるのを じっと待つ

目を閉じて

頭の中を 散歩する

イメージの世界は

何処へでも 飛んで行ける




sa_20_0320.jpg
ー金沢市 自宅にて(AM.8:42)雨ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年03月18日

「 朝の散歩 2020_0318 」





頭の中には常に「?」マークがある

当たり前と思っていては 何も生まれない

「?」を探す

それを テーマにする

表現者の 当たり前





sa_20_0318.jpg
ー金沢市 丸の内/しいのき迎賓館(AM.7:27)曇りー

posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年03月17日

「 朝の散歩 2020_0317 」





「おはよう」

太陽が 声をかける

木々は 目覚め 背伸びをする

まだ届かない 今日に向かって 手を伸ばす

雲に触れたいと 思った

空の向こうの 見知らぬ地を見たいと 思った

ふと足元を見る

大地には

自分の影が 大きく伸びていた






sa_20_0317.jpg
ー金沢市 金沢城址公園(AM.7:10)晴ー

posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年03月16日

「 次は鴨南蛮を 」





蕎麦はお好きですか?




最近はすっかり出不精になってしまって、外食なんてものは年に数回しかしません。
その他のショッピングも面倒に感じてしまう始末で、必要にかられないとする気にもなりません。

そんな自分ですが、昨日はカミさんとあるお蕎麦屋さんで蕎麦料理を堪能してきました。

と言うのも、高校時代の同級生の娘夫婦が蕎麦屋を開業する、そのプレオープンのパーティーがあったから。

ここ金沢はどちらかと言うと、蕎麦よりはうどんが馴染まれていると思うのですが、自分は蕎麦が大好きです。

その同級生の自宅を改装して店舗にしたのですが、その自宅だった家がまた凄い。昔ながらの農家の作りで、100年以上は経ってるって言ってたかなぁ?太い梁が天井に何本もある。
その風景を見ているだけでも飽きないのです。

蕎麦をいただいてすぐ帰るつもりでいたのですが、その蕎麦の前にオリジナルの蕎麦を使った料理が次から次に出て来て、お酒まで頂いて、どれも本当に美味しかった。

これなら蕎麦を食べに行くだけじゃなく、宴会もできます。

座敷を合わせると40人位は入る店舗は、とても贅沢な空間です。

蕎麦が好きな方、日常の忙しさから気分転換したい方、一度行って見て下さい。

ちなみに、店主のおすすめは、鴨南蛮蕎麦だそうです。


koyo_01.jpg

koyo_02.jpg

koyo_03.jpg

koyo_05jpg.jpg

koyo_04.jpg

*「手打ち蕎麦 こより」
金沢市長田2丁目20-13 Tel 076-205-4591
営業時間/11:30〜15:00(夜は要予約)
定休日/毎週水曜日・第4火曜日
駐車場/6台
koyo_06.jpg
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年03月13日

「 朝の散歩 2020_0313 」






かつて 貴方が見た空は どんな空

今日 貴方が見る空は どんな空

昔は良かったと 人は言うけれど

時が流れれば 今も昔

雲の向こうを 旅して 

明日の青空を 願う





0313.jpg
ー金沢市 出羽町/国立工芸館(AM.7:20)晴ー

posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年03月11日

「 朝の散歩 2020_0311 」






同じ顔は 二つない

生まれた時は 同じでも

生きた証が 顔になる

それぞれの 形

それぞれの 美しさ




sa_20_0311.jpg
ー金沢市 石川四高記念公園(AM.7:11)曇りー

posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年03月10日

「 朝の散歩 2020_0310 」





偶然は 本当に偶然なのか

偶然は 必然なのか

捉え方によって ものの見え方は 変わってくる

幸運も 不幸も

その先の 必然のための 繰り返し




sa_20_0310.jpg
ー金沢市 東山1丁目/宇多須神社(AM.7:10)雨ー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年03月09日

「 トラブル 」







パソコンの介護はしたくない。






パソコンを使わないと仕事ができないのですが、そのパソコンが最近使う度におかしくなって行って、一日に何回も再起動しなくては使えなくなってしまいました。
しかしこれ、2年前に買い換えたばかりのもの。
OSをアップデートする度におかしくなって、それでも誤魔化しながら使っていたのですが、もう限界です。

ソフトを立ち上げて、実際使えるようになるまで、20分くらいかかるし、一つのファインダーを開くのにも2分くらいかかります。
仕事にならない。

これはハードディスクを初期化してバックアップしたデータを入れ直すしかないと決断しました。
自分が使っているのはアップルのiMacなのですが、タイムマシーンっていう機能があって、外付けのハードディスクに定期的に自動でバックアップを取ってくれている。
だから、初期化したパソコンにそのデータをワンタッチで入れ直すことができるので、楽なのです。

そこでそれをやってみた。
すると、サクサク動くようになった。

これで体丈夫。と思ったのですが、調子が良かったのは1日だけ。
使い続けると、また前の症状が出て来ます。いや、前よりも訳が悪いかも知れません。

とにかく何をするにも遅いのです。
テキストを打とうと思うと、一文字打つごとに時計が回って動かなくなります。
それでも誤魔化しながら何日か使ったのですが、もう我慢の限界です。
ここは再初期化して、今度は必要なデータだけを手動で入れ直すしかありません。

そこで先週の土曜に心を決めてパソコンと奮闘しました。
入れるフォルダーを間違えると、これまたおかしなことになるので、慎重に・・・。
丸々1日かかって終わったのは夜中。何とか仕事が出来るまでに回復した。

以前にもこの作業をやったことはあるのですが、今回はたった2年での作業なので、怒りが湧いて来ます。

パソコンって、普段は便利な道具なのですが、こうなると厄介な品物です。

できればパソコンを使わなくても収入を得ることができる環境を持つのが理想ですが、夢の話ですね。

この煩わしさから早く解放されたい。



torabule.jpg

syuppan_cm02b.jpg

good_s_cm.jpg
https://www.artandselection.net/junichi-ichimura
tshuts_cm.jpg
https://www.ttrinity.jp/shop/j_ichi_shop/
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年03月06日

「 朝の散歩 2020_0306 」






家の顔がある

家族の顔が 見える

人の顔 長い旅を歩んだ 顔

希望に満ちた まっさらな顔

顔に その人の形が 見える





sa_20_0306.jpg
ー金沢市 高岡町(AM.7:25)曇りー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年03月04日

「 朝の散歩 2020_0304 」






寒風が 似合う

春風が 似合う

蝉の声が 似合う

紅葉が 似合う

おおらかな 強さ




sa_20_0304.jpg
ー金沢市 金沢城址公園(AM.7:25)曇りー






posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年03月03日

「 朝の散歩 2020_0303 」






猫を被る とぼける うそぶる

本性は 見せない

覆い隠していたものが 剥がれると

妙な形が 現れる

裸になった 真実は 美しいか 醜いか




sa_20_0303.jpg
ー金沢市 子来町(AM.7:17)小雨ー



posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年03月02日

「 熟成 」








信念と想いが必要。






先日自分の誕生日の祝いに、娘からスコッチウイスキーをもらいました。
自分が好んで飲んでいるアイラウイスキーのボウモア。

洋酒ってのは、熟成年数が上がるほど美味しくなって値段も上がるのですが、普段飲んでるのは手頃なところで、4,000円程度の12年もの。
そんなに贅沢はできないので、それも頂くのは週に2日で土日位のものです。
ですが、娘がくれたのは18年もの。
相当思い切った買い物だったと思うのです。

最近では、誕生日のプレゼントに何が欲しいかと聞かれても、何も浮かばない。
物欲が無くなってしまうのは、年老いた証拠なのでしょうか?

だから娘も酒くらいしか浮かばなかったのだと思います。

でもこれを飲み比べると、格段の味の違いが分かります。
一口でいくつもの味わいが湧いてくる。
全体的にまろやかで、とても美味しいのです。
確かに値段なりの価値はある。

熟練の技と時間がこれほどまでの逸品を作ってくれるのです。

人も同じだと思った。
一つのことを、時間をかけてやり遂げる。
生まれながらの才能ってのもあるとは思いますが、それよりもそれを続ける事が出来なければ、いい逸品にはならないのです。

必要なのは才能よりも、一つ事に対する想いだったり、信念だったりするんじゃないだろうか?
失敗を重ねても、常に上を見て工夫を続ける。

あとは、時間と言う職人が手助けをしてくれるはずです。
それと共に、人間としても味わいが出てくる。

もうこの世界に入って40年近くなります。
40年ものです。

ただのカビの生えた古い酒のようにならないように、何年か後にはいや、死ぬ前までには熟成した作品を創りたいものです。




jyukusei.jpg

syuppan_cm02b.jpg

good_s_cm.jpg
https://www.artandselection.net/junichi-ichimura
tshuts_cm.jpg
https://www.ttrinity.jp/shop/j_ichi_shop/
posted by JUNICHI ICHIMURA at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月28日

「 朝の散歩 2020_0228 」






暗闇の中 人は 吸い寄せられるように

灯りを求め 灯りを 辿る

その先を疑いもせず ただただ 後を追う

この誘惑の主を 知る術もなく

行き先も 分からないのに






sa_20_0228.jpg
ー金沢市 長町1丁目(AM.7:12)曇りー





 
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月26日

「 朝の散歩 2020_0226 」






人が 創る もの

神が 創る もの

人も 神が創ったとしたら

人が創るものは 神力を 借りている






sa_20_0226.jpg
ー金沢市 橋場町(AM.7:35)曇りー
posted by JUNICHI ICHIMURA at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記